« 今日も1日お疲れさまでした | Main | Feriの誕生日、余話‥ »

August 21, 2015

開園35周年を迎えたBonsai Museum

Img_2015_08_2200_001

私事で恐縮ですが、今日、8月21日はFeriの○回目の誕生日。子供の頃は、夏休み期間中だったため、友達は旅行や帰省で不在。そのため、誕生日当日に友達を招いてお祝いをすることができませんでした。夏休み中に生まれたFeriの宿命だったのかもしれません。

今では、オーストリアで誕生日を迎えることが多くなったFeri。最近ではオーストリア在住の友人が、ホイリゲで誕生会を開いてくれることもあります。嬉しい限りです。

さて、今日は「オーストリアで活躍する同胞の話題」をお伝えしましょう。

このブログでも2回ほどご紹介したケルンテン州SeebodenにあるBonsai Museum「里風菴」ですが、運営するご夫婦のご尽力もあって開設35周年を迎えました。

今回、久しぶりに訪問してみましたが、駐車場も満杯で、資材置き場になっている第3駐車場を利用しているお客さまもいるくらいです。

車のナンバーを見ると、遠くオランダをはじめ、スイス、ドイツ、イタリア、オーストリア各地から、お客さまが来場しているようです。

Img_2015_08_7345_001

ご夫妻の努力と情報発信が実を結んだようで、同胞として嬉しい限りです。園内も地道な活動を通じて、充実しているようです。

ちょっと覗いたところ、オーストリア人のご主人が、ガイドツアーを実施していました。こういった地道な努力が、お客さまを増やしているのでしょう。

Img_2015_08_7343_001

ある意味、こちらの方にとっては、“盆栽を語るにはSeebodenのBonsai Museum”という認識が広まっているのでしょう。展示だけでなく、販売も行っていることが功を奏しているのかもしれません。

このほか、「Harmonie im Garten」(和の園)という庭園もオープンしており、施設も拡充しているようです。

もちろん、ケルンテン州という風土や、材料の調達、対象がヨーロッパの皆さまということもあって、完璧に日本風を再現することは困難です。しかし、ご造詣が深いご主人により、日本人のFeriから見ても違和感が全くない見事な仕上がりになっています。

Img_2015_08_7338_001

ところで、前回は駐車場前のゲートがオープンする直前だったのですが、今回も博物館への入り口は、従来と同じ、山側の事務所棟があるところでした。

盆栽博物館が自前でかなり用地(1200㎡)を確保しているとは言え、隣接して民家があるため、正門の移転に関しては、もしかすると地域住民の賛同が得られていない可能性があります。

確かに駐車場前をゲートにすると、隣接する民家にとって、騒がしくなりますから‥

Img_2015_08_7344_001

第3駐車場は資材置き場になっていますが、今後の拡張を踏まえて石材などが準備されていました。また、博物館には不可欠な盆栽や草木を生育するバックヤードも充実しているようです。

スタッフの数も増えているようで、地域で一定の評価を得ていることがわかります。35周年を迎えた盆栽博物館、同胞として嬉しい限りです。

日本では、日本文化を海外に展開する際、国(お役所)が中心になって行うことが多いのですが、ほとんどうまくいっていません。その要因は、文化に対する「想い」の違いだとFeriは考えています。

もちろんお役人の中には、想いの強い人もいるとは思いますが、如何せん、お役所組織の中では想いを十分発揮することは難しいでしょう。

Img_2015_08_2219_001

その点、個人の場合、強い「想い」がベースになっているため、例え困難に遭遇しても、それを突破して継続することができるのだと思います。

Bonsai Museumもオーストリア人のご主人が、日本の盆栽の惚れ込み、この文化を何とか故郷のオーストリアで広めたい‥という強い想いが活動の原点になっていると思います。

ささやかながら、同じオーストリアで仕事をさせていただいているFeri。同胞として、異国の地で地道な活動を35年間続けてきたご夫婦の将来に栄光あれ‥と思わざるを得ません。

SeebodenがあるMillstatter Seeは「山と湖のケルンテン州」にふさわしい美しい湖です。ちょっと不便な場所ではありますが、車を使えば比較的容易に訪ねることができます。日本の皆さまも、是非、異国の地で、日本文化である盆栽の普及に尽力しているBonsai Museumを訪ねてみてはいかがですか。

開館時間を含めた詳細な情報はBonsai Museumのホームページでご確認ください。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_austria_001

文化・芸術 |

« 今日も1日お疲れさまでした | Main | Feriの誕生日、余話‥ »

Comments

Feri さん、
お誕生日、おめでとうございます。

オーストリアで迎えることができる、しかもホイリゲでお祝いとは、いいですねぇ。

私も一度だけオーストリアに居た時に誕生日を迎えたことがありますが、当時は知合いも居なかったので独りでした。
尤も、実は超有名人と同じ日で、その生誕○年に出掛けたので、一緒にお祝いしてもらったことにしましたが..

Mörbisch の記事が未だですが、公演に行かれるのはこれからですか?
Steyr の Im weißen Rößl は素晴らしかったようですね。やはり Leopold が良いと公演全体も良くなるのでしょうね。
次は Volksoper の新演出ですが、楽しみでもあり、ちょっと不安でもあります。では、初日に。

Posted by: Steppke | August 21, 2015 at 06:52 AM

Steppkeさま、お祝いのメッセージありがとうございます。

実は、まだLungauに滞在中で、ホイリゲのお祝いは週末を予定しています。

MörbischですがLungauからWienへ戻る途中に立ち寄る予定です。最終公演なのですが、幸い、現時点では天気は持ちそうです。

Steyrですが、主役2人の息の合った演技に惚れ惚れしました。

Mörbischについては、来週、Wienに戻ってからご紹介することになると思います。

Posted by: Feri | August 21, 2015 at 03:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日も1日お疲れさまでした | Main | Feriの誕生日、余話‥ »