« 郊外で進む住宅建設 | Main | Wiener Linienの新型路面電車が決まりました »

January 14, 2015

コインランドリー

Img_2014_10_8222_001

今日は「コインランドリーの話題」をお届けしましょう。

Feriは、家主さんが所有している洗濯機をお借りしているので、コインランドリーのお世話になることはありませんが、ウィーンには日本と同じく、街中にコインランドリー(SB - Waschsalon)が存在します。

仕組みは基本的に日本と同じで、大型のドラム式洗濯機や乾燥機が室内に設置されており、基本的に無人で運用されています。

日本でも、最近は大型の全自動洗濯機を設置したコインランドリーが多くなっているようですが、こちらも同じ。大きな洗濯物などにも対応しています。

5区のアパート近くにあるコインランドリーOriginal Wiener Waschtreffは、こちらでは一般的な開閉店で、営業時間は毎日、6時から22時までです。料金ですが洗濯が7Kgで4.5Euro、10Kgで6.5Euro、乾燥が7.5kgで3.5Euroとなっていました。日本では大型のドラム式洗濯機は800円くらいが相場だそうですから、ほぼ同水準か、若干高い感じかもしれません。

興味深いのは使い方で、個々の洗濯機や乾燥機に料金を投入して使うのではなく、入り口横にある自動販売機のような装置で空いている洗濯機や乾燥機を見つけて、料金を支払い、指定するようになっています。集中管理システムですね。

Img_2014_10_8223_001

なお、店舗によっては、日本でもよく見られる個別精算方式を採用しているところもあるようです。

散歩や買い物の途中で見ていると、結構、利用者が多いようで、ちょっと以外でした。こちらの家庭用洗濯機は比較的大きいサイズの洗濯物にも対応していますが、やはり大きい洗濯物を洗う場合、こういったお店を利用した方が効率的なのかもしれません。

また、洗濯機能だけで、乾燥機能を持たない洗濯機を使っている人は、乾燥機を使うというケースもあるでしょう。このあたりは、いずこも同じですね。

Waschsalon_rabl_01

ちなみに家主さんの洗濯機には乾燥機能はついていませんが、通常、室内干しでも、冬はスチーム暖房が効いているので、半日程度で乾きます。もちろん、乾燥機があれば、それに越したことはありませんが‥

本当は店内の写真を撮りたかったのですが、Feriが立ち寄った時間帯は、お客さまが利用していたので、残念ながら店内の写真はありません。ご参考までに、他店の店内写真をご覧ください。

店頭の窓には洗濯機に人が潜り込んでいる写真が出ていますが、もちろん、これは厳禁。あくまでも宣伝用ですから、人間洗濯機のマネをしてはいけません。

なお、5区には4店舗のコインランドリーがありますが、24時間営業の店もあるようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 郊外で進む住宅建設 | Main | Wiener Linienの新型路面電車が決まりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 郊外で進む住宅建設 | Main | Wiener Linienの新型路面電車が決まりました »