« オーストリア版「栗むいちゃいました」 | Main | ニキ航空が日本乗り入れ ただし‥ »

June 01, 2015

Wasserspielplatz Wasserturmは、こんな感じの場所

Img_116_09_1362_001

今日から早いもので6月ですね。歌劇場も2014/15シーズンの最終月を迎えます。

さて、今日はWienerberg浄水場に設けられている「親水公園(Wasserspielplatz)の話題」をお届けしましょう。

Wienerberg浄水場は、路面電車1系統の終点10区のStefan-Fadinger-Platz停留所に隣接した場所にあります。煉瓦造りのWasserturm Favoriten(ファボリーテン給水塔)が目印。

このWienerberg浄水場ですが2011年まで大規模な改修工事を行い、主要な設備を地下に入れました。この改修工事に合わせて浄水場の地上にWasserspielplatz Wasserturmという親水公園が2011年6月にオープンしました。

敷地面積15000平方メートルを誇る施設で、給水塔のミニチュアから滑り降りるウォータースライダー、水遊び用の池、橋の架かる小川、芝生などが設けられています。

この中で興味深い施設は「水の体験ルート」。アルプス山地からポンプなど一切使わずウィーンまで飲料水を供給する仕組みが実際の水の流れを通じて、わかるようになっています。

“ウィーンの水道水は美味しい”と当局は盛んにPRしていますが、これはシュタイヤマルク州とニーダーエステライヒ州にまたがるアルプス地方(シュネーベルク、ラックス、シュネーアルペ、ホーホシュヴァープなど)から、毎日40万立方メートルの新鮮な湧き水を取水しています。

Sn00274

取水された湧き水は専用のパイプラインを使い、ウィーンまで36時間で運ばれます。その後、水質検査などを経て、飲料水として提供されています。つまりミネラルヴァッサーなどにも使用される湧き水を水道水として利用しているのですから、美味しい‥という訳です。

また、水源地からウィーンへ向かう上水は、途中で水力発電所を稼動させ、6500キロワットの電力が生み出しています。途中で、しっかり発電をしているところがエコロジーに熱心なオーストリアらしいところでしょう。

Img_116_09_1353_001

さて、実際に訪問してみると、施設の性格上、禁止事項が多く、入り口にお得意のピクトグラムで掲示されていました。

具体的には、施設内全面禁煙、サッカー禁止、アルコール飲料の持ち込み禁止、犬の立ち入り禁止です。いずれも利用者が軽装であること、小さい子供さんが多いことを考慮しているものと思われます。

特に犬を連れて来場する人が多いため、犬の立ち入り禁止は、大きな標識も掲げられていました。

Img_116_09_1359_001

○枚目の写真が、「水の体験ルート」のスタートとなる模擬水源。ここから池に水が入り、人工の川を水が流れ、下流にある池に流れるようになっています。

また、それとは別に水をウィーンまで送る水道橋(aquädukt)を模した金属製の施設も設置されており、こちらはミニ給水塔につながっています。

Img_116_09_1361_001

なお、当初、水道橋はコンクリートアーチで建設される予定だったようですが、最終的には写真のような金属製のものになりました。

理由はよくわかりませんが、予算の関係、または金属製のアーチに植物を巻き付けて緑化するためかもしれません。また、施設を説明するプレートは地面に埋め込まれていました。

Img_116_09_1360_001

施設内には、ドリンクやアイスクリーム、軽食などを販売する売店も設置されていますが、アルコール飲料は販売されていません(持ち込み禁止ですから、当たり前ですが‥)。

利用できるのは、5月下旬~9月上旬までの毎日で、9時からオープンしています。なお、金曜日は清掃とメンテナンスのため、11時オープンとなっています。

ちなみにクローズは日没に合わせているようですが、遅くとも21時には終了となります。水道当局が運営している親水公園なので、利用は無料です。

Img_116_09_1363_001

なお、ウィーンには、このほかにも、以下のような親水公園があります。

-Wasserspielplatz Donauinsel
-Wasserspielplatz Leberberg
-Wasserspielplatz Max-Winter-Park

Feriも機会があれば、その他の場所も見学してみたいと思っています。

ところで、今回、ご紹介した写真には利用者がまったく写っていませんが、あえて利用者がいないような曜日や時間帯を選んだもので、シーズン中は天気が良いと、多くの子供さんで賑わっています。YouTubeにアップされていたビデオを貼り込みましたが、これを見ると賑わいがわかると思います。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« オーストリア版「栗むいちゃいました」 | Main | ニキ航空が日本乗り入れ ただし‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア版「栗むいちゃいました」 | Main | ニキ航空が日本乗り入れ ただし‥ »