« 変わったお店シリーズ93 フォーム専門店「SCHAUMSTOFFHAUS」 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 市営アパート編 »

November 22, 2014

“Vermisst!”迷い猫はいずこに‥

Img_2014_08_5479_001

今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。

オーストリアでは、犬や猫を飼っている人がたくさんいらっしゃるようですが、皆さまは犬派ですか、猫派ですか? Feriは、どちらかというと犬派ですが‥ 

さて、今夏、シュタイヤマルク州へ旅行した際、ある小さな街で、「Vermisst!」というタイトルがついた写真のような手作りポスターを見かけました。日本でも、ドキドキ見かける「行方不明になってしまったペットに関する情報提供を呼びかけるポスター」です。

こちらでは、基本的にペットは家族の一員なので、野良犬や野良猫は、ほとんど見かけません。

また、犬などは室内で飼っているケースが多いので、行方不明になることも少ないようです。しかし、気まぐれな猫は、犬と違って完全に室内に閉じ込めておくことが難しいようなので、このように家からフラリと出かけてしまって、戻らなくなった‥というケースもあるのでしょう。

Img_5859_001

ちなみに2枚目の写真は、ザルツブルク州Lungauの某街で見かけた猫。顔が「ブラックジャック」みたいですね。ただ、飼い猫なのか、野良猫なのかは、わかりません。

ところで、Feriは自分で猫を飼ったことがありませんので、どの程度、自由にさせれば良いのかというのは詳しく知りませんが、オーストリアの友人に2人ほど愛猫家がいます(なぜか、Feriの友人は愛犬家ではなく、愛猫家が多いのですが‥)。

時々、お宅にお伺いすると室内や中庭で愛猫が気ままに過ごしている光景を目にします。特に中庭に面しているお宅の場合、季候の良い季節は屋外で過ごすことが多いようです。

Img_8485_002

また、地方の戸建て住宅などでは、庭だけではなく、住まいの周辺まで遠征することもあるような話を聴いたことがあります。特に自然が豊かなところに住んでいると、飼い猫でも時々、「野生の本性」が目覚めるようそうです。

このポスターを出した愛猫家の方も、いつもならば帰ってくる時間に戻ってこなかったので、さぞや心配されたことでしょう。その結果、このようなポスターを出すことになったのだと思います。

日本では、愛猫に限らず、愛犬が行方不明になるケースが多いようですが、Feriが、こちらでこのようなポスターを見たのは、この時が初めてでした。

Img_105_04_5332_001

残念ながら、Feriは短期間の滞在だったので、この結末は知る由もありませんが、ご主人の元に気まぐれな猫が戻ってくるといいな‥と思いながら、この街を後にしました。

そう言えば、この記事をまとめている時、日本の友人が話していた猫の話題を思い出しました。友人宅のご近所には猫を飼っているお宅があるのですが、飼っている猫だけでなく、野良猫にも餌を与えているようで、餌の時間(朝と夕方)になると数匹の野良猫が集まってくるそうです。

ところが、野良猫なので、気ままなのか、日によって餌を食べに来る猫の数が違うとか。

なお、記事でご紹介した猫の写真は、この行方不明の猫とは関係ありません。また、最後の2枚は友人の愛猫です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ペット |

« 変わったお店シリーズ93 フォーム専門店「SCHAUMSTOFFHAUS」 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 市営アパート編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ93 フォーム専門店「SCHAUMSTOFFHAUS」 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 市営アパート編 »