« 柿も出回るようになりました | Main | “飲み屋”雑感 »

November 09, 2015

どこかで見たようなエンブレム

Img_2015_10_6420_02

今日は「エンブレムの話題」をお届けしましょう。

10月26日にヘルデンプラッツで行われた「National-feiertag2015」の様子は2015年10月28日にお伝えしましたが、それに関連する話題です。

「National-feiertag2015」では、オーストリア連邦軍の各部隊が展示ブースを出して、日頃の活動をアピールしています。

その中に、AFDRU(AUSTRIAN FORCES DISASTER RELIEF UNIT)という部隊がありました。日本語に訳すと「オーストリア連邦軍災害救援部隊」という感じでしょうか。

オーストリアは、PKOなどにも積極的に参加していますが、永世中立国である特性を活かして、世界各国で大規模災害が発生した際、積極的に救援部隊を派遣しています。

Img_2015_10_6419_01

そのための「常設部隊」がAFDRUで、1997年に今までの経験を活かす形で設立されたそうです。連邦軍の部隊ですが、民間の救助部隊とも連携をとって活動を行っています。

ちなみに本部はニーダーエスターライヒ州Korneuburgにあります。今までに台湾の地震、パキスタンの地震、スリランカの津波などにも派遣されています。

Img_2015_10_6420_01

日本にも国際緊急援助隊が存在しますが、国際協力機構(JICA)が中心となって、被災国の要請により、援助の目的・役割に応じ「救助チーム」(消防庁、警察庁、海上保安庁)、「医療チーム」(医師、看護師)、「専門家チーム」(政府と民間の専門家)、「自衛隊部隊」の4タイプのチームを臨時に編成して派遣するようになっているそうです。

Sn00426

さて、ヘルデンプラッツのAFDRUのエンブレムを観た時に、どこかで見たようなデザインだなぁ‥と思ったのですが、すぐには思い出せませんでした。

その後、気づいたのはFeriが子供の頃、熱心に見ていたイギリスで制作されたテレビ番組「Thunderbirds」に登場する「International Rescue」(国際救助隊)のエンブレムに似ているのではないか…ということです。

ちょっと調べてみましたが、「International Rescue」のエンブレムは片手ですが、やはり要救助者に対して手を差し伸べているデザイン。

Sn00425

AFDRUも同じく、手を差し伸べていますが、下から手が伸びている点が異なりますね。エンブレムの中に地球をあしらっている点は共通でしょうか。

なお、日本の国際消防救助隊員のエンブレムは、握手をしているデザインでした。手を差し伸べるというのは、万国共通のようです。

もちろん、こういった災害派遣部隊が活躍するような大規模自然災害が発生しないのがベストですが、自然災害に関しては、人智の及ぶところではありません。

そういう意味では、こういった部隊で、いざという時の備えをしておくことは、国籍を問わず、大切なことだと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 柿も出回るようになりました | Main | “飲み屋”雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 柿も出回るようになりました | Main | “飲み屋”雑感 »