« これは楽しいBuchstabenzug | Main | バーデン市劇場「チャールダーシュの女王」(上) »

December 16, 2014

ウィーン中央駅が表舞台に WienHbfグランドオープン

Img_2014_12_9420_001

2014年12月14日のダイヤ改正で、いよいよウィーン中央駅(Wien Hauptbahnhof)が、名実共にウィーンにおける「鉄道の玄関」となりました。今日はダイヤ改正初日の様子をお伝えしましょう。

Feriは12月14日の午前中、Hauptbahnhofへ行きましたが、まずは設備面のご案内から。

長距離列車の発着を前に工事中だったÖBBのVIPラウンジもオープンしていました。さらにメインエントランスに面して大手スポーツバーADMIRAL SPORTSBARも営業を始めていました。

このほか、従来、地下に大型スーパーSPARがあったのですが、ここは日曜日が営業休止。それを補完するため、11・12番線ホームの下にミニスーパーINTERSPAR Prontoがオープンしました。

Img_2014_12_9414_001

店は狭いですが、生鮮食料品から加工食品、飲料など一通り揃っており、旅行に出かける方だけでなくても便利なお店です。通常のスーパーマーケットと異なり、商品を大量に買うお客さまが少ないことを考慮して、レジのスペースを狭くして、台数を増やしていました。

営業時間は毎日6時00分から23時00分まで。ちなみに、商品のお値段は通常のSPARと同じです。

このほか、従来からのフードコートに加えて、ホーム下の待合スペースにも新しいフードコートができていました。

Img_2014_12_9499_001

さらに高架下に建設が進められていたバスターミナルもオープン。こちらはVORに加盟する近距離バスが発着します。MörbischやEisenstadt方面にバスは、ここから発着するので、長距離列車からの乗り換えも便利になりましたね。

なお、長距離の国際路線バスに関しては、従来どおり、Südtirolerplatzのターミナルを使用しています。

Img_2014_12_9507_001

さて、列車の運行ですが、やはり気になるのは発着案内。従来はSやRといった近距離列車の表示が中心でしたが、今日からはICE、RJ、ECといった長距離優等列車が名を連ねています。

プラットホームに上がってみると、以前、ご紹介したオーストリア・スキーチームカラーと旧オーストリア鉄道175周年カラーのRailJetが並んでいるではありませんか。

Img_2014_12_9413_001

別にダイヤ改正初日にÖBBが配慮した訳ではないと思いますが、インパクトがありますね。ちなみにトップの写真が、スペシャルマーキングのRailJetが並んだ場面です。

Img_2014_12_9446_001

今回のダイヤ改正で目玉となっているWien FlughafenへのICE乗り入れ。駅構内の案内板には飛行機のピクトグラムも表示されています。

しかし、列車に表示されたWien Flughafen-Hamburg Hbfという表示を見ると時代の変化を感じます。なお、Wien Flughafen-Hauptbahnhof間の利用者も結構、いましたね。

Img_2014_12_9458_001

この空港連絡ICEに関しては、新線経由でWestBahnhofを経由しません。正に今回のダイヤ改正でできた設備を最大限活用している列車と言えるでしょう。

そして、チェコ鉄道の青いRailJetもさっそく登場。資料を見てわかってはいてもGraz Hbf-Praha間という行き先表示を見ると感慨深いものがあります。

Img_2014_12_9479_001

このほか、他国の列車が結構、乗り入れているので中央駅にふさわしい華やかさになりました。RailJetなどの広域運用が始まったので、ダイヤの乱れが心配されましたが、初日は大きな遅れもなく、順調なスタートを切ったようです。

Img_2014_12_9477_001

すでにご紹介したようにSalzburg方面の西鉄道に関しては、優等列車も従来どおり、WestBahnhof発着になっていますが、例外がハンガリーへ直通する列車です。

ちょうどFeriがいる時間、Budapest-Keleti発München Hbf行きのRJ62がやってきました。ただ、この列車はWestBahnhof経由なので、時間が余計にかかります。

Img_2014_12_9463_001

まぁ、今回は「大人の事情」で、西鉄道の優等列車は、全面的にHauptbahnhof発着とはなりませんでしたが、来年の改正を期待しましょう。

また、せっかく、Wien Flughafen-Hauptbahnhofを直通できるバイパス線を建設したのに、一日、数本のICEだけしか使わないのはもったいない気がします。

Img_2014_12_9515_001

これも「大人の事情」があるのかもしれませんが、CATやSバーンなどをHauptbahnhof発着にすれば、長距離列車への乗り換えが楽になると思うのですがねぇ。

Feriは、南駅の最終営業日、暫定南駅開業、暫定中央駅開業と立ち会ってきましたので、今回は感慨深いものがありました。

Img_2014_12_9511_001

また、西駅、南駅などは基本的に行き止まり方式の駅でしたが、Hauptbahnhofは通過方式の駅。この点も雰囲気が異なりますね。新しく作っただけ合ってホームの幅も広く、長さも十分。今後、ウィーンの「鉄道の表玄関」として多くの人に親しまれるようになることでしょう。

