« Wiener Wasser のゆるキャラ“Tim & Trixi“ | Main | 不思議な乗り物、色々 »

November 24, 2015

ウィーン交通博物館RemiseでAdventmarktが開かれます

Verkehrsmuseum_adventmarkt_01

今日は「クリスマス市の話題」をお届けしましょう。

気の早いところでは11月13日からクリスマス市が始まりましたが、アドベントは11月29日からなので、今週末くらいから、ウィーン市内でも色々なところでクリスマス市が始まります。

この中で今年からウィーン交通博物館Verkehrsmuseum Remiseで行われることになったAdventmarktの情報をお届けしましょう。

ウィーン路面電車博物館時代は冬期休館だったので、Adventmarktとは無縁だったのですが、ウィーン交通博物館に衣替えしてからは、通年開館となり、今回のAdventmarkt開催に至ったようです。

開催期間は11月28日から12月13日までと、ちょっと短めです。また、開催日も水曜日から日曜日までとなっています(月曜日、火曜日はお休みということですね)。

そして営業時間ですが、水曜日から金曜日までが、15時00分から21時00分まで。土曜日・日曜日が10時00分から21時00分までとなっています。

Verkehrsmuseum_adventmarkt_02

博物館の営業時間と必ずしもリンクしていないのが面白いですね。

まだ、開催前なので、Wiener Linien発表の資料による情報ですが、Adventmarktでは定番の飲み物Bio-Punschをはじめ、焼き栗(Maroni)、各種の軽食などが提供される他、クリスマス関係のグッズも販売される予定になっています。

特に交通博物館なので、路面電車などに関連したクリスマスグッズやプレゼント用の商品も用意されるようです。

さて、ウィーン交通博物館のAdventmarktでハイライトとなるのは、全長20メートルのカーリングレーン開設です。利用には別途料金が必要なようですが、クリスマス市でのカーリングレーンというと旧AKH会場にもありました。

若い人を中心に意外と盛り上がるのですよね。なお、料金時間帯によって異なっています。ちなみに10時から15時までが25Euro、15時から21時までが35Euroだそうです。要するに夜間は「大人料金」という訳でしょう。考えましたね。

Verkehrsmuseum_adventmarkt_03

このほか、クリスマスリースを制作するワークショップ(11月28日に開催。有料で事前申し込み制)や、子供さん向けの各種イベントなどが開催されるなど、通常のクリスマス市とはひと味違った内容が企画されているようです。

Feriは、オープン初日には行くことができないのですが、28日には11時から17時まで、動態保存されているオールドタイマーの運転も行われる予定になっています。当日はウィーン交通博物館周辺を無料で遊覧運転するようです。

なお、例年、大手ベッカライチェーンStröckがスポンサーになり、カールスプラッツを起点にリンクを走るクリスマス・トラム(Weihnachts-Bim)ですが、今年は11月28日から12月20日まで、毎土曜日・日曜日・祝日に運転される予定になっています。

Feriも、12月に入って時間がとれたら、一度、ウィーン交通博物館のAdventmarktをのぞいて見ようと思っています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Wiener Wasser のゆるキャラ“Tim & Trixi“ | Main | 不思議な乗り物、色々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Wasser のゆるキャラ“Tim & Trixi“ | Main | 不思議な乗り物、色々 »