« 「灰の水曜日」のホイリゲにて | Main | フォルクスオーパー「パリの生活」(PariserLeben)プルミエレポート(1) »

February 21, 2015

Wien-Hbf-Flughafen Wein間は4.4EuroでICEの乗車できます

Img_2015_02_0628_001

今日は空港に関するニュースからお知らせしましょう。TSAロックシステムを運用するTravel Sentry Inc.は、2015年2月1日、ウィーン国際空港を含むオーストリアの全空港とヘルシンキ空港などを含むフィンランド、韓国・ソウルの仁川国際空港の保安検査機関で、TSAロックシステムの運用開始を発表しました。

オーストリアの空港でも、保安検査に際して手荷物の開披検査が必要な場合、TSAロック装備の預け手荷物であれば、検査官が施錠機構を壊すことなく解錠お、よび再施錠し、検査を実施できるようになりました。

さて、先日、コメント欄でお問い合わせがあったWien-Hbf-Flughafen Wein間の運賃についての情報をお届けしましょう。

すでにご紹介しているように2014年12月のダイヤ改正からICEがWien Hbfを経由してFlughafen Wienまで乗り入れるようになりました。

本数はFlughafen Wien発が8本、Flughafen Wien着が7本となっています。原則としてドイツへ乗り入れる列車ですが、深夜・早朝に運転される列車に関しては例外的にLinz Hbf発着となっています。

先日、運賃に関するご質問があり気になったので、ÖBBの案内所で確認をしてきました。すると写真のようなリーフレットを手渡され、料金はWien Meidling/Wien Hbf-Flughafen Wien間は4.4Euroと明確に表示されていました。

Img_2015_02_0629_001

という訳で、Sバーンと同じ運賃でICEに乗って空港まで行くことができるという訳です。ただ、運転間隔が最短でも2時間ヘッドなので、狙わないと乗ることはできませんが‥

そう考えると、今のところ、市内-空港間だけの利用というのは一般的ではないかもしれません。鉄道ファンの中には、空港連絡のICEだけしか走らない新線に乗ってみたいという人も多いとは思いますが‥


余談ですが、このリーフレットには当然、ICEの写真が表紙に出ているのですが、正面のロゴがDBではなくÖBBに書き換えられています。

Img_2015_02_0630_001

確かにÖBBが所有するICE-Tも3編成ほど存在しますが、必ずしも限定運用という訳ではないので、実際にはDB所属の車両が多数やってきます。DBからクレームがつかないか心配です。

また、鉄道駅の案内も詳細に書かれており、ホームが中央の階段を挟んで、前後に延びていることがよくわかります。

一方、料金的には不利なCATですが、実はオーストリア航空を利用する場合、前日にチェックインと手荷物を預けることが可能です。

マイレージの上級会員の場合は、シュヴェヒャート空港でも比較的空いている専用のチェックインカウンターを利用できますが、一般のお客さまは、かなり待つことも‥そう考えると、MitteのCATターミナルでチェックインを済ませておくと、空港でゆっくりできます。そういった需要もあるようですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 「灰の水曜日」のホイリゲにて | Main | フォルクスオーパー「パリの生活」(PariserLeben)プルミエレポート(1) »

Comments

はじめまして。数カ月前の記事に突然のコメントですみません。
こちらの記事を読んで4月下旬にウィーンに行った際には、帰りの空港へはぜひICEに乗ってみようと思っていたのですが、今日ÖBBサイトで料金検索をしてみたところ、Wien Meidling - Flughafen Wien間がICE利用で8.4€と出ました。ちなみにSバーンの便では2.4€になっています。 以前この記事を読んだ直後に料金検索した時には確かにどちらを選んでも4.4€だったのですが・・。料金改定があったのでしょうか? 何かご存知でしたら、メールをくださるか、ブログにUPしていただけましたら大変嬉しいです。 突然のコメント、失礼いたしました。

