« ÖBB cityjetの試運転が始まっています | Main | 番外編 懐かしのイタリア珍道中(1984-1985 前編) »

June 11, 2015

Feriの「空港みやげ」は‥

Post_card_001

このブログの検索キーワードを見ると「ウィーン土産」が上位に入っています。やはり、観光でお越しの皆さまは、お土産物の選定には頭を悩ましていらっしゃるのでしょうかね。

という訳でもないのですが、今日は「空港での土産物にまつわる話題」をお届けしましょう。

通常、空港での土産物というと、免税品という話になると思いますが、免税品の話題はパス。

このブログを継続的にお読み頂いている方はおわかりのように、Feriはオペレッタも大好きですが、乗り物系も好きです。

そのため、その昔、日本からヨーロッパ旅行をしている時は、空港や駅で絵葉書を買い求めていました。もちろん、訪問した街の絵葉書も購入していましたが、それ以上に興味があったのは、空港で販売していた飛行機の絵葉書です。

ちなみにデジタル時代の今と異なり、日本から持参しているフィルムの数が気になっていたため、写真の撮影は限られていました。そのため、今のように、メモ代わりに1枚‥という訳にはいかず、街の写真などは絵葉書で記録に残していたという背景もあります。

Post_cad_301

日本の空港では、余り見かけませんが、こちらの空港内のスーベニアショプや書店では、各航空会社の旅客機や軍用機の絵葉書を大量に取り揃えていました。ただ、最近は、立ち寄っていないので、どうなっているかはわかりませんが‥

通常、航空会社は商標に神経質で、商用で自社の機材やロゴマークを使う場合、色々と制約があるようです。空港で販売されていた絵葉書は、場所柄、恐らく航空関係に強い現地の出版社が航空会社と交渉して、発売を許可してもらったものだと思います。

また、空港そのものの絵葉書も必ず販売していましたね。今日ご紹介するインスブルック空港やザルツブルク空港の絵葉書を見ると、時代を感じさせます。

最近は、日本にも多くの航空会社が乗り入れていますが、当時はヨーロッパだけでしか見ることのできない航空会社や機材も多く、そんな絵葉書を選んでは、買い求めていたものです。

Post_card_002

何しろ絵葉書はお値段も手頃な上、かさばりませんから、当時、バックパッカー状態だったFeriには最適の「自分用お土産」でした。今日、ご紹介する絵葉書も、自分のコレクションの一部です。

30年前は現役だった機材、最新鋭だった機材もありますし、今は無くなってしまった航空会社の絵葉書もあり、久しぶりに見たら懐かしかったですね。

また、当時、絵葉書とともに、空港で販売していた興味深いお土産物に「飛行場や航空機のスライド」がありました。

当時、スライドをプロジェクターで映して、大勢で観賞するという楽しみ方があったため、商品として販売していたのだと思います。

Img_2015_06_0473_001

もちろん、オリジナルの写真からコピー(ディープと言いますが)したものなので、画質は劣りますが、Feriも“ものは試し”と、フランクフルト空港で購入したことがあります。

お値段は6.8ドイツマルクでした。絵柄を見ると絵葉書と同じものもありましたが、空港の空撮や離発着する航空機などが写っています。今となっては貴重な「珍品のお土産物」と言えるでしょう。さすがに今では売っていないでしょうね。

このほか、「空港みやげ」ではありませんが、Feriは飛行機に搭乗した際は、必ず絵葉書をもらうようにしていました。

以前は、今と違い、航空会社も余裕があったのか複数の絵葉書を用意しているところも多く、乗るたびに新しい絵柄を入手することができました。

とくにルフトハンザは絵葉書の制作に力を入れていたようで、航空機を題材にしたものが大多数だった上に、絵柄も素晴らしいものが多かったですね。これも今となっては貴重なコレクションでしょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« ÖBB cityjetの試運転が始まっています | Main | 番外編 懐かしのイタリア珍道中(1984-1985 前編) »

Comments

Feriさん、こんにちは。

エアラインの絵葉書。
ルフトハンザは、充実していますね。
今、手元にあるものを数えたら19種類ありました。
Airbus A330-300といった機体別のものと、
2006 limited edition, Boeing 747-400
と限定ものや、
Frankfurt Airport、
Lufthansa Flight Training、
珍しいものでは、
Triebwerk Rolls Royce Trent500, Airbus A340-600
というエンジンを真正面から撮ったものまで。

ANAもJALも、リクエストすればCAの方から今でも貰うことができますよ。

Posted by: ぷいい | June 11, 2015 14:42

ぷいい様

私も日系航空会社が自主制作したポストカードは沢山持っていますが、友人からもらった珍品もあります。

そのうち、ご紹介しましょうかね。

Posted by: Feri | June 11, 2015 21:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ÖBB cityjetの試運転が始まっています | Main | 番外編 懐かしのイタリア珍道中(1984-1985 前編) »