« オーストリア航空が新ブランド“MyAustrian”を発表 | Main | 自転車もどうぞ ÖBBの長距離列車 »

April 05, 2015

ウィーンの和食いろいろ

Img_2005_12_0585_001

今日はキリスト教徒にとってはクリスマス以上に大切な宗教行事である「復活祭」です。日本では、お祭りにしてしまっていますが、ちょっとねぇ‥

さて、今日は「ウィーンの和食にまつわる話題」をお届けしましょう。

Feriは、一人で和食レストランに行くとはないのですが、たまに友人のお供で出かけることがあります。今回、今まであまりご紹介しなかった日本人の料理人さんが作っている「こちらの本格的な和食」をご紹介しましょう。

最初は、今は経営母体が変わってしまいましたが、全日空ホテル系列だった頃のグランドホテル最上階にあった「雲海」で頂いたお食事です。

2005年は親を連れて行ったのですが、ウィーンの友人が気を遣ってくれて食事会を開いてくれました。当時、「雲海」は日系ホテルに入っている和食レストランということで、かなり気合いの入った料理を提供していた記憶があります。

さすがに食材が限定されているのですが、料理人さんの工夫ときれいな盛り付けは見事。母も喜んでいました。

Img_8574_001

2枚目は、今は無き「天満屋」で頂いた天ぷら蕎麦です。麺類に関しては「なんちゃって料理店」にもメニューがありますが、さすが「天満屋」。見事な味付けでした。大きなエビの天ぷらが載っていますね。

また、3枚目の写真は別の日に友人ご家族と「天満屋」で頂いた「幕の内弁当」です。焼き魚の味付けが、こちら風でしたが、それ以外は普通の和食でした。焼き魚の味付けが変わっていたのは、魚の種類を考慮したものかもしれません。

Img_2007_12_0099_001

4枚目と5枚目は、日本大使館にほど近い場所にある「えん」というレストランで頂いたランチです。

ここはビジネス街なので、オーストリア人のお客さまも多いのが特長。そのため、味付けも、ややこちら側にシフトしている感じがしました。

4枚目は「焼き魚定食」です。焼き魚は干物のようでしたが、これは焼き魚に適した魚が入手しづらい状況を考えるとやむを得ないかもしれません。

Img_2007_12_0642_001

5枚目は「今日のランチ」。内容はかき揚げ丼でした。いわゆる「日本のかき揚げ」とは、形が異なりますね。ちなみにかき揚げは鮭のフレークが入っている「オリジナル」でした。

また、この時は、友人が「揚げ出し豆腐」を別途オーダーしました。ウィーンで「揚げ出し豆腐」を見るとは、思ってもみませんでした(6枚目の写真)。

Img_2007_12_0641_001

最後の写真は、ナッシュマルクトに近くにある小さな某和食レストラン「くいしんぼ」で頂いた親子丼です。

日本人のご夫婦が経営しているお店で、お値段もリーズナルブルなこともあり、こちらに留学している日本人学生の皆さまがよく訪れるそうです。付け合わせのきんぴらが泣かせます。また、経営しているご夫婦のお人柄を反映しているのか、優しい味が印象に残っています。

Img_2007_12_0640_001

本当に狭いお店で、基本的にカウンター席だけなので、ランチタイムはすぐに満席になってしまいます。もちろん、地元のお客さまも多数、来店します。

写真はありませんが、Feriがウィーンで最初に和食を食べたのは2004年9月。「100Jahre Wiener Volksoper」を記念したガラコンサートの後、たまたま劇場でご一緒になったウィーンに長年お住まいの方、お二人と、今は無くなってしまった「優月」に出かけた時です。

Img_2004_09_2099_001

その時は、「にぎり寿司」を頂きました。こちらでは「寿司ネタ」が日本のように手に入る訳ではないので、寿司職人の方も苦労されているようでした。

それから10数年。まさかウィーンで「自炊」をするようになるとは思ってもみませんでした。

そう言えば、その昔、友人とドイツを旅行している際、某レストランで食事をしている際、日本人の団体が近くで食事をしていました。別に話を聞くつもりはなかったのですが、大きな声で話をしていたので、聞こえてしまったのですが、「昨日の和食レストランで食べた焼き海苔は5マルク、高かったねぇ」‥ それ以来、なぜか、同行した友人とは「5マルクの焼き海苔」というフレーズが印象に残ってしまいました。

皆さまがオーストリアやウィーンで召し上がった「本格的な和食」のご感想をお寄せいただけると幸いです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« オーストリア航空が新ブランド“MyAustrian”を発表 | Main | 自転車もどうぞ ÖBBの長距離列車 »

Comments

前にも書きましたけど、日本食ブームの一方で俗に言う「なんちゃって系」ではない日本人が経営する店が少なくなっているのは気になる所です。景気低迷や日本人観光客の減少とは言え、在住邦人にとっては悩みでしょうか・・・こうして見ると、ウィーンという内陸の都市であまり海産物に縁が無い土地なので、色々大変だと思いますが、どうにかこうにか日本食を作ることが出来るのは大した物です。ただ、今後も日本人が経営する店が減少傾向に歯止めが掛からないと、本当の日本食を食べる為にに隣のドイツや下手をするとパリやロンドンまでに出かける羽目になるのは困りますが。

Posted by: おざきとしふみ | April 07, 2015 23:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア航空が新ブランド“MyAustrian”を発表 | Main | 自転車もどうぞ ÖBBの長距離列車 »