« 閉店? 改装? さて、その結末は‥ | Main | ユニークなデザインですが‥ »

May 08, 2015

新しい電光掲示板がお目見え

Img_2015_02_0188_001

今日は「Wiener Linienの電光掲示板」の話題です。

現在、路面電車の主要停留所では液晶方式の電光掲示板が設置されています。現在、主流のものは、系統番号と次の路面電車の行き先、来るまでの時間、車いす対応の有無(ULFかどうか)が表示されます。

複数の路線が利用する停留所では3列車分の表示ができるタイプが一般的ですが、単一路線の場合は、1列車分の表示になっています。このあたりコスト意識が表れていますね。

なお、車いす対応車両と一般車両が交互に表示されるため、タイミングが悪いと、次の路面電車が来るまで20分以上もかかる‥といった表示になってしまうことがあります。ちょっと待てば5分といった表示も出るのですが‥

Img_2015_02_0189_001

また、Operの地下のようなお客さまが多い場所では、リニューアルに合わせて停留所の電光掲示板とは別にバスなどの時刻も表示する大型掲示板が設置されるようになりました。なお、路面電車が乗り入れているÖBBの主要駅でも同様の電光掲示板を見かけるようになりました。

さて、最近、停留所にお目見えしたのが、より詳細な情報が表示できるLED方式の電光掲示板です(冒頭の写真)。

FeriはRathausplatz(市庁舎前広場)の市庁舎側停留所で見かけました。画素数が細かくなったため、文字情報が充実しているのが特長です。また、現在の時刻も上部に表示されています。

ただ、在来型に比べて極端に情報量が増えた訳ではないので、なぜ、このタイプを採用したのかは不明です。そう言えば、日本ではカラーLEDを使った表示器が主流になりつつあり、ÖBBなどでもカラーLEDが増えていますが、Wiener Linienの方は相変わらず単色のものが多いですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 閉店? 改装? さて、その結末は‥ | Main | ユニークなデザインですが‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 閉店? 改装? さて、その結末は‥ | Main | ユニークなデザインですが‥ »