« ウィーンのトロリーバス | Main | PEOPLE's VIENNALINEとは? »

June 14, 2015

興味津々 オーストリア人の海外旅行動向

Img_105_04_5551_001

イギリスの総合月刊誌「モノクル」は、毎年、「世界の住み良い都市ランキング」を発表していますが、2015年は東京が1位にりました。ちなみに昨年、東京は2位でした。

ちなみに、東京は、巨大都市にもかかわらず平和で、静かな環境を実現している点が高く評価されたそうです。ところで、2位はウィーン(昨年は4位)、3位はベルリン(昨年14位)となりました。Feriが関係する都市がワン、ツーフィニッシュという結果になりました。

さて、6月末になると歌劇場も、シーズンの公演が終了し、夏休みに入ります。それに合わせるかのように、ウィーンでもバカンスシーズンに入ります。さて、今日は「オーストリア人の海外旅行動向についての話題」をお伝えしましょう。

先日、「Ruefa Reisekompass2015」という資料を見る機会がありました。この資料を見ると、オーストリアの皆さまが、レジャーで海外旅行をする際の傾向が見えてきて、興味深いものがあります。

この調査結果によると、2015年に海外旅行に行きたいと答えた人は10人中、9人にのぼりました。ちなみに2014年は83%だったそうです。

旅行頻度は1回から2回が48%でトップ、3回から4回が30%、4回以上が16%という結果でした。旅行頻度は日本人よりも少ないですね。

さて、気になる旅行期間ですが、バカンスが定例化している国らしく8日から14日がトップの26%、7日までが25%、15日から21日が21%という結果になっています。1泊2日や、2泊3日といった日程がアンケートに出てこないところが、オーストリアらしいところ。

Sn00294

つまり、日本人のように短い旅行を何回も行うのではなく、長い旅行を1回というパターンが多いという訳ですね。これはわかります。ただ、訪問先が都市になると、旅行期間は日本人のように短くなるようです。

さて、旅行の目的ですが、Feriの予想どおり「ビーチでの休暇」が54%でトップ。続いてウェルネス休暇が36%、いわゆる観光(Citytrip)は35%という結果。やはりオーストリア人気質を反映して、のんびりしたい人が多いようですね。

Img_2008_05_4591_001

とくに「ビーチでの休暇」は20代の人に人気が高いようです。この中には団体旅行という項目もあるのですが、8%と少なく、やはり個人旅行が中心であることがわかりますね。

Feriが注目したのは、オーストリア人に人気の都市です。トップは、ベルリン、ロンドン、ローマで、いずれも13%。続いてバルセロナとハンブルク(12%)、ヴェネチア(11%)、プラハ(10%)、パリ(9%)、ブダペスト(8%)、ストックホルム(7%)という結果でした。

Sn00293

人気が集中する都市は少なく、分散しているのがポイントでしょうか。しかし、ロンドンが上位を占めているとは意外でした。このうち、ベルリンに関しては2014年も同じ支持率だったのですが、ロンドンとローマは人気が上がっているようです。

それ以外に2015年に人気が上がっている都市としては、バルセロナ、リスボン、ストックホルムが上がっています。特にバルセロナは5ポイントアップです。

なお、旅行先で多い都市のトップ5ですが、ショッピング目的の場合、1位はミラノ、2位はロンドン、3位はニューヨーク、4位はパリ、5位はローマという結果でした。また、目的がKULTURになると、1位はローマ、2位がヴェネチア、3位がパリ、4位がサンクト・ペテルスブルク、5位がバルセロナに変わります。なるほどねぇ。

Sn00292

ショッピング目的で都市を訪問する場合、四つ星から五つ星のホテルを利用する人が45%という結果が出ていますが、これは本当かな‥という気はしますが。

なお、オーストリア人が旅行の際、ホテル選びで重視するのはロケーション(76%)だそうです。ちなみに次はお値段(61%)だとか。

このほか、旅行費用や、最近、お客さまからオファーが多い旅行先といった調査も掲載されていました。

もちろん、この調査結果がオースオトリア人の海外旅行傾向を、どの程度、正確に把握しているのかどうかはわかりませんが、一つの見方としては、興味深いものがありますね。また、日本人との違いも良く表れているような気もします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ウィーンのトロリーバス | Main | PEOPLE's VIENNALINEとは? »

Comments

こうして見ると、オーストリア人の行きたい街がヨーロッパ方面に集中しているのが興味深いですね。スペインやポルトガルやイタリアといった温暖な所ばかりではなく、比較的寒いエリアも入っているのが面白いです。

それにしても、オーストリア人に限った話ではありませんが、日本を訪れる欧米人ですけど、パック旅行で訪れる人と個人で手配する人ではどちらが多いのでしょうか?私が見る限り、どうも個人派が多いと思うのですが・・・あまり団体で行動は好きではないのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | June 23, 2015 at 11:26 PM

おざきとしふみ様、こんにちは。

サマリーを見ると年齢などによっても旅行希望先は異なるようです。

基本的に若い人は南国のリゾートがお好きなようで‥

オーストリア団体旅行はありますが、基本的に自家用車を運転するのが面倒になったというご年配の方が多いようです。また、観光旅行ではありませんが、巡礼のような旅はグループで行動することが多いようです。

日本に来るオーストリア人は、行動的な人が多いので、ほとんど個人旅行だそうです。また、最近はネットで日本の情報や各種予約が可能なので、それを駆使して、意外なところまで足を伸ばしているという話を聞いたことがあります。

Posted by: Feri | June 24, 2015 at 08:55 AM

なるほど、若い内は個人で旅行をして、年を取ると団体旅行をするというのも納得でしょうか・・・

まぁ、日本に関して言うと、比較的英語が話せれば何とかなるので、あまり団体系ツアーよりは個人で手配する人が多いのは納得だと思います。もっとも、日本人は欧米へ行くとなると、ツアーの方が安心だからというのもありますが、慣れてくると個人手配で行く人も居るので、人それぞれの様です。

Posted by: おざきとしふみ | June 24, 2015 at 11:59 PM

おざきとしふみ様

オーストリアに限らず、ヨーロッパの皆さまは子供さんが小さい内は、家族でバカンスを過ごす人が圧倒的に多いので、個人旅行の形態が多いような気がします。

長距離の場合、飛行機のチャーター便が日本よりも普及しているので、チャーター便だけ利用して現地へ行って、あとは自由行動という漢字でしょうかね。

それでも、昔に比べると日本人の個人旅行者の方も大幅に増えてきましたよね。

Posted by: Feri | June 25, 2015 at 09:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンのトロリーバス | Main | PEOPLE's VIENNALINEとは? »