« 開園35周年を迎えたBonsai Museum | Main | ランチの穴場 肉屋のImbiss »

August 22, 2015

Feriの誕生日、余話‥

Img_2015_08_2400_001

普段は、あまりプライベートの内容は書かない主義なのですが、今回は、Feriにとって「節目の誕生日」ということで、8月21日の出来事をご紹介しましょう。

昨日のブログでご紹介した「ホイリゲの誕生会」ですが、実はFeriがLungauにいること、友人も平日は多忙であることから、週末、Feriがウィーンに戻るタイミングで開いてもらえることになっています。場所は友人ご夫婦お勧めの郊外の某所です。

さて、前日の夜(日本時間では、既に21日)は、Feriの誕生日を祝して教会でコンサートがありました。というのは嘘で、この時期、TamswegのSt.Leonhard教会で、毎週、木曜日の20時からKirchenkonzertが開催されており、その日程が誕生と重なったというだけですが‥

しかし、自分自身は、「自分の誕生日祝祭音楽会」と勝手に位置づけていました。

ちなみにKirchenkonzertの入場料は17Euro(当日券)です。最近は毎年、1Euroずつ値段が上がっていますが、それでも地元の皆さまが本格的な音楽を楽しむ貴重なチャンスなので、毎回、満席になります。

Img_2015_08_7478_001

山の中腹にある小さい教会の礼拝堂が会場なので、比較的小編成の室内楽系統が中心です。

座席は完全自由席(さらに混んでくると、通路に補助イスを出します)なので、早めに会場へ行くのが吉。

今回、Feriは一番乗りでした。通常、最前列は予約席(関係者席)になっていることが多いのですが、今回は、幸い向かって右側の席が開放されており、Feriお得意の最前列をキープすることができました。

なお、このコンサートでは地元の障がい者団体が、寄付を目的としたバーサービスを行っています。セクトやワイン、ザフトに加えて、手作りのカナッペなどが振る舞われます。

ただ、定価は決まっておらず、募金箱に任意で寄付金を入れる仕組みです。Feriも少ないですが5Euroほど寄付しました。一人の5Euroから10Euroが目安のようでした。

こういったバーサービスを、障がい者の社会復帰活動に位置づけている点が、オーストリアらしいところかもしれません。

Img_2015_08_2380_001

さて、今日の出演グループはPhilharmonisches Streichaquartett。ヴァイオリン2名、ヴィオラ1名、チェロ1名という編成です。

開場前に屋外でワインを飲んでいると、日本人女性が会場から出てきてびっくり。プログラムで確認すると、日本人ヴァイオリニストのMiharu Gartmayerさんでした。

Miharuさんも、Lungauの地元コンサートで、日本人に会うとは思ってもみなかったことでしょう。コンサートの前でお忙しいため、ご挨拶は遠慮しましたが‥

Img_2015_08_7492_001

Miharuさんは、東京のご出身で、ご主人のStefan Gartmayerさんも、この楽団のチェロ奏者でした。の誕生日記念コンサートに日本人奏者が入るのも何かのご縁でしょうか。

なお、当日、事情があってヴァイオリン奏者が、予定のメンバーから変更になった旨のご案内が、最初に入りました。

今回のプログラムですが、シューベルトのQuartett Nr.15と、バルトークのQuartet Nr.3。Lungauのローカルコンサートですが、通好みの選曲。さすがオーストリアです。

Feriが得意なジャンルではないので、皆さまの観賞姿勢は見事でした。さすが地方都市でも音楽文化に対して造形が深いことを再実感しました。

このコンサートには、Feriの友人のご親戚(お近くにお住まいです)がよくお越しになるのですが、今回はお目にかかることはできませんでした。

Img_2015_08_7495_001

さて、誕生日当日、7時30分に今週、連泊しているホテルの朝食堂に行くと、Feriの指定席に、ばらを一輪飾ったザッハトルテが置いてあるではありませんか。

Feriが座ると、すかさず女将さんが、グラスに入ったセクトを3杯持って登場。そこへご主人も加わり、女将さんの“お誕生日おめでとう”の音頭で、乾杯。そして、恒例の握手。

Img_2015_08_2520_001

さすがに、このサプライズには、Feriも写真撮影をすることを忘れてしまいました。

Feriが「第二の故郷」と思っている、Lungauのこの街で、最高の誕生日を迎えることができました。

この街のトルテ類は自分で買って食べたことはないのですが、地元のコンディトライが手作りで作っているため、非常に美味しかったですね。

Img_2015_08_2537_001

Feriが夏にLungauに来るようになって、四半世紀。街のカフェやレストランで働く若い従業員さんは、もしかしたら生まれていなかったかもしれません。

また、定宿のホテルも1976年開業なので、開業から比較的早くFeriが泊まるようになったになります。地元の皆さまに誕生日を祝っていただいて、Feriは幸せ者です。

さて、誕生日最後のイベントはMauterndorで行われたfPlatzkonzertでした。ブラスバンドの演奏なので、Feri同じ藻の曲が多く、夜の一時を楽しく過ごすことができました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« 開園35周年を迎えたBonsai Museum | Main | ランチの穴場 肉屋のImbiss »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 開園35周年を迎えたBonsai Museum | Main | ランチの穴場 肉屋のImbiss »