« 市庁舎前広場にWeihnachtsbaumが立ちました | Main | どこかで見たようなエンブレム »

November 08, 2015

柿も出回るようになりました

Img_2015_10_6076_01

11月に入りましたが、ウィーンでは、比較的おだやかな天気が続いています。さて、今日は「果物の話題」をお伝えしましょう。ただし、ちょっとバタバタしているので、短めの記事でご容赦ください。

秋になると、こちらでも色々な果物が出回るようになります。Feriが好きな「洋梨」(Birnen)もオーストリア産が店頭に並ぶようになります。

Feriも地元産が出ているうちは、もちろん地元の洋梨を買っています。洋梨は、食べるタイミングが難しく、早いと固くてリンゴのような食感。逆に遅くなると、やわらかくなりすぎてしまって、食べることができる部分が減ってしまいます。

そして、日本人にとっては懐かしい果物である「柿」も出回るようになりました。以前もご紹介しましたが、「柿」に相当する外国語がないため、「Kaki」と表示されています。

Img_2015_10_6077_01

ちなみに、柿は日本から1789年にヨーロッパへ、さらに1870年に北アメリカへ伝わったことから、学名にも kaki の名が使われているそうです。

興味があるのは産地です。ヨーロッパではイタリアの生産量が多いようですが、先日、Feriがアパート近くのスーパーマーケットで見かけた柿はスペイン産でした。

どんな味がするのでしょうね。買って食べればわかる話ですが、Feriは、柿はあまり好きではないので、買い物カゴには入りませんでした。ちなみに、Feriが子供の頃に住んでいた家の庭には柿の木が2本あり、この時期になると、柿が実っていたのを思い出します。

ところで、こちらの果物は通常、量り売りですが、この柿は、日本と同じ個数で単価が決まっていました。ちなみに1個0.79Euro、2個だと特売で0.59Euroでした。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« 市庁舎前広場にWeihnachtsbaumが立ちました | Main | どこかで見たようなエンブレム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 市庁舎前広場にWeihnachtsbaumが立ちました | Main | どこかで見たようなエンブレム »