« Teddybären-Krankenhaus | Main | バーデンの「チャールダーシュの女王」口パク事件 »

December 20, 2014

いずこも同じ ポスティング事情

Img_2014_12_9683_001

今日は「アドヴェントの時期に多いポスティングの話題」をお届けしましょう。

こちらではアドヴェントの時期にはクリスマスの準備に余念がありません。先日、ご紹介したツリーはもちろん、子供さんに限らずプレゼントを贈る習慣があるため、アドヴェントの週末にはお店は大賑わいです。

また、クリスマスパーティーも家庭で頻繁に行われるようです。頻繁に‥というのは、相手が変わるためだとか。当然、そのための食材やお料理の準備も大変です。日本の「お歳暮」と「忘年会」が一緒になったようなイメージでしょうかね。

各店舗とも、この時期は最大のかき入れ時。こちらの企業は年末が決算月になっているので、ここでどこまで売上を伸ばせるかが、年間の業績に大きく影響を及ぼします。当然、各種のセールも実施し、集客に余念がありません。

そこで出てくるのが各種カタログのポスティングです。カタログと言っても、日本のチラシに近いイメージですが、一枚物ではなく、冊子になっているものが多いため、あえて「カタログ」という名前でご紹介しました。もちろん、チラシ状のものもありますが‥

Img_2014_12_9212_001

こちらは郵便ポストが入らないこともあるので、アパートなどでよく見られるのが、入り口のドアノブに袋に入った複数社のカタログを掛けるという方式です。

通常、アパートの敷地内には鍵がないと入ることができないので、専門業者に依頼しているようです。先日、feibraという広告代理店が配布しえているカタログやチラシがアパートのドアノブに掛かっていました。

Img_2014_12_9833_001

相乗りで配布しているので、カタログはスーパーマーケット、家具店、衣料品店、化粧品店、書店、家電量販店、ホームセンターなど色々。

三連休となったアドヴェント第二週は、各店舗の売り上げが良かったそうですが、今週末はどんな感じになるのでしょうね。

Img_2014_12_9826_001

ところで、面白いのはアパートによっては、不要なチラシやカタログを捨てる場所が設定されているところもあります。ちなみに最後の写真が、友人が住むアパートのポスト下に置かれていた「カタログやチラシの墓場」。

それから毎年お伝えしているような気がしますが、この時期、ホイリゲでも親しい人が集まってパーティーを開いていますので、毎日、大賑わい。ご友人、家族など、その組み合わせは千差万別。

もちろん、1人静かにワインを楽しんでいる常連のおじさまもいらっしゃいますが‥


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Teddybären-Krankenhaus | Main | バーデンの「チャールダーシュの女王」口パク事件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Teddybären-Krankenhaus | Main | バーデンの「チャールダーシュの女王」口パク事件 »