« アン・ディア・ウィーン劇場2015/16シーズンプログラム | Main | 変わったお店シリーズ95 店舗が増えた「ハートのお店」 »

April 20, 2015

週末の新聞販売も大変です

Img_2015_02_0429_001

今日は「街頭での新聞販売にまつわる話題」をお届けしましょう。

このブログでもご紹介しているので、ご存じの方も多いと思いますが、こちらでは、新聞を販売する売店がお休みとなる土日、祝日には街頭に新聞スタンドが仮設されます(2008年10月21日2011年2月5日2011年11月14日の記事もご覧いただけると幸いです)。

この無人新聞スタンドですが、場所によって売上が違うようで、場所の確保が大きなポイントになっています。ただ、一般的には歩道にある道路標識、電柱、進入禁止ポールなどに取り付けるケースが一般的です。

最近では仮設スタンドの設置もエスカレートしてきており、周囲を特定の新聞社が固めてしまい、他社を排除するという禁じ手も見られるようになりました。

さらに1つのポールを2つの新聞社が共有する‥といったケースもあります。

さて、先日、市内で見かけた仮設スタンドが、冒頭の写真です。何と門にある金属製のゲートに取り付けているではありませんか。

Img_111_05_8173_001

確かにスペースはありますから、仮設スタンドの設置は可能ですが、建物の所有者に許可はとっているのでしょうかね。無許可でやったら、大きなクレームになりそうな気もします。

とにかく料金箱が設置されている仮設スタンドなので、簡単に取り外すことができると、出来心を起こした人物が新聞代金を失敬してしまう可能性があるので、スタンドを設置できる場所も限定されます。

Img_100_12_1205_001

その結果、門扉に設置するというアイデアを思いついたのかもしれません。今後も、新聞スタンドの仮設場所を巡って、あっと驚くアイデアが出てくるかもしれません。

日本と異なり、常設の自動販売機で販売する訳ではなく、週末毎に設置と撤去を繰り返すだけに、その労力は大変なものだと思います。

また、最近、ウィーンで流行っている無料新聞については、駅構内や路面電車の停留所などに常設の配布スタンドが設置されており、新聞を供給するだけのシステムになっています。まぁ、無料なので、回収の必要がないので可能なのでしょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« アン・ディア・ウィーン劇場2015/16シーズンプログラム | Main | 変わったお店シリーズ95 店舗が増えた「ハートのお店」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アン・ディア・ウィーン劇場2015/16シーズンプログラム | Main | 変わったお店シリーズ95 店舗が増えた「ハートのお店」 »