« ザツルカンマーグートでの不思議な出会い | Main | 番外編 懐かしのイタリア珍道中(1988 後編) »

June 18, 2015

警察署の建物も色々‥

Img_1529_101

今日は「警察署の話題」をお届けしましょう。

日本では警察署は独立した建物になっているケースが多いと思いますが、ウィーンでは、意外とビルの一角に入っているところが多いようです。特に街の中心部では、新しく建物を作るのが難しいこともあり、このようなパターンが多いのだと思います。もちろんウィーンでも警察本部のような施設は別ですが‥

なお、ビルインタイプの場合、パトロールカーなどの警察車両は、ビル前に路上駐車していることが多いようです。実際には、パトロールカーが止まっていないと、警察署が入っていることに気づかないこともありますね。

そんな中、先日、所用でプラーター近くへ行った際、写真のような渋い建物の警察署を発券しました。なかなか風情のある建物ですね。きっと古くから警察署として使っているのでしょう。この警察署ですが、ウィーンでは珍しいパターンだと思います。

Img_2014_12_9114_001

また、地方に行くと基本的に警察署は独立した建物が多くなります。3枚目の写真は、Feriが毎夏、訪れているザルツブルク州Lungauの某街にある警察署です。独立した建物になっていおり、付近に立てられている伝統的な家屋に近いでざいんです。

また、珍しく玄関上に「POLZEI」の看板が掲げられています。もちろん警察署なので、1階部分の窓には鉄格子がはまっていましたが‥

Img_109_08_8405_001

また、警察署の場合、必ず屋根に無線アンテナが設置されていますが、この建物でも見ることができますね。

さて、最後のお目にかけるのはLungauの小さな街にある警察署ですが、何と銀行と同じ建物に入っています。これならば防犯は完璧‥ということでしょう。

Img_1581_001

さて、最後のお目にかけるのはLungauの小さな街Mariapfarrにある警察署ですが、何と銀行と同じ建物に入っています。これならば防犯は完璧‥ということでしょう。

余談ですが、この建物には、もう一件、テナントが入っています。玄関の上に「Zahn Arzt」と書かれているので、おわかりのように歯医者さんです。しかし、警察+銀行+歯医者さんという珍しい雑居ビルですね。

ところでFeriは、今のところオーストリアでは警察署に出頭したことも、また、連行されたこともありません。イタリアでは、一度、駐車違反の罰金を支払うため交通警察のオフィスに出向いたことはありますが‥

まぁ、お世話にならないのが一番です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ザツルカンマーグートでの不思議な出会い | Main | 番外編 懐かしのイタリア珍道中(1988 後編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ザツルカンマーグートでの不思議な出会い | Main | 番外編 懐かしのイタリア珍道中(1988 後編) »