« ÖBB 2015年12月ダイヤ改正の概要 | Main | 「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その2) »

July 18, 2015

「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その1)

Img_106_09_5684_001

「鉄道博物館の話題」を3回に渡ってお届けしたので、お口直しに今日は「Tagesmenü ウィーン編」をお届けしましょう。

アパート暮らしになってからは、昼食をアパートで済ませてから外出するパターンが多くなったFeri。何しろ、自炊するとコストパフォーマンスが抜群に良いですから…

実は、外食が減ったもう一つの理由は、食が細くなってしまい、フルスペックの料理を完食することができなくなったこともあります。

Img_106_09_5687_001

やはり、Feriは古い人間なのか、せっかくの料理を残すことに抵抗があります。その点、ウィーンの場合、物価が高いこともあり、Tagesmenüは、比較的、量が少ないので助かります。

なお、高級なレストランでもTagesmenüはありますが、Feriは、庶民的なお店が好きなので(要するにお金がない)、高級店の例は取り上げません。

ところで、日本では、お昼の定食などでは、コーヒーなどがサービスされることがありますが、こちらでは、デザートが付いていても、飲み物は別途、オーダーする仕組みになっています。

さて、今日、最初にお目に掛けるのはウィーンでいただいたTagesmenüです。

Img_106_09_5688_001

2枚目の写真はウィーンの某レストランのMittagsmenü(お昼の定食)。TagessuppeとDessertは同じですが、メインディッシュは選択式になっています。これで7.30Euroは、正直、お得です。3枚目の写真が、セットになっていたDessertです。

次はウィーン17区にある庶民的な某レストランの例です。Tagessuppeは青豆のスープで、上に見えるのはミニサラダ。Feriがチョイスしたメインディッシュは「KarnterKasnock's」という名前でしたが、白身魚のフライでした。

Img_100_12_0242_001

このレストランは、Tagessuppeは最初からセットになっている訳ではなく、別注する形でした(お値段は.06Euroと格安。さすが庶民の街です)。

盛り付けは、正直、実用一点張りで見栄えは良くありませんが、味は、まずまずでした。

ただ、「盛り付けも味のうち」と考える日本人からすると、もう少し工夫してくれれば‥と思ってしまいましたが。この周辺は労働者の皆さんが多いことも影響しているのかもしれません。

Img_100_12_0243_001

また、Feriにはちょうど良かったのですが、この量だと、肉体労働をしている方には、かなり物足りない感じがすると思います。

次にご紹介するのもMittagstellerバージョン。メインディッシュは月曜日から木曜日まで一品ずつ提供されます。面白いのは、金曜日は「週末スペシャル」で2種類の料理からチョイスするパターンになります。

Img_109_03_4966_001

WestBahnhof付近にあり、愛用していたお店の一つですが、今は、なくなってしまったレストランです。月曜から木曜日が5.9Euro、金曜日は6.9Euroという価格設定でした。

写真は木曜日の定食。「Gekochtes Tafelstück」です。写真は掲載していませんが、もちろんTagessuppeが付いています。

Img_109_03_4964_001

また、Tagesmenüが店頭に置かれた黒板に書かれているケースもありますね。

写真は写真は12区Meidling駅付近にある某Gasthausの例。この日は、3種類からチョイスできるようになっていました。

ここもTagesssuppeが付いて5.1Euroとお手頃な価格。Feriは、この日、ⅡのSchwein Wienerをいただきました。なお、このお店では、Tagesmenüの「付け合わせ」が選択式になっていました。

Img_119_12_2836_001

Schwein Wienerとは、写真をご覧になればおわかりのようにWiener Schnitzel vom Schweinのこと。ちなみにFeriは、この時、始めて、こういう言い方があることを知りました。

このお店ですが、昼食時は、付近にお住まいのご年配の方が比較的多く来店されます。こちらのご年配の方は、健啖家も多いので、Feriが難儀している料理を、いとも簡単に召し上がってしまうことも‥ 

Img_119_12_2835_002

ただ、このお店のTagesmenüは値段の関係からか、比較的、量が少ないので、Feriも完食できます。写真では、お肉が大きく見えますが、実はお皿が小さいのですよ。

ただ、黒板の文字が手書きなので、正直、読みにくいことが多々あるのが玉に瑕。実際、写真に撮影しても、解読不可能という経験が何度もあります。

ちょっと長くなったので、続きは、明日、お伝えすることにしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« ÖBB 2015年12月ダイヤ改正の概要 | Main | 「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ÖBB 2015年12月ダイヤ改正の概要 | Main | 「今日の定食」あれこれ(ウィーン編 その2) »