« 1回の出演で2度美味しい?「Opernball im Taschenformat」 | Main | 「SHIKI」がオープンしました »

February 18, 2015

ウィーンもびっくり グラーツのカーニバルパレード

Img_2015_02_1085_001

今日は「二本立て」でお届けしましょう。今日は四旬節がはじまる「灰の水曜日」。という訳で、昨日は各地で謝肉祭の行事が行なわれました。しかし、謝肉祭の行事はキリスト教とは直接、関係がありません。これがまた面白いところです。

なお、これから復活祭までは、食事の量を控えるのが敬虔なキリスト教信者としては本来の生活だそうです。

そう言えば今日はホイリゲでもお料理のメニューが違っていましたね。

さて、先日、ウィーンの18区で行われたカーニバルパレードの模様をお伝えしましたが、2月17日にはオーストリア第2の都市グラーツで、毎年恒例のカーニバルパレード(Faschingszug)が行われました。

たまたまアパートで昼食の祭、ORFをつけたらカーニバルパレードの模様を生中継していました。会場は旧市街の中心にあるハウプトプラッツで、路面電車が走る目抜き通りHerrngasseを全面通行止めにして、そこから各グループがパレードを行っていました。

平日の真っ昼間にカーニバルパレードを行うのですから、気合いが違います。

Img_2015_02_1064_001

例によってハウプトプラッツには仮装をした審査員がいて、参加する仮装パレードのグループを採点しているようでした。当然、路面電車の運行系統も大幅に変更されていたようです。

テレビ中継を見ているとグラーツの場合、徒歩の仮装パレードもありますが、山車を使った大規模なグループが多いのが特長です。

しかも、この山車ですが、色々な仕掛け(ギミック)が取り付けられており、審査員がいるハウプトプラッツでデモンストレーションをするのです。

Img_2015_02_1069_001

そのため、伝統的なカーニバル衣装だけでなく、自動車のF-1レースを模したグループやスキージャンプ競技を再現したグループ、消防自動車のはしご車を種車にしたグループも。

何とスキージャンプ競技を企画したグループは、実際にジャンプ台から選手が飛行。といっても高さが低いので、上からロープで吊り下げていました。

Img_2015_02_1078_001

昨年のユーロヴィジョンソングコンテストで優勝したブルストさんを「ヴァイスブルスト」に見立てたグループも。当然、スター・ウォーズのキャラクターも登場します。過去には日本の戦隊ものを模した仮装をしたグループもあったようです(市のwebサイトに出ていました)。まぁ、色々なアイデアがあるものです。

また、スター・ウォーズのキャラクターや、アメリカンコミックのキャラクターも多数登場していましたが、手作り感あふれる仮装も多く、とにかくバラエティに富んでいること。

Img_2015_02_1076_001_2

また、観客の皆さんも非常に多く、こちらも仮装で参加。大変な賑わいだったようです。グラーツの皆さんはウィーンへの対抗心が強いと言われますが、このカーニバルの仮装パレードに関しては、規模、企画内容も含めてグラーツの勝ち。出場したグループ数は、完全にカウントできませんでしたが、40近くはあったと思います。

Img_2015_02_1074_001

なお、中継していたORFのレポーター(最後の写真で右側の女性)も仮装をしていたのは、言うまでもありません。

さて、カーニバルのパレードが終わると、春もそこまで来ているような感じがします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 1回の出演で2度美味しい?「Opernball im Taschenformat」 | Main | 「SHIKI」がオープンしました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 1回の出演で2度美味しい?「Opernball im Taschenformat」 | Main | 「SHIKI」がオープンしました »