Img_2014_12_9431_001

ところで、どこの国でも、こういったダイヤ改正初日には、鉄道ファンの皆さまがやってくるもの。

今回も何人か見かけましたが、日本と異なり青少年のファンが皆無なので、静かなものです。やはり駅の案内放送が気になるのか、ビデオを撮影しているファンが多かったですね。

Feriは、当初、今年の12月で営業を終えるBahnoramaの展望台から、事実上完成したHauptbahnhofに発着する列車を撮影するつもりでした。

先週は、この時期には珍しい晴天続きだったのですが、14日は濃霧に包まれてしまい、視界が極端に悪く、断念しました。そこで、後日、撮影した一枚をご紹介します。青いRailJetとHauptbahnhofという新時代を象徴するカットです。

Img_2014_12_9720_001

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« これは楽しいBuchstabenzug | Main | バーデン市劇場「チャールダーシュの女王」(上) »

Comments

お久しぶりです。いよいよ、中央駅開業でウィーンも新たなる時代の到来と言った所でしょうか。レイルジェットに関しては、フランクフルト直通列車が増えたそうですが、新たな展開として、プラハより先のドイツ・ベルリンとハンブルク方面のユーロシティを置き換えてレイルジェット化するとか、イタリア・ヴェネツィア方面に導入する話もあり、今後の展開が気になります。

前にも話しましたけど、将来はフランス・パリとハンガリー・ブダペストを結ぶ高速鉄道の一部に組み込まれるので、この駅の重要度は益々高くなりそうです。

Posted by: おざきとしふみ | December 22, 2014 16:19

おざきとしふみさま、こんにちは。

現状、RailJetの弱点は最高速度が230km/hという点でしょうね。在来線が多い運転区間ならば問題はありませんが、ドイツ当たりの高速新線に入ると、足を引っ張りかねません‥

ところで中央駅ですが、次はいよいよ周辺の再開発。ウィーンお得意のオフィス、住宅、商業施設をミックスしたものになるので、これが完成すると、これまた人の流れが変わると思います。

いずれにしても、次回、いらっしゃったら、是非、中央駅にお立ち寄りください。

Posted by: Feri | December 22, 2014 16:51

Feri様 こんにちは。

 Wien Hbfグランドオープンとのこと。おめでとうございます。
 4月にHbfにも行きましたが、まだ工事中で店舗も余り開いておらず、「これは全面開業を待つしかないなあ」と感じました。(ところが、計画になかったSchottentor駅に驚愕した事を旅行記に書きました。)

 ご指摘の通り、CATがHbfに来ないのは辛いですね。
 空港に行く前に荷物を預けられるCATはとても楽でイイのですが、私はWien以外のオーストリア国内に足を延ばさなかったので、列車のありがたみについては今回は分からなかった、というところです。

 またよろしくお願いいたします。
 良い新年をお迎えください。

Posted by: シブ | December 26, 2014 21:42

シブさま、コメント、ありがとうございます。

中央駅ですが、市内への公共交通機関によるアクセスは地下鉄U1とバスが中心なので、CATを持ってきても利便性が格段に上がらないかもしれません。

そう考えると、CATについては、ウィーン利用者にターゲットを絞っているような気もします。

Posted by: Feri | December 27, 2014 08:00

Feriさま
ウィーンとプラハを回ってきたロンドン在住のいとうといいます。
はじめまして。

今回の十ウン回目のウィーン滞在では、hbfの全面開業に合わせて、同駅前のホテルに長期滞在しました。

ひとつご存知だったら教えていただきたいのですが、hbfー空港間をICE利用した場合、いわゆるウィーンの近郊区間用の切符で乗れますか? たまたま空港駅を見学していたら、Linz行きのICEが来て、そのときホームにいた乗客がほとんど乗車して市内に向かって行っちゃったので、問題なく乗れるんだと思うんですが。

となると、時間帯さえ合えば、高い高いCATなんか乗らなくても、ICEですっきり市内に出られちゃうのかなあー、と思ったりします。僕個人の考えですけど、CATの空港行きは市内でチェックインできるので利用価値はあると思いますが、空港発はMitte駅での乗り換えや切符の買い替えなど考えるとかえって煩わしいのかな、と感じました。

ともあれ、hbfは今後ヴィシェグラード4カ国と西欧を結ぶ巨大ハブになる大きな可能性を秘めていることは間違いないでしょう。ダイヤの調整とさらなる車両更新が楽しみですね。

Posted by: いとうまさお | February 09, 2015 18:52

いとうまさお様

ウィーン中央駅-シュヴェヒャート空港駅間は、2ゾーンになるので、4.4Euroのチケットを買えば乗れると思います。

ただ、シュヴェヒャート空港行きのICEは運転間隔が長いですから、便利かどうか微妙なところですね。

方はCATは運転間隔が短いですから、その分、利便性は高いと思います。

Posted by: Feri | February 09, 2015 19:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« これは楽しいBuchstabenzug | Main | バーデン市劇場「チャールダーシュの女王」(上) »