« 45周年を迎えたウィーンの地下鉄 | Main | 変わったお店シリーズ93 フォーム専門店「SCHAUMSTOFFHAUS」 »

November 20, 2014

ウィーン市観光局の案内所がリニューアルオープン

2014_11_info_01

すでにご存じの方も多いと思いますが、リニューアル工事中だったアルベルティーナ広場に面したウィーン市観光局の案内所が11月11日にリニューアルオープンしました。

Feriも昔は、ウィーンに来た時は最初に立ち寄ったのが、この案内所でした。ここで色々な情報を入手し、観光プランを練ったものです。

いまではインターネット経由で、簡単に情報が手に入る時代になったので、案内所に行かなくても情報入手は可能ですが、現地で紙ベースの資料が欲しいときなどは、助かりますね。

今回のリニューアルで利用スペースも広くなりました。なお、ここは毎年45万人の旅行者が利用するそうです。

Img_2014_09_6735_001

ところで、リニューアル工事中、アルベルティーナ広場に臨時の観光案内所が開設されていました。へそ曲がりのFeriは、仮設案内所の写真をご紹介することにします。

仮説の案内所はお得意のコンテナハウスを改良したタイプ。案内所として目立つように、外壁に金色で、ウィーンに関係のあるイラストが描かれていました。

臨時なので、こぢんまりとしており、向かって右側がインフォメーションオフィス、左側がチケットオフィスに分けられていました。この時期、ウィーンにお越しになった観光客の皆さまで賑わっていましたね。

Img_2014_09_6736_001

ところで、10月に開業したウィーン中央駅にも観光案内所が開設されています。今後、鉄道でウィーンに入るお客さまが、中央駅(Hauptbahnhof)を利用することを考えると、これは便利ですね。

ちなみに、中央駅の案内所では、ホテルの予約やウィーンカードの販売も行っています。

ところで、ウィーンでは、毎年、観光客の皆さんに来て頂くため、色々なネタを探しているようです。何でも来年は「リンク通り開設150周年」だとか。当然、色々な行事も計画されているそうですが、色々なネタを掘り出して、お客さまの誘致に結びつけているところは「観光立国の面目躍如」といったところでしょうか。

今後、日本も外国人の観光客を呼び込むためには、こういった地道な努力が不可欠だと思います。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 45周年を迎えたウィーンの地下鉄 | Main | 変わったお店シリーズ93 フォーム専門店「SCHAUMSTOFFHAUS」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 45周年を迎えたウィーンの地下鉄 | Main | 変わったお店シリーズ93 フォーム専門店「SCHAUMSTOFFHAUS」 »