« 番外編 森野由み ウィーンからのごあいさつ~いろいろ散歩道~ | Main | 国民性の違い? »

November 04, 2015

変わったお店シリーズ104 電飾の季節になりました

Img_2015_10_6152_01

日本では10月31日のHALLWOWEENでは、東京・渋谷あたりが大変なことになったようですが、西洋のお祭りをありがたがる日本人というのは、こちらの方には理解できないかもしれませんね。11月は七五三などの伝統的なお祝い事もあるのにねぇ‥

11月に入ると、日本はクリスマスとお正月を見据えた営業活動が同時並行で行われますが、こちらはクリスマス・モードに入っていきます。

特に日が短くなってきたので、電飾が、そろそろ恋しくなってくる季節でもあります。Feriの住んでいるアパートの近くに、LEDの専門店があります。屋号は、そのものずばり「LED SHOP」。

このお店は、本来LEDを使った照明器具や関連商品全般を取り扱っているお店なのですが、気が早く、10月下旬から、クリスマスを見据えた家庭用LED電飾の販売が始まりました。

店頭にワゴンにLED電飾セットを置いてアピールに余念がありません。

Img_2015_10_6017_01

また、このお店はLEDの専門店らしく、昼間よりも営業が終わった夜の方が、ショーウィンドウが魅力的。各種のLED照明や電飾がきらびやかに光っています。

また、お店の看板もLEDを使ったきれいなものですが、正直、夜の方が目立ちます。

ところで、店頭で売っている家庭用LED電飾ですが、てっきり世界の工場・中国あたりで作っているのだろうと思っていましたが、「Made in Austria」の文字が‥

Sn00418_01

全ての製品ではないかもしれませんが、このお店では、オーストリア製のLED照明器具や電飾を取り扱っているようです。ただ、Feriは、LED本体をオーストリアで製造しているのかどうかは、よく知りません。場合によるとアッセンブリーだけを行っている可能性もあるような気もします。

ちなみにお値段ですが、ワゴンセールの特価品ではLED140個を使ったツリー用電飾が19.99Euro、40個のLEDを使ったものが14.99Euroとなっていました。

最後の写真は、日中の同店。やはり、販売しているものがLEDだけに、夜の方が魅力的ですね。

Img_2015_10_6079_01

LEDは電球と異なり、断線による球切れがないので、ツリーや屋外の電飾に向いているのかもしれません。ただ、LEDは、電球などに比べると、冷たい感じの光になるので、この点が、どの程度、カバーできているかがポイントになるような気がします。

ところで、Feriの部屋上に住んでいる方ですが、先日、内側のベランダに電飾を設置しているのを発見しました。ちょっと気が早いような感じですが、もしかしたら、クリスマスの時期だけでなく、通年で、電飾を取り付けている可能性はありますね。

まだ、11月に入ったので、これから街の中でも、電飾を見かけることが増えることでしょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 番外編 森野由み ウィーンからのごあいさつ~いろいろ散歩道~ | Main | 国民性の違い? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 森野由み ウィーンからのごあいさつ~いろいろ散歩道~ | Main | 国民性の違い? »