« 食堂車の思い出、そして今は‥(下) | Main | 謎のゴミ箱“BigBelly Solar” »

January 20, 2015

Mannergarageができました

Image_99061_40934

今日は「ガレージの話題」をお届けしましょう。

ウィーンの街を歩いていると、路上の駐車スペースが充実していると同時に、建物内や地下の駐車場(ガレージ)が意外と多いのに気づきます。それでも、街中は車であふれていますが‥

Feriはウィーン市内では自動車を運転しないので、ガレージを使うことは全くありませんが、ドライバーの皆さんにとっては、車の駐車場所は大きな問題です。

ウィーンの場合、伝統的な建物が多いため、中心部では地下駐車場が多いようですが、郊外では再開発に合わせて駅周辺などに大規模な立体駐車場を建設することもあるようです。

駅に隣接した駐車場は、いわゆる「P+R」(park and ride)に対応したものですね。

Img_105_04_5201_002

このブログで16区(Ottakring区)のWilhelminen Straßeに面した場所にあるJOSEF MANNER & Comp A.G.の工場をご紹介したことがありますが(2013年5月11日の記事をご覧ください)、敷地の一角に大規模な駐車場が建設されました。

工場の改良工事といっても、メインとなる工場建屋は古い石造りで、関連施設があった場所を再開発したようです。ちなみに、このスペースですが、以前は商品出荷用車両の駐車場だったようです。

ちょうど2枚目の写真は、ガレージの建設工事が始まる前の現場、3枚目が工事中の写真です(Feriお得意の定点観測‥)。

Image_124589_44274

工場手前のスペースが空いていましたが、この区画を利用してガレージを建設したようです。ウィーン市が提供している工事中の写真を見ると、かなり広い面積であることがわかりますね。

Image_119359_43433

ちなみにトップの写真は完成したMannergarageを、Wilhelminen Straßeの反対側(Hernals側)から撮影したものです。地上にも駐車場施設がありますが、実は地下にも駐車スペースが設置されており、収容台数は200台だそうです。

完成したMannergarageは同社のシンボルカラーであるピンクに塗られており、伝統的なデザインの工場建屋とアンバランスですが、まぁ、ガレージですから、やむを得ないでしょうね。

ただ、ちょっと残念なのは、工場建屋をきれいに撮影できなくなってしまったことでしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 食堂車の思い出、そして今は‥(下) | Main | 謎のゴミ箱“BigBelly Solar” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 食堂車の思い出、そして今は‥(下) | Main | 謎のゴミ箱“BigBelly Solar” »