« 三辻美耶子さんによるトークショー「山田耕筰と私Ⅱ」 | Main | 臨時更新 難民問題続報 »

September 14, 2015

「Tag der offenen Tür im Wiener Rathaus」がありました

Img_2015_09_4536_001

今日は9月12日に行われた「Tag der offenen Tür im Wiener Rathaus」(ウィーン市庁舎一般公開)の模様をお伝えしましょう。

ウィーン市庁舎内を一般に公開し、ウィーン市の活動全般や施設を、広く一般市民に見てもらおうという行事です。開催時間は10時から18時まででしたが、Feriは12時過ぎに市庁舎へ行きました。

ご存じのように17日から市庁舎前広場で馬術競技大会「Vienna Masters 2015」が行われるため、その準備が佳境を迎えていました。

市庁舎内には両側の入り口(LichtenfelsgasseおよびFelderstrasse)から入るのですが、来月、市議会議員選挙があるため、入り口では各政党がグッズを配りながら、支持を呼びかけていました。

中庭では子供さん向けのイベントが花盛り。また、スタンプラリーをやっているようで、その受付もありました。これは大人も参加できる行事。全てのブースを回り、応募すると、後日、抽選でTwin-City-Linerの乗船券など豪華賞品がもらえるようです。

Img_2015_09_4379_001

中庭のイベントは子供さん向けなので、Feriはさっそく庁舎内へ入りました。

Img_2015_09_4360_001

立派な階段を上りHalbstockへ。一室に、森林局、水道局、動物愛護局など、市の各機関がブースを出しており、各種パンフレットやグッズを配り、盛んに日頃の仕事ぶりをアピール。

グッズはボールペンが多いですが、その他にもキーホルダー、キーバンドなど色々と準備しています。当たり前ですが、来場者も無料のグッズをもらうのに熱心。

会場では水やお菓子などが振る舞われるなど、大サービス。税金が高いから、還元‥という訳でもないのでしょうが‥

また、説明に当たっている職員は、行事の性格上、愛想が良いのが特長。とにかく、部屋の入り口では、盛んにお客さまを招き入れていました。

Img_2015_09_4355_001

また、さらに上の階に上がると、1.Stockでは住宅局の展示が行われている部屋があり、新しいアパートのモデルルームができあがっていました。

今までウィーンで建てられてきた公営アパートの写真なども多数展示されており、興味深い内容でした。

Img_2015_09_4361_001

以前、この ブログでもご紹介したウィーン郊外にある「裾が広がっているアパート」ですが、1976年に建てられたWohnpark Alt-Erlaaという名称であることがわかりました。

かなり大規模な住宅団地のようで、なかなか変わった建物が敷地内に建っているようです。このほかにも色々な形状の市営住宅が建設されていることがわかりした。

ところで、展示に使用されている部屋の立派なこと‥豪華なシャンデリアが印象的でしたね。

Img_2015_09_4364_001

今年は、Ring150年に当たるため、Ring周辺の開発に関する資料も、特設スペースを作って展示されていました。

興味深かったのは各種資料を収めてある資料室です。壁一面が書架になっており、古い図書館のような趣です。通常でも申し込めば資料の閲覧などができるようですが、ちょっと敷居が高いですね。

Img_2015_09_4372_001

ちょうど、資料室内では、音楽の生演奏を行っていたのが、ウィーンらしいところです。

Wiener Linienも展示ブースを出しており、地下鉄建設の模様や、公共交通機関の利用者が大幅に増えていることをアピールしていました。

Img_2015_09_4391_001

1993年と比較すると、2014年には公共交通機関利用者数が、自動車利用数と入れ替わった感じになっていました。つまり、航行交通機関がウィーンの市民生活に役立っている‥という訳です。

来場者の興味を集めていたのは、市議会議場。実際の議場に入り、議員席に座って説明を受けることができるようになっていました。

市議会議員になった気分を味わえるため、記念撮影をする人が多いこと。

Img_2015_09_4396_001

正面にステンドグラスが入った立派な議場で、天井に巨大なシャンデリアが付いています。傍聴席はテラス状になっており、その上には立派な天井画が描かれています。さすがに伝統的な建物にある議場ですね。

隣接する控え室では、議会の様子を紹介する写真なども展示されていましたが、第二次世界大戦当時は、議長席の周囲を制服姿の軍人が固めるなど、なかなか興味深い内容もありました。

