« 工事が進むSemmering-Basistunnel | Main | 「ドナウ・シティ」は今‥ »

March 28, 2015

バーデンのホイリゲ

Img_2015_02_1118_001

今日は久しぶりに「ホイリゲの話題」をお届けしましょう。

オーストリアのワイン通、ホイリゲ通の皆さまからは、笑われてしまいそうですが、お恥ずかしい話、Feriは今までバーデン(Baden bei Wien)のホイリゲには、顔を出したことがありませんでした。

バーデンにはオペレッタ鑑賞のために、足繁く通っているのですが、開演時刻に合わせてウィーンから出かけることが多く、ホイリゲに立ち寄る時間がありませんでした。

バーデン近郊にはホイリゲが結構ありますが、劇場から離れている場所にある店が多いこと、時期によっては営業している店が少ないことなどから、足が遠のいていました。

ウィーンからバーデンに向かうローカルバーンやÖBBの車窓からは、ブドウ畑を見ていると、やはりホイリゲに顔を出したくなってきました。

そこで、先日、オペレッタを鑑賞するため、バーデンに行く際、予め劇場から比較的近く、営業しているホイリゲを探してみました。

Img_2015_02_1108_001

その結果、数軒のホイリゲが営業していることがわかり、スケジュールを調整の上、ウィーンの出発時刻を繰り上げてオペレッタ鑑賞前にホイリゲに顔を出すことにしました。

ちなみにÖBBのバーデン駅前やローカルバーンのBaden Josefsplatz駅前には、当日、営業しているホイリゲの案内が出ています。ちなみにFeriが立ち寄った日も、案内看板を見て営業しているホイリゲを物色しているご年配のカップルを見かけました。

Img_2015_02_1125_001

最初に訪ねたのは劇場から比較的近い場所にあるRAMBERGER。最近ではタブレット端末の地図機能を使うと現在位置と目的地の関係がすぐにわかるので、助かります(ますます横着になってしまいそうですが‥)。

ただ、現在では周囲が完全な住宅地になってしまっているので、最初は見つけるのに若干苦労しました。

しばらく路地を歩くと、軒先からポールが出ており、小さな看板が下がっているのを見つけました。まだ、シャニガルテンが営業していない時期なので、ちょっと入りにくいような雰囲気ではあります。

Img_2015_02_1128_001

当日はカーニバルの日(2月17日)だったので、店内にもカーニバルの飾り付けが施されている他、カーニバル帰りのお客さまで大賑わいでした。

最初、Feriは1人で座っていたのですが、その後、カーニバル帰りの家族連れと相席となりました。Feriは前々気にしませんが‥

例によってFeriが好きなGRÜNER VELTLINERを飲みましたが、味の違いを楽しむことができました。ただ、オペレッタの観劇前なので、余り飲み過ぎると「公演時間がお休みタイム」になってしまうので、若干押さえたのは言うまでもありません。

Img_2015_02_1491_001

「カーニバルの日」の夕方だったこともあり、来ている人は圧倒的に地元のグループが多かったですね。別棟もあり、そちらでは大人数のグループが盛り上がっていました。

ウィーンの地味と密着のホイリゲと同じく、常連さんも多いようで、女将さんと話し込んでいるお客さまも見かけました。

また、お一人で来店してワインを楽しんでいるご年配のお客さまが比較的多いのもバーデンらしいところでしょうか。

Img_2015_02_1495_001

その後、別の日に訪ねたのは劇場からはちょっと離れており、川向こうにあるZIERER。一本道なので、場所はわかりやすいのが特長です。しかし、こちらも今は周囲が住宅地になっています。

玄関を入るを、夏場は大規模なシャニガルテンを展開できそうな中庭がありました。建物は比較的新しく、建て替えたような感じでした。

ちなみにバーデンのホイリゲには、このようにリニューアルしてきれいなところもある反面、昔ながらの古い建物で営業している「味のある店」も存在します。

Img_2015_02_1497_001

ZIERERですが、店内も非常にきれいで、シンプルなインテリアデザインが印象的です。Feriが訪ねた日は、平日で、かつ時間が早かったためか、比較的空いており、のんびりと過ごすことができました。

ここでも当然、GRÜNER VELTLINERをお願いしましたが、同じバーデンでもRAMBERGERで飲んだものとは、明らかに味に違いがありました。これがお店の個性なのでしょうね。

劇場から離れているので、一杯やって酔い覚ましを兼ねて、市内を散歩をしながら劇場へ向かいました。

Img_2015_02_1498_001

このほかにも行ってみたいホイリゲが沢山ありますが、バーデンの場合、分散している上に、駅から離れているところも多く、公共交通機関だけで行くのにはちょっと手間がかかるかもしれません。

バーデンのホイリゲもシャニガルテンが始まったら、また別の顔を見せてくれることでしょう。先を急がず、気が向いたとき、オペレッタ鑑賞と合わせて色々なホイリゲを巡ってみたいと思っています。

ちなみに、Feriが一番隙なのは、季節の良い「黄昏時」に、ホイリゲのシャニガルテンで過ごす一時です。贅沢な時間だと思っています。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

ホイリゲ |

« 工事が進むSemmering-Basistunnel | Main | 「ドナウ・シティ」は今‥ »

Comments

こんにちは
確かにバーデンはホイリゲが散らばってますね。
でも、この地方では住宅地に散らばっているのが普通なのです。ホイリゲは近所のレストラン兼カフェ兼飲み屋なのです。どこの町のホイリゲも地元の方でいっぱいです。
ホイリゲで有名なソースやグンポルスキルヒィンは地元というより観光客相手のお店が多いので、そちらが異常とも言えます。
バーデンには庭の席が綺麗なホイリゲが幾つかありますので、暖かい時期にも行ってくださいね。

Posted by: Kino_San | March 28, 2015 17:50

Kino_Sanさま、コメント、ありがとうございます。

ウィーンのホイリゲとは、ひと味違った雰囲気があって、なかなか良いですね。

これからオペレッタの前、早めに出かけて色々なホイリゲを楽しみたいと思います。

Posted by: Feri | March 28, 2015 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 工事が進むSemmering-Basistunnel | Main | 「ドナウ・シティ」は今‥ »