« バイク便専用特殊バイク | Main | これは大変 軌道に何が? »

January 25, 2015

Lungauringとは?(動画付き)

Img_2014_08_4989_001

今日は「冬のアウトドアレジャーにまつわる話題」をお届けしましょう。

オーストリアではウィンタースポーツと言えば、スキーやスノーボードなどが中心で、各地にスキー場が開設されています。

その昔、一度、オーストリアでスキーをやりたかったFeriですが、諸般の事情があって、結局、未だに実現できていません。

さて、Feriが夏に訪れているSalzburg州Lungauにもスキー場が多数、存在します。そんなLungauですが、実は麓の平地で、夏に写真のような看板を見つけました。名称は「Lungauring」。ズバリ「冬季限定の雪上サーキット場」です。

場所はSt.Michaelですが、地図を見ると、夏にフリューゲルフェストを開催しているフルークプラッツの先にあるようです(フリューゲルフェストの模様は2011年9月の記事ご覧ください)。結構、広大なエリアですが、夏は牧草地になっているようです。ちなみに右隣にはゴルフクラブがあります。

Img_2014_08_4990_001

Lungauringは雪上にコースを設営して、そこで雪上運転を体験してもらうという、ある意味、凄まじい施設です。日本でもスノーモービルの体験コースというのがありますが、あれの自動車版と考えれば良いのでしょうかね。

雪上ですから、当然、通常のタイヤでは走るのは危険なので、スタッドレスタイヤやスノータイヤを装備した自動車を使っているのでしょう。

Sn00144

Lungauring GmbHという会社が運営しているのですが、ただ、単純なレジャー施設ではなく、自動車メーカーが主催する雪上運転のトレーニングや安全教育などにも使われています。考えてみると、オーストリアでは、完全に除雪されていない道路を運転することもありますから、雪上走行のトレーニングは重要かもしれません。

さらに、自動車メーカーが、自社で開発した自動車の雪上走行テストなどにも使用しているようです。

という訳で、写真をご覧になるとわかるように、かなり本格的なコースになっています。施設解説の写真ではコースが明確に示されていますが、実際には雪で覆われているため、写真のような道はなく、カラーコーンを使ってコースを示すようです。

Sn00145

周回コース(HANDLINGKURS、一周1500メートル)の他に、ブレーキテストなどに使用する直線コース(DYNAMIKFLÄCHE、50~300メートル)も設定されています。また、旋回性能をテストするための小さい円形コースもあります。ただし、ドライバーを対象とした施設なので、観客席はありません。

このコースでは、定期的に雪上自動車レースも開催されているようで、YouTubeには、その模様がアップされています。とくにクラシックカーのレースは人気が高いようですね。

通常、平地の有効活用というと、クロスカントリースキーのコースくらいしか思いつきませんが、雪上サーキット場とは‥ ある意味、ニッチ市場の典型のような施設ですが、これを考えた方は、なかなかのアイデアマンだと思います。

Sn00147

ただ、スキー場と同じで、暖冬なって雪が十分に降らないと、使えないという心配はあります。実際、以前の写真を見ると、コースの周囲に雪がなく地面が見えているケースや、雪が溶けて水浸しになったケースもあったようです。

面白いのはLungauring GmbHでは、ザルツブルクやミュンヘンからLungauringまで、VIPを対象にヘリコプターを使ったシャトル便の運行も行っている点です。

ちなみに所要時間ですが、ザルツブルクからは25分、ミュンヘンからは45分だそうです(使用する機材によって所要時間は、若干異なります。この例はアグスタA109の場合です)。

残念ながらFeriは、冬の様子を見たことがないのですが、YouTubeの動画を見ると、なかなか面白そうなコースですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_austria_001

旅行・地域 |

« バイク便専用特殊バイク | Main | これは大変 軌道に何が? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バイク便専用特殊バイク | Main | これは大変 軌道に何が? »