« 落ち葉の処理も大変です | Main | 2014年のオペレッタを振り返って »

December 30, 2014

クリスマスのホイリゲにて

Img_12_3624

今日は「今年最後のホイリゲの話題」をお届けしましょう。

Feriが贔屓にしている地元の皆さま御用達の某ホイリゲは、12月21日からクリスマス休業に入ってしまい、営業再開は新年の1月中旬。ちょっと寂しい時期になりました。

ところで、Feriの友人一家がアメリカからクリスマス休暇を利用してウィーンへやってきたので、本当は贔屓のホイリゲに案内したかったのですが、休業期間に入ってしまったので、断念。

そこで、クリスマスでも、しっかり営業しているノイシュティフト・アム・ヴァルデ(Neustift am Walde)のホイリゲ街にご案内することに‥ 最近は変なホイリゲに入り浸っているFeriとしては、若干、不本意だったのですが‥

というのは、全てではないのですが、最近、ノイシュティフト・アム・ヴァルデのホイリゲはグリンツィング以上に「観光地化」が進んでおり、正直なところ、お店によっては雰囲気があまり良くないところがあるからです。

Img_12_3619

とは、言っても、友人も、ぜひホイリゲに行きたいというリクエストがあったこと、日程の都合で「25日の夜」になったので、ご案内した次第です。

夜、友人一家が宿泊しているインナーシュタットのホテルから路面電車とバスを乗り継いで、ノイシュティフト・アム・ヴァルデまで行くと、案の定、路上には大型観光バスの姿が‥ バス正面の案内表示を見ると、中国や韓国からのお客さまのようです。

本来、予約を入れておいた方が良かったのですが、ツアー団体とバッティングするリスクを避けるため、当日、店を選ぶことにしました。

Img_12_3629

ただ、この時期、ノイシュティフト・アム・ヴァルデでも営業しているホイリゲは、比較的規模の大きい店(要するにツアー団体を収容できる店)なので、選ぶのが難しいのが難点。

幸い、Feri一行が選んだ店は、観光客でも個人のグループはありましたが、ツアー団体は不在で、助かりました。どのお店に行ったかは、ホイリゲに詳しい方なら、写真をご覧になると、すぐにわかってしまいますね。

友人一家も、ウィーン情緒が味わえて満足だったようです。観光客の皆さんがホイリゲを利用してくれて、ホイリゲが栄えてくれるのは結構なことですが、外国からのツアー団体が大量に入ると、今度は雰囲気が‥このあたり、難しいところですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

ホイリゲ |

« 落ち葉の処理も大変です | Main | 2014年のオペレッタを振り返って »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落ち葉の処理も大変です | Main | 2014年のオペレッタを振り返って »