« 難民問題で大変ですが、9月のウィーンはFest、Fest、Fest | Main | 謎のピクトグラムシリーズ デザインが変わりました »

September 03, 2015

地方のホームセンター拝見

Img_2015_08_1932_001

今日は「ホームセンター(BAUMARKT)の話題」をお届けしましょう。

こちらでは、自分で戸建て住宅を建てる人がいるように、いわゆる日曜大工が盛んです。そのためウィーンにもホームセンターが沢山、営業しています。

今回は、地方のホームセンターをご紹介しましょう。地方では、農業が盛んなこともあり、ウィーンと異なり農作業関係の道具や資材を結構、扱っています。

実際、店前の広場に農業関係の資材が展示されていることもありますね。

また、戸建て住宅が多いこともあり、戸建て住宅用の屋根材、壁材なども多数、販売しています。

Img_2015_08_1945_001

当然、写真のように店の外に屋根材や壁材のサンプルが、展示されています。

今年、ウィーンでは猛暑により公共の場所でバーベキューが禁止されてしまいましたが、こちらの「夏の行事」はバーベキュー・パーティー。

Img_2015_08_1943_001

そのため、ホームセンターでも夏はバーベキュー用のグリルなども大々的に販売しています。なお、Lungau地方ではバーベキューが禁止されている訳ではないようです。

このほか、自宅用のビニールプールなど、夏ならではの商品をアピールしている店舗もありました。

日本ではビニールプールというと、子供さん用の小さいものが一般的ですが、こちらでは広告写真をご覧になるとわかるように大人も入ることができる大型バージョン。広い庭があるから使える商品と言えるでしょう。

Img_2015_08_1946_001

とは言っても、Lungauは高地なので、8月15日位から、秋の気配が漂ってきますから、そろそろプールの需要はなくなると思います。

ちなみにお値段は、33%オフの59.99Euroなので、かなりお買い得です。やはりシーズン商品ならではの価格設定ですね。

Img_2015_08_1933_001

また、庭の手入れに不可欠な草刈り機や電動工具も積極的に販売していました。しかし、プールと草刈り機や電動工具を一緒にアピールするところが、何とも‥

Feriが、BAUMARKTで販売している商品で、最も興味を持ったのは、「庭で使う小屋(Gartenhaus)」。

ウィーンなどでは、平素はアパートに住んでいて、休日用に郊外に庭を持っており、そこに滞在用の小屋を建てるケースがありますが、同じものです。

Img_2015_08_1940_001

地方だと自宅の敷地も広いため、必然的に庭も広く、自宅で使う方もいらっしゃるようです。さて、気になるお値段。

特売の小屋が、1249Euro~1390Euroで販売されていました。現在のレートだと17万円~19万円といったところ。

Img_2015_08_1944_001

正直、Feriは、この手の小屋が、この値段で妥当なのかどうかは、見当がつきません。

ただ、木製でしっかりしていますから、お買い得かもしれませんね。ただし、建てるお庭があれば‥の話ですが。

しかし、地方に限らず、ホームセンターというのは、地元の皆さまの生活がよくわかるので、ある意味、興味深いお店だと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 難民問題で大変ですが、9月のウィーンはFest、Fest、Fest | Main | 謎のピクトグラムシリーズ デザインが変わりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 難民問題で大変ですが、9月のウィーンはFest、Fest、Fest | Main | 謎のピクトグラムシリーズ デザインが変わりました »