« 公園の中に銀行が出現 | Main | 郵便局の跡地は、今‥ »

September 17, 2015

臨時更新 中央駅と西駅の近況

Img_2015_09_4840_001

難民に関する臨時更新です。ドイツがシリアなどから押し寄せる難民の流入を制限するため、オーストリアとの国境で、9月13日から入国検査を導入しました。

ドイツ-オーストリアの直通列車に関しては、ドイツ側の指示に従うというのがÖBBの見解です。18日、朝の段階では直通列車のRailJetに関しては、Salzburg-München間は運休となっています。

ただ、先週と大きく異なるのは、難民のドイツ移送がスムーズに行かなくなった‥ということです。この結果、「Salzburg Hbf構内が難民で大混雑している」と報道されていました。新聞も「SalzburgとFreilassingがボトルにネックになっている」と報じています。

17日現在、オーストリア国内で10000人以上の難民が、立ち往生している状況ですが、政府、自治体が一時的な難民収容施設を開設し、駅で待機していた難民を、そこへ移送したようです。そのため、ウィーンの各駅で待機している難民の数は、非常に少なくなりました。

以下は、15日の内容ですが、17日の夕方、Westbahnhofへ立ち寄りましたが、難民の数が非常に少なくなっていました。

15日の夕方、友人と会うためにWien Hbf(中央駅)に行きましたが、1階のコンコースには難民が大勢、待機していました。また、長距離列車のチケット販売窓口には、難民が長蛇の列を作っていました。

先週、West Bahnhofに行った際、NPOが行っていた食料の支援活動は、こちらでは行っておらず、ÖBBの職員が案内をしている程度でした。また、難民の数が増えたため、相対的に警備に当たる警察官の数も増えています。

Img_2015_09_4864_001

このほか、15日は暖かかったこともあり、プラットホームのベンチで休んでいる難民も多数見かけました。

ドイツへの移動の目処が立たないためか、難民の多くも不安な表情を浮かべていました。また、ドイツにいる知人らに連絡をするためか、プリペイド式のSIMカードを求める難民が多くなっているようです。当然、駅構内のコンセントは、携帯電話はスマートフォンを充電する難民で一杯。

友人も同じ意見だったのですが、失礼ながら身なりが良い難民が多く、食料などは地下にあるスーパーマーケットで調達しているようでした。また、子供におもちゃを買い与えている姿も見かけました。

Img_2015_09_4867_001

なお、駅の外でSPÖが、日中、難民支援活動をしていたようですが、夕方になったため、店じまいしたような感じでした。

その後、自宅に帰る友人と別れて、18時過ぎにWest Bahnhofへ行ったのですが、こちらも先週とは打って変わって、難民の数が激増しており、1階のコンコースにも難民が待機している状況でした。また、時間帯によるのかもしれませんが、NPOによる支援も行われていませんでした。

そのためか、先週は、難民が1箇所にまとまっていたのが、駅構内に分散して待機している感じです。

Img_2015_09_4868_001

また、駅構内という性格上、長時間の待機は体調不良につながるので、駅前広場には救急車が数台、待機しており、臨時の救護所になっているようでした。

WestBahnhofでは、写真のようなポスター(ウィーン市作成)が張り出されていました。ウィーンの位置関係を示した地図ですが、位置関係がわからない難民に対する情報提供のようです。

ただ、難民の数が増えただけで、治安を乱すような行為は一切見られません。これは、そのような行為をすると、自分たちの移動制限が、さらに長引くことを知っているためだと思います。

Img_2015_09_4869_0001

会話の内容がアラビア語ですから、Feriには全くわかりませんが、表情などから、情報の絶対量が不足しており、いつ、ドイツへ行けるのかという不安が募っているようでした。

その後、新聞によると、ÖBB広報担当者の話として、「15日夜の段階で、5000人以上の難民が、Wien Hbf、West Bahnhofを離れた」と報じていますので、Feriが見たのは、その前の状況だったようです。

やはり駅での長期滞在は健康管理の面でも問題があるため、オーストリア各地に臨時の難民収容施設(一時的な待機場所)が開設され、ドイツへの移動が可能になるまで、そこで待機する措置がとられています。その結果、ウィーン市内の駅で待機する難民の数が減っているようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース |

« 公園の中に銀行が出現 | Main | 郵便局の跡地は、今‥ »

Comments

Feriさま

いつも最新情報ありがとうございますm(_ _)mまさかの事態に不安が募るばかりです…
ウィーン→ブダペストなら移民の移動と逆ルートだから大丈夫かなと思っていましたが、列車も車も交通機関の乱れが出ているようですね(T_T)ブダペスト行きを諦めて、ウィーンからクラクフへ行こうかと考えていたのですが、これも遅延などのトラブルが起きているのでしょうか?列車移動を予定していましたが、バスが妥当でしょうか?