Posted by: うさこ | April 12, 2015 00:07

うさこさま、こんにちは。

コメントにご質問があったので、手持ちの資料で調べてみました。

手元にあるÖBB発行のリーフレットではICE利用でも4.4Euroと明記されています。

ただ、先ほどÖBBのサイトで時刻表から料金を確認したら、確かに8.4Euroと出ますね。それからFlughafen WienはMeidlingからは2ゾーンになるので、2.4Euroは変だと思います(市内交通の1回券を別途持っていれば、プラス1ゾーン分の2.4Euroで乗車可能ですが)。

もう一つVORのサイトからも検索できるので、こちらで確かめたところ、VORサイトでは4.4Euroで表示されました。なお、VORのサイトではSバーンを使った場合も4.4Euroと表示されます。

これ以上は、案内所に出向いて確認するしかなさそうです。

なお、VORのサイトは以下のアドレスです。

http://www.vor.at/willkommen-bei-vor/

取り急ぎ、お知らせまで‥

Posted by: Feri | April 12, 2015 08:15

わざわざお調べいただき、ありがとうございます。
実は昨日こちらにコメントさせていただいた後で、もしやVORの料金規定では両方とも4.4€になるのでは・・と思ったのですが、もう夜遅くPCの電源も落とした後だったので、私も今VORのサイトで確認した次第です。 おそらく以前Feri様のブログ記事を見た時には、VORの方で料金検索をしたのだと思います。
 今回の旅行ではチロル地方を主に回る予定なんですが、交通費を調べていると、同じ便を使う場合でもÖBBとVVTでは料金が違うケースが多く、どちらが安いかはケース次第、という感じです。 VVTに確認したところ、どちらの切符も有効とのことですので、おそらく空港までのICEもVORの切符でOKだと思います。 ウィーン市内(ゾーン100)の券はあるので、あと1ゾーン分買えばICEに乗れると解釈したのですがどうでしょうか? ひとまず今回はこれでチャレンジしてみます。
ウィーンには2〜3年に一度くらいしか行けないのですが、こちらのブログはいつも楽しみにしております。 突然のコメントにも関わらず、本当にありがとうございました。

Posted by: うさこ | April 12, 2015 13:44

うさこさん、横から失礼します。
(Feri さん、済みません)

今、ヴィーンに居るのですが、先日、用も無いのに新線(と言うほど長くないですが..)に乗りたくて、空港まで ICE で行って来ました。
中央駅で空港までのチケットを買ったら、€4.40でした。帰りは、市内の Wochenkarte を持っているので 1 Zone のチケットを買って、€2.20 です。
(行きもそれで良いはずですが、発着の駅名があるチケットが欲しくて ÖBB に貢献しました)
検札が来なかったので正しいかは保証できませんが、自動販売機なので間違いはないでしょう。

Posted by: Steppke | April 12, 2015 14:05

Steppkeさま、こんにちは。

私が忙しくて、バタバタしており、お目にかかれず残念です(貧乏暇無し‥)。

自動券売機の場合、通常のSバーン利用パターンで発券されると思います(2ゾーン)。

うさこさま
お返事のようにゾーン100のチケットを持っていれば、1回券を購入すればOKです。

この場合、Wiener Linienの券売機で買ったチケットでも大丈夫ですが、Wiener Linien発券のチケットは利用日を打刻する必要があります。ÖBBの券売機の場合は、最初から利用日が印字されるので、その必要はありません。

ご存じかと思いますが、車内改札に遭遇した場合、一切、言い訳は通用しませんので、チケットを買う前にÖBBの案内所でご確認いただいた方がよろしいかと思います。

市内から空港まで新線をご利用になるのであれば、Wien Meidling駅の案内所が利用できます。

また、何かご質問があれば、お気軽にどうぞ。

Posted by: Feri | April 12, 2015 23:15

お二方とも、どうもありがとうございます!

Posted by: うさこ | April 13, 2015 15:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「灰の水曜日」のホイリゲにて | Main | フォルクスオーパー「パリの生活」(PariserLeben)プルミエレポート(1) »