« バーデン歌劇場「パガニーニ」(下) | Main | 有料トイレのチケットで‥ »

March 17, 2015

これはすごい グラーツ路面電車車内の券売機

Img_2015_02_2342_001

今日は「グラーツの路面電車にまつわる話題」をお届けしましょう。

グラーツはオーストリア第二の都市ですが、ウィーンに比べると格段に小さい街です。日本の感覚だと、地方の小都市‥と言った感覚でしょうか。

しかし、オーストリア第二の都市としての誇りを持ち、様々な施策を打っています。都市の規模の割には路面電車網が充実しているのも特長でしょうか。

現在は、全車が低床式(一部が低床式となっている旧型車両を含む)になっており、人に優しい路面電車です。

Feriは、通常、路面電車などを利用する際、地上でチケットを購入してから乗るようにしています。というのは、ウィーンなどの場合、車内に設置指定ある自動券売機が故障していることもありますし、硬貨しか対応していないので、小銭を持っていないときにはお手上げになってしまうためです(しかも、時折、故障していることも‥)。

Img_2015_02_2367_001

先日、グラーツを訪問した際も、ホテル近くの停留所に設置されている自動券売機(以前、このブログでご紹介したタイプです)で購入しました。Wiener Linienの機械よりもピクトグラムを上手に使い、直感的に券種を選択できるスグレモノです。

チケットを購入後、路面電車を利用した際、たまたま券売機が設置してある車両に乗車しました。そこには驚きの光景が‥何と停留所に設置してあるクレジットカード対応の多機能自動券売機が設置されているではありませんか。

仕様は全く同一。1回券のみならず、24時間チケットやウィークリーパス、マンスリーパスなども購入可能。Feriが一番驚いたのは、車内にクレジットカード対応の自動券売機が設置してあるということです。ちなみに使えるのはマスター、ビザなどヨーロッパで主流のカードです。

Img_2015_02_2355_001

当然、認証のための通信機能が付加されている訳ですから、走行中でも安定した通信ができるように、システムとしては結構、大がかりなものになっていると思います。なお、3枚目の写真が停留所に設置されている券売機です。

先日、McDonald’sのイージーオーダーシステムをご紹介しましたが、技術先進国の日本でも鉄道の車内に設置してある自動券売機でクレジットカードが使えるというのは、考えられないと思います。

Feriは、全て海外のシステムが良いという訳ではありませんが、観光客の誘致に力を入れている日本では、残念ながら近距離用の自動券売機ではクレジットカードが使えません。あれだけ複雑なシステムを擁するIC乗車券を導入している日本なのに‥ 

鉄道関係者の皆さん、2020年の東京オリンピックの時までには、近距離区間の乗車券もクレジットカードで買えるような自動券売機の導入をお願いします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_c_3246_1gif

鉄道のお話 |

« バーデン歌劇場「パガニーニ」(下) | Main | 有料トイレのチケットで‥ »

Comments

こんにちは
あまり鉄道を利用していないFeriさんだから驚かれるのも仕方ないと思います。
オーストリア鉄道の場合、車長さんが乗車していないワンマンカーの超ローカル線では駅に設置しているのと同じ発券機が車内に設置されています。勿論、カードも使えるし、各種のチケットも購入可能です。(駅のものと全く同じ)これは超ローカル線の場合駅には人がおらず、発券機も設置されていない事が多いためと思われます。
記憶では2007年頃には設置されているのを利用した覚えがあります。

そう言えば、ウィーンからバーデンに向かうローカルバーンにも設置されている車両があると思いますよ。

Posted by: Kino_San | March 17, 2015 06:26

Kino_Sanさま、コメント、ありがとうございます。

ÖBBなどの本線では、運転司令所との交信用に専用の無線回線を有しているので、比較的容易にできるような気がします。

反面、路面電車の場合、都市内を走る性格上、地上との通信設備はあまり充実していないのが一般的なので、びっくりした次第です。恐らく携帯電話の回線を使っているような気がします。

ところでオペレッタを観るためにバーデンに何回か足を運びましたが、車内の券売機は液晶画面の新型に変わっていましたが、現在は現金のみの取扱いで、券種も限られていました。

ただ、液晶画面の券売機は、将来的にはバージョンアップが可能なので、もしかしたら変わる可能性も秘めていると思います。

Posted by: Feri | March 17, 2015 23:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バーデン歌劇場「パガニーニ」(下) | Main | 有料トイレのチケットで‥ »