« 有料トイレのチケットで‥ | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 結局、説明が‥ »

March 19, 2015

ウィーン大学が創立650年を迎えました

Img_2015_02_0166_001

今日は、先日、創立650年を迎えた「ウィーン大学の話題」をお伝えしましょう。

ウィーン大学(Universität Wien)は、1365年3月12日、当時、ハプスブルク家の当主であったルドルフ4世によって創立されたドイツ語圏で最古かつ最大の大学です。

現在は、複数のキャンパスがウィーン市内に点在していますが、当時は現在、リンク通りになっているところが城壁で、その内部のあったようです。一般の皆さまにはSchottentorの近くにあるキャンパスが有名かもしれません。

しかし、1365年と言えば、日本では室町幕府の時代です。この時代に本格的な大学を創立したのですから、たいしたものです。さすが、当時、隆盛を極めたハプスブルク家です。

当然、これだけ長い歴史を誇る大学なので、著名人も数多く学んでおり、ノーベル賞受賞者を10名も輩出しています。この中には、日本でもおなじみの経済学者である、フリードリヒ・ハイエク氏も含まれています。

現在、同大学には、カトリック神学部、プロテスタント神学部、法学部、経済・経営・統計学部、コンピューター科学部、歴史・文化学部、文献・文化学部、哲学・教育学部、心理学部、社会科学部、数学部、物理学部、化学部、地球科学・地理・天文学部、生命科学部、翻訳研究センター、分子生物学センター、教員教育センター、スポーツ科学・大学スポーツセンターといった学部や研究所を擁しています。

Sn00183

また、日本の大学とも交流があり、法政大学 (学術・学生交流協定校)、桃山学院大学(学術教育交流協定)、一橋大学 (学術・学生交流協定校)、獨協大学 (学術交流協定校)などの名前が挙がっています。

なお、2015年3月12日には、ハインツ・フィッシャー大統領をはじめ、各界の超名人を迎えた創立記念式典が行われました。また、10月まで100を越える様々な記念行事が行われることになっているそうです。

というのが大学のご紹介なのですが、これだけでは「こぼれ話」にはなりませんので、ちょっと興味深い話題を‥
ご存じの方も多いと思いますが、こちらでは原則として大学入試はありません。

Sn00185

オーストリアの場合、ギムナジウム(中・高等学校、8年制)で学ぶ学生は、マトゥーラ(Matura、高等学校卒業兼大学入学資格試験、ドイツでは「アビトゥーア」という名称です)に合格すれば、自動的に希望の大学、学部に入学することができます。

もっともマトゥーラは筆記試験だけでなく、口授試験などもあり、非常に難易度が高いそうです。そのため、ヨーロッパでは、マトゥーラを修得しているかどうかで、社会に出てからの待遇が違います。

そう言えば、Feriの家主さんは、若いにもかかわらずドクターの称号も持っていますから、きっと好待遇で働いているのでしょう。ちなみにマトゥーラは毎年、6月頃に行われます。

Sn00184

大学入学資格試験は、以前は国毎の制度でしたが、EUの取り決めで、現在は自国で資格を取得していればEU域内の、どの大学にも入学できるようになりました。つまり、オーストリアでマトゥーラに合格すれば、ドイツやフランスの大学に進学することも可能なのです。

オーストリアに長年住んでいる友人に聞いた話では、ドイツの大学医学部に入学希望者が多すぎて入学できなくなった学生たちが、ドイツ語圏のウィーン大学医学部に大挙して押し寄せているそうです。

Img_2015_02_0167_001

現在は、国籍枠はないため、定員オーバーになってしまい地元であるオーストリア人の学生が、締め出されてしまうと言う笑えない状態になってしまいました。

そのため、従来は実施していなかった入学試験を別途、実施する学部も増えているそうです。苦労してマトゥーラをクリアして、これで自分の好きな大学、学部に入学できると思ったら、また入学試験では、学生さんはたまったものではありませんね。ちなみに留学生が殺到している医学部も、独自に入学試験を実施しているそうです。

ちなみにウィーン大学では、現在、4人に1人が外国人学生だそうですが、これもEUの関係なのかもしれません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 有料トイレのチケットで‥ | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 結局、説明が‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 有料トイレのチケットで‥ | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 結局、説明が‥ »