Img_2015_09_4393_001

議場の近くの廊下では、歴代の市長および現在の議員の全員の写真が展示されていました。

ご存じの方も多いと思いますが、ウィーンの場合、市長は住民の直接選挙ではなく、市議会議員の選挙で選出されるため、市議会第一党が、どの政党になるかで勝負が決まります。

Img_2015_09_4411_001

現在、Micael Haüpl(ミヒャエル・ホイブル)市長はSPÖ(オーストリア社会民主党)の所属で、1994年以来、20年間、市長を務めているのですが、最近は移民問題などで、自国民優先を打ち出しているFPÖ(オーストリア自由党 )が支持率を伸ばしており、10月の選挙結果が注目されます。

このほか、市のお偉いさんと一緒に写真が撮れるコーナーもありましたが、Feriはパス。

ところで、市庁舎内には、市議会各会派のオフィス(Klub)があるのですが、選挙前と言うこともあり、お客さまの呼び込みに力を入れていました。

Img_2015_09_4358_001

当然、グッズなども盛んに手渡しており、事実上の事前運動。また、政党職員の愛想が良いこと。入り口で立ち止まろうものなら、“さぁ、どうぞ、どうぞ。中に入って我が党の取り組みを見てください”と大歓迎。

正直、ウィーンでこんなに愛想の良い応対は珍しいですね。

Img_2015_09_4409_001

ユーロヴィジョンコンテストのコーナーもあり、マダム・タッソー館から出張してきたブルストさんが展示されていた。

また、教育関係のセクションでは、電子黒板を使った新しい授業のデモンストレーションも行っていたのですが、隣の部屋では、何とアイスクリームの無料配布。

12日は暑かったので、アイスクリームをもらう人で長蛇の列‥ 皆さん、こういったものはめざとく見つけます。また、別の会場ではリンゴを無料で配布していましたね。

Img_2015_09_4373_001

このほか、庁舎内でも子供さん向けのイベントなどが行われていた他、腕に「I❤Wien」とペイントしてくれるサービスもありました。

保健局では、妊婦さんに食事のバランスを取るようにアピールしていたのですが、天秤で野菜や果物と肉類の摂取量を比較した展示が面白かったですね。当然、野菜不足を訴えていたのですが‥

Img_2015_09_4420_001

老人ホームを担当するセクションでも、盛んに新しい市営老人ホームのアピールをしていました。ここでもキーバンドを無料配布。とにかく税金を使って仕事をしているだけに、市民に積極的に活動内容を紹介していたのが印象的です。

市庁舎は古い建物なので、痛んでいるところも多く、現在も継続的に修復作業が続けられていいます。中庭では、その修復事業の様子も紹介されていました。

ホイブル市長は20年の市政を各セクションと一緒になって盛んにアピールするなど、来月の市議会議員選挙を踏まえた「大人の事情」が見え隠れする興味深いイベントでした。

Img_2015_09_4534_001

政党は目立つようにトートバッグを配っているところが多く、ここにもらったグッズを入れて、我が家へ持ち帰る人が多かったようです。

という訳で、Feriの戦利品をご紹介。政党グッズですが、定番のボールペンに加えて、キーホルダーや液晶クリーナー、お菓子などがありました。

Img_2015_09_4535_001

また、興味深いのはスーパーマーケットでカートを使う際、コインの代わりに差し込むトークン。これはFPÖが配っていました。FPÖは気前が良く、使い捨てタイプのガスライターも配っていました。

そして、もう1枚の写真が市当局配布のグッズです。定番のボールペンやキーホルダー、メモパッド、キーバンドなどに加えて「Tag der offenen Tür im Wiener Rathaus」のラベルが付いたMannerのウェハースもいただきました。

こちらの皆さんは、各種グッズをもらうことと投票行動は、必ずしも一致しないようなので、選挙結果はどうなるかはわかりません。

それにしても、お役所のイベントで、各種パンフレットの配布はともかく、これだけ盛大にグッズを配りまくったら、日本では大変な騒ぎになりそうです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 三辻美耶子さんによるトークショー「山田耕筰と私Ⅱ」 | Main | 臨時更新 難民問題続報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 三辻美耶子さんによるトークショー「山田耕筰と私Ⅱ」 | Main | 臨時更新 難民問題続報 »