« どこかで見たようなエンブレム | Main | 不思議な壁画のある建物 »

November 10, 2015

“飲み屋”雑感

Img_2015_09_3920_01

今日はFeriが好きな「飲み屋の話題」をお届けしましょう。

ご存じの方も多いと思いますが、オーストリアではドイツ語が公用語になっていますが、ドイツで使われているドイツ語とは、少し違った「方言」があります。

日本の「飲み屋」(酒場)に相当するドイツ語は「Kneipe」(クナイペ)ですが、Feriは、オーストリアでは、ほとんど聞いたことがありません。

オーストリアで、比較的良く見聞きするのは、「Stube」(ステューべ)、「Beisl ・ Beisel」(バイスル)ですが、「飲み屋」(酒場)とは若干、ニュアンスが違うような気がします。

StubeやBeiselは、ビアやワインを提供する飲み屋(酒場)ではありますが、喫茶や軽食もとることができる飲食店という意味合いが強いと思います。

Img_2014_09_7834_01

Stube」は部屋という意味ですが、ワイン居酒屋では、こちらを使うケースが多いような気がします。

Stube、Beiselも言ってみれば、お酒が飲めて、食事ができる大衆食堂といった感じでしょうか。営業形態としては、フランスの「ビストロ」やイタリアの「タベルナ」と似ているような気がします。

このほか、オーストリアでは、「飲み屋」(酒場)を現す言葉に「Lokal」(ロカール)というのもあるそうですが、Feriは、店名などで見かけた記憶はありません。

Img_2012_08_4253_01

「Lokal」は、日本では「地元」「地方」という意味で使われますが、どういった経緯でオーストリアでは「飲み屋」を意味する言葉になったのかは、残念ながらFeriは存じません。ちなみにLokalは、地元の皆さんが集う大衆酒場に近いニュアンスだそうです。

「Lolal」が若干、高級になると「Gast-haus」(ガストハウス)という名称に変わるそうです。

こちらは、今でもウィーン市内で屋号についているケースが多いですね。地方の「Gast-haus」は、レストランで食事もできる宿泊施設(宿屋)として営業しているところが多くなります。

Img_2004_09_8818_01

Feriも夏のバカンスシーズンにはお世話になることがあります。ところで、Feriも最初は間違えてしまったのですが「Gast-haus」とよく似た言葉に「Gäst-haus」(ゲステハウス)というのがあります。こちらは迎賓館といった意味で使われるそうです。

そして忘れてはいけないのが、Feriが大好きな「Heurige」(ホイリゲ)。こちらも飲み屋でしたね。

Img_2006_05_2376_01

Heurigeは日本では「ワイン居酒屋」として紹介されるケースが多いですが、実際にはビアやソフトドリンクなども扱っており、お店によっては温かい食事のバリエーションも豊富なところもあります。同じHeurigeでも営業形態が様々なのが面白いところです。

しかし、それにしてもオーストリアでは、なんで「飲み屋」に相当する言葉が、これだけ沢山あるのでしょうね。それだけお酒が好きな方が多いのでしょうか?


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« どこかで見たようなエンブレム | Main | 不思議な壁画のある建物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どこかで見たようなエンブレム | Main | 不思議な壁画のある建物 »