« フォルクスオーパーの「お子様集客作戦」 | Main | 臨時更新 難民問題続報と鉄道運行情報 »

October 01, 2015

交通整理なしで大丈夫?

Img_2015_08_2479_001

9月は難民問題が発生したため、当ブログに多くの方にアクセスして頂きました。ご旅行でオーストリアにいらっしゃる皆さまのお役に立てたのなら幸いです。

さて、10月最初の話題は「道路工事のお話」です。

日本では年度末になると「大人の事情」から、道路工事が各地で行われるようになりますが、オーストリアの場合、雪が降る冬があるため、道路工事は夏期に行われることが多いようです。

もちろん、大規模な改修工事などは通年行われることもありますが、作業効率を考えると天気が安定している夏期が圧倒的に有利です。

そのため、地方では工事に伴って片側相互通行になる場所が多く、渋滞の原因にもなっています。これだけは、打つ手がありません。

今年、FeriがLungauかRustへ向かう際に利用した97号線でも大規模な工事を実施しており、工事個所を通過するのに20分以上かかりました。この遅れはS6に入ってから挽回しましたが‥

ここは幹線道路なので、当然、信号機の指示で片側総合通行を行っていました。というか、これが当たり前ですよね。

さて、LungauのMauterndorfへ行った時、街の中心部に入る99号線の交差点(三叉路)で片側車線を閉鎖して橋の架け替え工事を行っていました。

Img_2015_08_2480_001

ところが、通過する自動車、Mauterndorf市内へ出入りする自動車、向かいのスーパーマーケットや自動車ディーラーを利用する車と結構、複雑な車の動きがあるにもかかわらず、信号も作業員による誘導はなし。

つまり、ドライバーが目視でタイミングを計って、工事現場を通過するというシステムでした。交通量が極端に少ない場所ならば、わかるのですが、意外と交通量があるので、Feriもびっくり。

正直、最初は入るタイミングがつかめませんでした。

Img_2015_08_2574_001

ただ、いつまでも待っていると、後続車に迷惑がかかります。

こちらの皆さんは、この手の対応に良く慣れているようで、ある程度、間隔が空くと即座に工事現場に進入していました。という訳で、Feriも、皆さんのタイミングを盗んで、現場をスムーズに通過することができるようになりました。

余談ですが、この工事現場に隣接して警察署(2枚目写真の左奥)がありましたが、警察は全く関与していない感じでしたね。

なお、最後の写真は、冒頭にご紹介した97号線の工事渋滞の様子です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« フォルクスオーパーの「お子様集客作戦」 | Main | 臨時更新 難民問題続報と鉄道運行情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパーの「お子様集客作戦」 | Main | 臨時更新 難民問題続報と鉄道運行情報 »