« 選挙運動を拝見 | Main | 交通整理なしで大丈夫? »

September 30, 2015

フォルクスオーパーの「お子様集客作戦」

201509vop

早いもので、今日で9月もおしまい。2015年も、残り3ヵ月になってしまいました(3ヵ月も残っている‥という見方もありますね)。

さて、今日は、「フォルクスオーパーが9月に展開した子供さん集客作戦」をご紹介しましょう。

最近は、各劇場ともに、将来のお客さまになり得る子供さんをいかに集客するかに頭を悩ませています。子供さん向けの公演設定、ワークショップの開催なども、この一環です。

これは「今の利益」以上に、「将来のお客さま候補」を発掘しておこう‥という考え方によるものでしょう。

フォルクスオーパーのホームページをご覧になった皆さまは、ご存じかもしれませんが、9月いっぱいは、空席がある公演に限り、子供さんは、どの席でも一律1Euroでチケットを販売していました。

当たり前ですが、子供さんだけでフォルクスオーパーに来るわけではないので、当然、正規料金の大人も付き添いでやって来ます。この施策で、子供さんにもオペレッタなど、「生の舞台」に親しんでもらおうという作戦ですね。

実際、「白馬亭にて」や「こうもり」、「パリの生活」などでも、今までよりも子供さんの姿を数多く見かけました。そのため、いつもよりも賑やかでしたね。

「白馬亭にて」は、子供さんが観ても楽しい内容なので、Feriもオススメですが、不倫話が中心の「パリの生活」が、子供さんの教育によいのかどうかは、存じませんが‥ まぁ、連れてくる親御さんの考え方次第でしょうね。

ところで、小さい子供さんの場合、床の傾斜がゆるいParkettなどでは、席に座っても舞台が見えない‥ということがあります。

Img_2015_09_3838_001

そこで、フォルクスオーパーがÖBBの協力で、今シーズン導入した「秘密兵器」が、写真の特製クッション。これをイスの上に置いて、子供さんの座高をかさ上げしようという仕組みです。

このクッションの利用は無料で、コートや荷物を預けるGarderobenで貸し出しています。実際、使っているご家族を見かけたこともあります。

クッションには「I ♡ ÖBB」と書かれていますが、ハートマークが蒸気機関車の煙になっているところがミソ。正直、このクッションが欲しい‥と思う鉄道ファンもいらっしゃるのではないでしょうか。考えましたねぇ。

このクッションですが、2015/16シーズンを通して提供されることになっていますが、背が低いFeriも、最前列ではない時は、使いたいのですが、さすがにダメでしょうね。

ところで、9月のシーズンに入った10日、フォルクスオーパーから、「Volksoper: Kartenangebot zu Saisonbeginn!」というタイトルのニュースレターが届きました。

Img_2015_09_3840_001

何と、シーズンのオープニングを祝して、9月中のバレエ「MOZART A 2 / DON JUAN」と、オペレッタ「PARISER LEBEN」の2公演限定で、空席を25Euroで販売するというものです。

一人、2枚までという制限付きでしたが、ずいぶん、大胆なことを始めたものです。確かに、この2公演は、お客さまの入りが余り良くなかったので、急きょ、決まったような気がします。

しかし、正規料金で発売日に「PARISER LEBEN」のチケットを1公演分買っていたFeriとしては、複雑な心境。

Feriは、当初、出演者も変わらないので「PARISER LEBEN」は、1回観ればいいかな‥と思っていたのですが、25Euroとなれば話は別。ホイリゲで一杯やりながら、最前列をポチ‥とやってしまいました。まんまとRobert Meyerさんの術中にはまってしまいました(笑)。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

フォルクスオーパー |

« 選挙運動を拝見 | Main | 交通整理なしで大丈夫? »

Comments

文化の違いでしょうか⁉
日本では子供たちがオペラやオペレッタを鑑賞できる機会は本当に少ないと思います。可愛らしい椅子にチョコンと腰かけて鑑賞している姿を想像すると、羨ましいですね🎵日本の歌舞伎座あたりでも取り入れられると嬉しいですけど、難しいでしょうか😓

Posted by: norinecchi | September 30, 2015 at 09:38 AM

norinecchiさま、コメント、ありがとうございます。

ご存じかと思いますが、こちらでも「若者のクラシック音楽離れ」は深刻な問題になっています。

オーストリアでも自国民でクラシック音楽を学ぶ若者が減っているのも頭が痛いという話を聴いたことがあります。

反面、「ファイナルファンタジー」の演奏会やミュージカルなどは、超満員になるとか‥

フォルクスオーパーに限ったことではありませんが、ご年配のお客さまばかりだと、将来性がありませんので、若い人に気軽にクラシック音楽やオペラ、オペレッタ、バレエに親しんでもらうことが大切なのでしょう。

Posted by: Feri | September 30, 2015 at 01:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 選挙運動を拝見 | Main | 交通整理なしで大丈夫? »