出発が明後日に迫っているのに、ルートすら決まらず途方にくれています…

Posted by: まりん | September 15, 2015 20:24

feriさま
重要な情報ありがとうございます。
土曜日からザルツブルグに入っておりましたが、中央駅前には赤十字のテントが設営されており一見物々しい雰囲気ですが、皆さんは極めて静かな様子でした。ただ、昨日14日夜はホームに向かうエレベーター付近で若者たちが、大声で演説らしきことを言っており駅構内が騒然となっておりました。ただ、警官が周りで監視していて身の危険を感じることは一切ありませんでした。
本日夕刻、いよいよウィーンに移動していますが乗るはずだったレイルジェットが1時間以上遅れており、駅職員の勧めで一番早く構内に入ってきたレイルジェットに乗込んだ次第です。

Posted by: faro | September 16, 2015 00:20

まりん様

ドイツ側の国境検査強化により、先週よりも状況は悪化しています。

列車の運休も増えており、正直なところ、鉄道を含めてオーストリアからドイツへの陸路での移動は、時間がかかると思われます。

私見ではありますが、オーストリアからドイツへの移動は空路の方がリスクが少ないと思います。
これは、他国への移動も同様です。

市内は平常どおりですが、国外への移動に関しては、時間が読めない状況が、しばらく続くと思われます。

Posted by: Feri | September 16, 2015 04:49

うーん、この分だとまだ当分は騒動が収まる気配は無い様ですね・・・ハンガリーの国境閉鎖で食い止めたとしても、オーストリア国内に残っている難民をドイツへ移送するのに時間が掛かると、地元民はもちろんですが、海外旅行客や出張でこちらへ来ているビジネスマンの移動に大きな影響が出ているのは困った話です。レイルジェット運休はかなり痛いですし・・・

秋の観光シーズンが本格的に始まり、年末には名物のクリスマスマーケットが控えているので、その頃までには沈静化していると良いですが。

Posted by: おざきとしふみ | September 16, 2015 09:14

Feriさま、

いつも重要な情報ありがとうございます。当初はザルツブルク経由でチェコへいきたいと思っていましたが、このルートは諦めました。列車は使わずバスでハンガリー経由のチェコ入りに変更しました。お金はかかりますが、最悪飛行機ですね。宿泊先が西駅であることが目下の悩みですが、明日、そちらへ向けて旅立ちます。少しても状況が落ち着いてくれることを祈るばかりです…

Posted by: まりん | September 16, 2015 09:40

まりんさま

すでにご出発されてしまったかもしれませんが、バスでのハンガリー入りも非常に時間がかかると思います。

なお、西駅周辺は治安が悪くなっていませんので、ご安心ください。

どうか良いご旅行を。

Posted by: Feri | September 16, 2015 16:08

おざきとしふみ様

ハンガリーが法律を改正して、難民の流入を押さえる手に出ましたので、その影響が全く読めません。

ただ、列車の運行に最も影響が出ているのは、ハンガリー方面を除くとSalzburg-München間なので、今のところ、何とかなっている‥というのが私の感想です。

不思議なのはPassau経由のICEが、遅れはあるものの比較的混乱していないことです。

これはドイツの難民収容施設の場所とも関連があるのかもしれません。

Posted by: Feri | September 16, 2015 16:15

現地情報を検索していて、こちらのブログに到達し、
情報が少ない中詳細がわかり、本当に助かっております。
私も土曜日からドイツ入りし、月曜日に鉄道でミュンヘンよりザルツブルグに移動予定です。オーストリア行きなのでまだ良いかと思っていました。先週、大使館への問い合わせでは遅延はあるものの、混乱はないとのことで安心していたところだったのに・・・・、やっぱり不安になってきました。

Posted by: りん | September 16, 2015 16:24

Feri様

現地から最新の情報をいただき、本当にありがとうございます。
私も週末の連休を使い、オーストリアを訪問します。
ウィーンからザルツブルクへの移動をウェストバーン鉄道で行う予定ですので、こちらでの情報が大変参考になりました。

日々状況が変わっているので、不安もたくさんありますが、Feri様の言葉に安心した部分も多くあります。
ありがとうございます!

Posted by: Miya | September 16, 2015 17:57

りん様

今、ザルツブルクでドイツ行きを待っている難民が多数いるようです。昨晩は1000名が駅や周辺で夜を明かしたという報道がありました。

ザルツブルク駅の混雑は、ある程度、覚悟されておいた方が良いとは思います。

ただ、昨晩、ウィーンから5000名の難民が移動したという報道もあるように、事態は流動的です。

また、ECが一部、部分運休になっていますので、列車が混雑する可能性もあります。

まず、早めにMünchen Hbfへ行かれて情報を確認することをお勧めします。

Posted by: Feri | September 16, 2015 17:59

Miya様

WestBahnはオーストリア内の運行なので、余り影響は受けませんが、ÖBBの列車遅延の影響があるかもしれません。

また、私は実際に見たわけではないのですが、報道によるとSalzburg Hbfで、難民が抑止されているため、かなり混雑しているようです。

ただ、これも1日で状況が変わることもあるので、何とも言えませんが‥

いずれにしても余裕を持った行動が大切かと思います。

Posted by: Feri | September 16, 2015 18:02

『この案件だけにかかりきりになる訳にもいかないので…』という一言、本当にその通りだと思います❗
ここ数日、詳しい情報提供だけでも大変なうえ、個別のコメントに迄、丁寧な返信…。有りがたいことですが、この状況を続けていると、Feliさんの負担が大きすぎる、と心配していました😓
Feliさんのblogのファンの一人として、長く継続して頂くためにも、無理をなさらないで下さいね❗

Posted by: norinecchi | September 17, 2015 12:07

現地の貴重な情報を配信下さり,本当にありがとうございます。引き続き,ご無理をなさらない範囲での配信を願っております。よろしくお願い致します。

Posted by: カモメ | September 17, 2015 12:22

norinecchさま、カモメさま

お気遣い頂き、ありがとうございます。しかし、実際に駅などに足を運ばないと、状況がわからないことは痛感しました。

Posted by: Feri | September 17, 2015 14:42

まりん様

オーストリアからポーランド方面の列車は、ほぼスケジュールどおり運行されています。ただ、工事の関係で、若干の遅れが生じているようです。

Posted by: Feri | September 17, 2015 23:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 公園の中に銀行が出現 | Main | 郵便局の跡地は、今‥ »