« 教会の大時計を修理中 | Main | 選挙運動を拝見 »

September 28, 2015

Der Livestream zur großen Parade

Sn00388

このブログでも予告したように9月27日、13時から「"150 Jahre Wiener Tramway" mit einer großen Parade auf der Ringstraße.」が行われました。

Feriは、出張先からライブストリーミングをすべて見ましたが、いぁー、すごかったですね。

トップは、予想どおり、広告電車が先導。その後、Pferde-Tramway(馬車鉄道)、Dampftramway(スチームトラム)と続き、出てくる、出てくる、オールドタイマーの路面電車。締めは最新の事業用自動車でしたが、路面電車、バスを含めて合計53両が、すべて自力で走行。

これは、Feriも想定外でした。それにしても動態の路面電車が、これほど保存されているとは‥ 技術力プラス資金力などなど ウィーンの実力、恐るべし‥

笑ってしまったのは、Dampftramwayの次に登場したのは、Wiener Linien所属の消防自動車。万が一のために備えて、Dampftramwayの後ろに入れたのだと思いますが、自衛消防隊を持っているのですね。Feriも知りませんでした。

Sn00389

特に走行状態を維持するのが難しい保存バスが、自力で走ってきたのには、驚きました。

また、営業用車両のラストを飾ったのが地下鉄U6用のType Tだったのはびっくりしました。工場入場時には、路面電車の路線経由ということがよくわかりました。ということは、車体幅などの規格も、路面電車に合わせてある訳なのですね。

また、次期路面電車がBombardier製に決まったことから、その代わりにBombardier製のType Tを出してきた可能性はありますね。

Sn00390

芸が細かいのは、ストリーミング中のバックグラウンドミュージックが、その車両が活躍していた時代のものにしている点。

そして、一部の車両には、当時の服装をしたお客さまなどが乗っており、fotografieren(写真撮影用の停車)で「Rathausplatzes und Burgtheater」に停車した際、下車してパフォーマンスを披露するなど、一般のお客さまも楽しめる企画になっていました。

Sn00391

「第三の男」のハリー・ライムが、オールドタイマーのバスから降りてきたのには、笑えましたが‥

多くの観覧者に対応するため、メイン会場付近の道路は、完全封鎖で、見学スペースに宛てられていたようです。

このほか、ライブストリーミングでは、動画の右側に登場した車両の解説がリルタイムで表示されていた点も見事でした。

Img_2015_09_3960_001

ただ、現地の映像を見た感じでは、時期的に日のまわりが早く、パレードの中盤以降、ブルグ劇場側から半逆光になってしまったことが、ちょっと残念そう(まぁ、参加できなかったFeriの戯言ですが‥)。

また、写真撮影もやりにくそうな感じでしたね。脚立でも持っていけば、なんとかなったかもしれませんが‥

ところで、27日はFeriが住んでいるアパートがある5区でも、本来ならFeriが外せない行事、「STURMFEST」が開催されています。

こちらの行事は17時から開始だったので、150周年記念パレードを見た後、こちらへ立ち寄れば、「最高の週末」を過ごすことができたのですが、出張では、どうしようもありません。

500リットルのSTURMが提供されたようで、きっと盛り上がったことでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 教会の大時計を修理中 | Main | 選挙運動を拝見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 教会の大時計を修理中 | Main | 選挙運動を拝見 »