« Wiener Mobilitätswoche 2015を開催中 そしてStraßenFestivalも花盛り | Main | フォルクスオーパー「白馬亭にて」、セカンドクルーの仕上がりは‥ »

September 21, 2015

今年も「Mistfest2015」がありました

Img_2015_09_5339_001

週末は各種イベントで盛り上がるウィーン。19日にはヘルデンプラッツでスポーツのイベントが行なわれました。また、20日にはニコンさんが協賛する「フォトマラソン」も開催されました。

今日は恒例の「Mistfest2015」が9月19日・20日の両日、Mistplatz Hernalsで開催されました。その模様をご紹介しましょう。

「Mistfest」はウィーン市清掃工場のオープンハウスですが、ゴミ捨てに対する啓蒙活動も兼ねている他、警察、消防、救急、水道、下水、森林、住宅など、いわゆる公共機関がブースを出展してPR活動をするちょっと変わった催しです。

展示内容は2013年とほぼ同じでしたが、以前よりは活動のPR色やゴミ捨てに関する啓蒙活動などが弱まり、子供さん向けのレジャー色が強くなっていました。何しろ、仮設の観覧車が登場したくらいなので‥

当たり前ですが、清掃局のゴミ収集車なども展示されています。また、広報活動用の車両もあるのですが、これは通常のゴミ収集車のゴミ格納部分が大型スクリーンを設けた映写室になっているというものです。

Img_2015_09_5371_001

以前はオールドタイマーのゴミ収集車なども展示されていたのですが、これらは姿を潜めてしまった。ちょっと残念。

当たり前ですが、屋外、屋内に喫食の屋台を出ているのですが、さすがに清掃局の行事。

Img_2015_09_5375_001

食器類は使い捨てのものは皆無で、全てグラス、陶器の食器、カトラー類は金属製を使用していました。改修した食器は、構内にあるトレーラーに搭載している大型食洗機で洗浄。

このあたりはゴミを削減するための「こだわり」だと思います。ちなみに大型食洗機を搭載しているトレーラーですが、清掃局MA48が所有しているようでした。

Img_2015_09_5351_001

毎年、技術部門で自動車の修復を行って、その車両を展示しているのですが、今年はトラバントが登場。例年は清掃局のシンボルカラーであるオレンジに塗られているのですが、今回はオリジナルのクリーム色でした。

今回は、「Die 48er Autoshow」と題して、フォルクスワーゲンをはじめとする過去の修復自動車やスクーターなどが展示されていました。

地元の人が目当てにしているのは、Mistplatzに集められたゴミの中で再利用可能なものを販売するアウトレットショップ(48er Tandler OUTLET)。

Img_2015_09_5353_001

衣料品から食器、おもちゃ、家電製品、自転車まで、色々な商品が格安で販売されるので、これは朝から大人気です。

また、スタンプラリーやクイズに答えると色々なグッズがもらえるので、こちらも人気です。

こちらのFestらしく、生バンドの演奏や大道芸の披露、救助犬にデモンストレーションなどもありました。さらに、消防署のはしご車による空中散歩やロープにぶら下がって空中を移動する「Flying Fox」などは、子供さんに大人気。

Img_2015_09_5352_001

毎回、人気を集めるのが清掃局のオフィシャルショップ(48ER fanShop)です。

一番人気は以前もご紹介しましたが、ミニゴミ箱(1個2Euro、7個のフルセットは12Euro)。また、カードゲームやキーストラップ、携帯灰皿、Tシャツ、キャラクターグッズなどが多数、販売されています。お値段が手頃なので、人気がありますね。

Img_2015_09_5345_001

48ER fanShopとは別のところでは、生ゴミを回収して堆肥に加工したものを販売していたほか、森林局のブースではサンプルをプレゼントしていましたね。

警察関係のイベントではありませんが、商売熱心なウィーン警察のブースでは、警察グッズを販売していました。

Img_2015_09_5344_001

子供さん向けのパトロールカーや白バイのおもちゃ、警察官の格好をしたティディベア、マグカップ、折りたたみ傘など、結構、面白いものを販売していました。

日本でも最近は入場無料のイベントが人気を集めていますが、こちらでも事情は同じ。両日とも日中は天気が良かったため、子供さんを連れたご家族連れで大賑わいでした。

Img_2015_09_5368_001

ただ、前回、Feriが訪問した時よりも来場者数が増えているような気がしました。とにかく構内を歩くだけでも、一苦労‥という感じです。

とくに子供さんを楽しませるには、最適なイベントなので、人出も多くなっているのでしょう。

ちなみに最後の写真で、屋根の上に乗っかっているのが、ゴミを模したモンスターのキャラクターです。入り口で、グミを配っていましたが、その中には、このキャラクターのものもあります。

Img_2015_09_5584_001

そして、会場内を練り歩いていた「ゆるキャラ」。子供さん達に大人気。チーバ君のような「ゆるキャラ」は、実はカンガルーなのですね。要するに自虐ネタです。

お腹のポケットの中に自分の小型ぬいぐるみを入れていることがあり、時々、ポケットから取り出して子供さんに配っています。今回は取材カメラマンのリクエストに応えて、ツーショットが実現。Feriも、それに便乗しました。左側はゴミ箱を模したMA48の「ゆるキャラ」です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Wiener Mobilitätswoche 2015を開催中 そしてStraßenFestivalも花盛り | Main | フォルクスオーパー「白馬亭にて」、セカンドクルーの仕上がりは‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Mobilitätswoche 2015を開催中 そしてStraßenFestivalも花盛り | Main | フォルクスオーパー「白馬亭にて」、セカンドクルーの仕上がりは‥ »