« “Dampfbetriebstage”の Strasshof鉄道博物館を訪ねて(下) | Main | 「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その1) »

July 17, 2015

ÖBB 2015年12月ダイヤ改正の概要

Img_2014_12_9712_001

「鉄道の話題」が4日間連続で続きますが、ご了承ください。

ÖBBは、クリスマスシーズンのチケットの発売を前に2015年12月13日に実施するダイヤ改正概要を発表しました。チケットは6ヵ月前から発売になるため、情報は6月に公開されています。ちょっと遅くなりましたが、その概要をお知らせしましょう。なお、半年先の内容であるため、今後、細かい修正が入る可能性があります。

○長距離列車のWien Hauptbahnhof(ウィーン中央駅)集約
ついにオーストリア各方面の長距離列車がWien Hauptbahnhof(ウィーン中央駅)発着に集約されることになりました。名実ともにWien Hauptbahnhofが「Wienにおける鉄道の表玄関」になります。

具体的には、ウィーン市内の短絡線(Lainzer Tunnel経由)を活用し、Westbahnhof発着だった西鉄道のRailJetおよびInterCityもすべて、Wien Hauptbahnhof発着、Wein Meidling経由に改められます。つまり、現在、ドイツ方面から乗り入れているICEと同じルートを使うことになる訳です。

この結果、所要時間が大幅に短縮されることになりました。

○所要時間の短縮
長距離列車の乗り換えもWien Hauptbahnhofに集約されることになったため、各方面で所要時間の短縮が図られています。

- Graz-Amustetten間 改正前:4時間28分/改正後:3時間33分(55分短縮)

- St.Pölten-Wr.Neustadt間 改正前:1時間23分/改正後:53分(30分短縮)

- Linz-Budapest間 改正前:4時間34分/改正後:4時間05分(29分短縮)

- Salzburg-Bratislava間 改正前:3時間51分/改正後:3時間36分(15分短縮)

- Neusiedl/See-Linz間 改正前2時間26分/改正後:2時間10分(16分短縮)

- Graz-St.Pölten間 改正前:3時間52分/改正後:3時間04分(48分短縮)

また、Wien-Salzburg間は、RailJetで7分短縮され、2時間15分で結ばれるようになります。これも短絡線経由の効果です。

Sn00336

○ Flughafen Wien直通長距離列車の拡充
前回のダイヤ改正(2014年12月)から、ドイツ方面のICEがFlughafen Wienが乗り入れるようになりましたが、今回の改正から、いよいよSalzburg方面のRailJetとICが乗り入れることが決まりました。

1時間あたり2列車がFlughafen Wien発着となりますが、長距離列車のFlughafen Wien発は毎時03分、33分、着は毎時27分、57分というパターンダイヤになります。

発表ではICが32列車、RailJetが27列車乗り入れますが、逆にICEの Flughafen Wien乗り入れは中止され、WienHauptbahnhof発着に改められます。ÖBB自身の車両が乗り入れる訳ですから、「本来の姿になった」ということでしょう。

Img_2015_06_0955_001

なお、Flughafen Wienのホームは、改良工事完了後は左の写真のように非常に長いですが、RailJetは2ユニットで運行される列車もあるので、いよいよ本領発揮というところでしょうか。

また、右の写真は Flughafen Wien-Wien Hauptbahnhofを結ぶ短絡線(操車場の上を横断している路線)ですが、ここも本格的に活用されることになります。

Img_2015_06_0950_001

ちなみにFlughafen Wien-Salzburg間は2時間49分で結ばれます。このほか南鉄道からシュヴェヒャート空港へのアクセスも改善されます。

具体的にはWien Hauptbahnhofにおいて同一ホームで乗り換えができるようにダイヤが組まれます。さらにGraz-Flughafen Wien間を直通するRailJetも1往復、運行されることになりました(RJ656 Graz Hbf13時52分発-Flughafen Wien16時27分着/RJ755 Flughafen Wien17時33分発-Graz Hbf20時33分着)。

この結果、Graz-Flughafen Wien間の所要時間が3時間02分になります。なお、所要時間はWien Hauptbahnhofで乗り換えの場合と同一に設定されています。

○市内交通の高速化
Wien Hauptbahnhofに長距離列車の発着が集約化されたことに伴い、市内交通の高速化も行われることになりました。S BahnおよびU1のダイヤ改正により、Stephansplatzまで5分で結ばれることになります。

また、ÖBBではウィーン市内の場合、Wien Hauptbahnhofまで30分未満で到着できるとしています(これについて、Feriは具体的に検証していません)。

Img_2015_06_0854_001

○Wien Westbahnhofは
気になるのは西鉄道の長距離列車発着がなくなるWein Westbahnhofの扱いです。現在、発表されている情報では、ÖBBの列車は近距離列車だけになるようです。ただ、“U6を使えば6分以内にMeidlingに行けます‥"という言い訳が出ています。

近距離列車の利用者も多いので、商業施設BahnhofCityが、どの程度、影響を受けるかは不明です。ただ、フードコートは影響を受けそうな気がします。

一方、WestBahnにとって、Wien Westbahnhofが専用駅のような感じになるので、本格的な攻勢に転じることでしょう。ただ、現時点ではWestBahnのダイヤ改正概要は発表されていません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« “Dampfbetriebstage”の Strasshof鉄道博物館を訪ねて(下) | Main | 「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« “Dampfbetriebstage”の Strasshof鉄道博物館を訪ねて(下) | Main | 「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その1) »