« 老舗の文具屋さんが‥ | Main | “Ski Austria号”快走中 »

November 14, 2014

オリジナルスマホケースを自販機で作ろう

Img_2014_10_7578_001

今日は「自動販売機の話題」をお送りします。

オーストリアは日本に比べると自動販売機は圧倒的に少なく、街中で手軽に飲料などが手に入る日本とは大きく異なります。

反面、日本では見かけない変わった自動販売機が存在するのも特徴。この「変わった自動販売機」については、今までも何回か、このブログでご紹介しています。

さて、先日、38系統に乗るためSchottentorへ行き、地下へ下りていったところ、新しい自動販売機を見つけました。以前ご紹介したことがある「傘の自動販売機」の隣に設置されていたのは、何と「オリジナルのスマートフォン用ケース」を、その場で作るマシン。

こちらでもスマートフォンが急送に普及しており、それに伴って関連するアクセサリーも需要が高まっています。スマートフォン用ケースも、その一つ。

日本でも様々なデザインのケースが発売されていますが、この自販機は、自分で撮影した写真をケースに印刷して、オリジナルのものを提供するというものです。考えましたね。

Img_2014_10_7579_001

フィルム時代には考えられなかった「デジタル時代の産物」です。写真のデーターはスマートフォンから直接、Wi-FiやBluetooth経由でこの自販機に送ることができる他、各種メモリーカードから読み込むこともできます。

雰囲気としては、こちらのドラッグストアなどに設置されているデジカメプリントマシンに近いですね。データーを取り込んだ上で、液晶画面上でトリミングをして、無地のケースに写真を印刷して、オリジナルのケースができるというものです。気になるお値段ですが、1個10Euro。意外とお安い感じもします。

Feriはスマートフォンを持っている訳ではないので、実際に試したことはありませんが、どの程度のクオリティなのか、気になるところです。

余談ですが、以前、この場所には名刺の自動販売機が設置されていました。その場で、自分の名刺を制作できる自販機だったのですが、これも時代の流れ‥ということでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 老舗の文具屋さんが‥ | Main | “Ski Austria号”快走中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 老舗の文具屋さんが‥ | Main | “Ski Austria号”快走中 »