« まもなく開催Eurovision Song Contest2015 | Main | 新しい電光掲示板がお目見え »

May 07, 2015

閉店? 改装? さて、その結末は‥

Img_2015_02_0192_001

今日は「伝統あるお店にまつわる話題」をお届けしましょう。

最近、ウィーンでは旧市街にある伝統的なお店が閉店するケースが相次いでいます。閉店の理由は、色々あるようですが、一つは後継者難。そうして、もう一つは賃料の高騰だとも言われています。

旧市街なので、建物を取り壊して新しく建て直すというケースは希で、ほとんどは内部を改装した上で、全く新しい業態でデビューするケースが多いような気がします。

ただ、その際、チェーン店などが入ると、正直、ウィーンらしい風情がなくなってしまい、残念です。また、チェーン店でなくても、今風のデザインになるので、Feri個人としては、新しいお店が好きになれないケースが多々あります。

さて、Feriが、永年(大げさですが‥)利用していたAltmann Kerzen(Josef Altmann jun)という「ろうそく専門店」がアム・ホーフ広場に面した場所(Am Hof 5)にありました。オリジナリティあふれるろうそくや燭台を中心に、紙ナプキンなども販売していたお店です。依然、実家へのお土産に、何度か、変わった形をしたろうそくを購入したことかあります。

創業は、何と1854年という歴史あるお店で、単に販売しているだけでなく、ろうそくの製造も行っていたようです。そのため、当時は宮殿や美術館にろうそくを納めていました。

Img_2012_03_1058_001

製造・販売を行っていたため、季節に合わせて変わったスタイルのろうそくも取り揃えており、ショーウィンドウを見ているだけでも、楽しいお店でした。ちなみに、2枚目の写真はイースターの時期に発売される季節限定のろうそく。

このお店ですが、実は、以前(2006年)にも一度、閉店したことがあったのですが、その時はしばらくして再オープン。店内のリニューアルという雰囲気ではなかったのですが、正直、営業を再開したときは、Feriも驚きました。

ちなみに3枚目の写真は2006年に一時、閉店した時の写真です。さらに4枚目は、2006年秋に再オープンした直後の写真です。また、ショーウィンドウが寂しいです。Feri得意の定点撮影。

Img_2006_03_1008_001

ただ、閉店前と再オープン時では、取扱い品目に若干の違いが出たような気がします。どうも、その際、オーナーさんが変わったようです。

その後、営業を続けていたのですが、先日、所用があってアム・ホーフ広場を通りかかった際、ALTMANNが閉店している光景を目にしました。

まだ、店名はそのままでしたが、ご覧のようにショーウィンドウからは完全に商品がなくなっており、店内にあった什器も完全に取り払われていました。

Img_2006_09_1649_001

Feriは店の状況から見て、“ついに閉店か”と思ったのですが、ちょっと気になって店の入り口へ行ってみると、「Sehr Geehrte Kunden」(お客さま各位)と書かれたご案内と連絡先が記された紙が貼ってありました。

しかし、よく見ると案内文の冒頭には「Unser Geschäft Wird Renoviert.」と書かれているところをみると、どうやら再びリニューアル工事を行っているようです。

Img_2015_02_0193_001

張り紙に記されていた住所はウィーンではなく、南側にあるニーダーエスターライヒ州PERCHTOLDSDORFでした。ここに本社工場でもあるのでしょうかね。

ただ気になったのは、同店のwebサイトが閉鎖されている点です。通常、リニューアルの場合、webサイトで告知するのが一般的ですが、閉鎖しているというのは気になります。

その後、Feriもバタバタしていて、この店舗跡には訪問していないので、現在はどうなっているかはわかりません。再び新しいオーナーの元で復活するのか、それと新業態に転換するのか‥続報は後日、お伝えすることをお約束しましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« まもなく開催Eurovision Song Contest2015 | Main | 新しい電光掲示板がお目見え »

Comments

我が家にも随分昔、以前このお店で購入したキャンドルがあり、クリスマスシーズンに飾っています。
確かに、さすがにオーストリアといえども、キャンドルの需要は少ないのでしょうか。
街の景観含め、変化するのは仕方ないのは判っていても、寂しいですね。

Posted by: necchi | May 08, 2015 at 10:22 AM

necchさま、コメント、ありがとうございます。

確かに、以前に比べるとろうそくの需要は減っているようですが、ご存じのようにこちらでは、日常的にろうそくを使う習慣が残っています。

私の友人宅でも、お客さまが来ると食宅にろうそくを飾っていました。

私もろうそくの明かりは、独特の雰囲気があって好きです。

Posted by: Feri | May 09, 2015 at 08:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まもなく開催Eurovision Song Contest2015 | Main | 新しい電光掲示板がお目見え »