« 謎のピクトグラムシリーズ Seestadtオリジナル | Main | 工事現場のオアシス »

December 02, 2015

臨時更新 鉄道運行情報 RailJetのMünchen乗り入れ再開

Sn00445

しばらく運転中止が続いていたらRailJetなどの優等列車のMünchen Hbfへの乗り入れが、11月27日から再開されました。ダイヤも平常どおりに戻っています。そのため、臨時更新は、本日でひとまず終了する予定です。

今後、大きな変化があった場合は、臨時更新で情報をご提供します。なお、ÖBBでは、国境を通過する列車に乗車する場合、パスポートを所持するように案内しています。

難民問題に関連する鉄道運行の臨時更新です。

27日からRailJetなどの長距離列車のミュンヘン直通が再開されました。

12月1日、朝の鉄道運行情報です

○オーストリア国内
現時点では、難民輸送の関係でオーストリア国内のダイヤが乱れているという情報は入っていません(Salzburg Hbf-München Hbf間の長距離列車を除く)。

Salzburg-Freilassing間のローカル列車については、現在、変則ダイヤになっており、12月12日までの時刻表が発表されています。詳しくはこちらから。

このほか、オーストリア国内を運行するWestBahnもダイヤどおり運行されています。

○ドイツ方面
10月27日から、RailJetなどの優等列車のMünchen Hbf乗り入れが再開されました。28日から正常ダイヤに戻っています。

なお、München-Graz、Klagenfurt間のを結ぶECについては、一部、国境検査の関係で運行規制が続いています。ただし、EC111については、11月10日から例外的に全区間で通常どおりの運行が再開されています

ドイツ内を経由するKorridorzug(ドイツ内無停車)については、本来の運行ルート(ドイツ内経由)に戻っており、大きな遅れも発生していません。

Wien HbfからPassau Hbf経由でドイツに向かうICEについては、通常どおり運行されていますが、ローカル列車については、国境検査の関係で、若干の遅れが出ているようです。

さらにInnsbruck Hbf-München Hbf間(Kufstein経由およびMittenwald経由)も、通常どおり運行されています。ただし、混雑している列車もあるので、その点は現地でご確認ください。

○ハンガリー方面
9月18日からハンガリー方面への直通列車(RailJetなど)運転が再開されましたが、現在、通常どおり運行されています。ハンガリーとクロアチアの国境が封鎖されたため、オーストリア-ハンガリー間の鉄道輸送は、今後、大きな混乱が生じる可能性は低くなりました。大きく状況が変わらなければ、ハンガリー方面への鉄道旅行は大丈夫でしょう。,

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース |

« 謎のピクトグラムシリーズ Seestadtオリジナル | Main | 工事現場のオアシス »

Comments

この様子では相当逼迫している状況が続いていますね。
ザルツブルクまではレイルジェットもWestbahnも動いているとは言え、その先が運行停止状態が続いているとなると、かなり大変ではないでしょうか?

12月のダイヤ改正まであと2月足らずとなり、果たしてダイヤ改正までその運行停止は続くのか、それとも来春まで継続するのか、先が読めない状況は続きそうです。こればかりはドイツ政府の考え次第になりそうですし・・・

Posted by: おざきとしふみ | October 18, 2015 18:39

こんにちは、初めてコメント書かせていただきます、紺色と申します。
私事ですが、10月末から11月初頭までウィーン旅行予定です。ウィーン滞在中にザルツブルクへ電車での日帰り旅行を計画しており、電車のダイヤなどを調べていたところ、こちらに辿り着きました。お忙しい中、日本では調べにくい詳細な情報をアップしていただき、大変感謝しております。
2週間ほど前にウェストバーンでウィーン〜ザルツブルク往復の乗車券を購入しました。国内移動なので大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、記事にも書かれているようにハンガリー・クロアチアの国境が封鎖されたり、状況が流動的でハラハラする日々です。
ご無理のない範囲でまた情報を共有していただけますと幸いです。また訪問させていただきます。

Posted by: 紺色 | October 18, 2015 23:44

紺色さま

WestBahnは国内運行だけなので、ほとんど影響はありません。ご安心ください。

特にハンガリーから流入する難民が少なくなるので、Wien-Salzburg間の鉄道輸送は問題が少なくなっています。

Salzburg経由でMünchenへ行く場合だけが、現在は問題になっています。

ただ、Salzburg Hbfが難民輸送などの関係で混雑しているようなので、その点を踏まえてSalzburgからWienへ戻る際は、早めに駅へ行かれた方が良いと思います。

Posted by: Feri | October 19, 2015 09:26

Feri様
詳しい情報をご提供いただき、まことにありがとうございます。自分の行動範囲にはあまり影響がなさそうとのことで、とても安心いたしました。
駅に早めに向かう点はしっかり守って楽しい旅行にしたいと思います!

Posted by: 紺色 | October 19, 2015 21:53

こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。
難民についての情報を探していて詳しく情報をのせてくださっているので、大変ありがたいです。
仕事の関係で、11/16-20にオーストリアのフォアアーベルク州とドイツのバイエルン州へ行く予定です。
オーストリアとドイツは現地の方のガイドで車移動します。
その後、11/21にミュンヘンからイタリアのベネチアへ飛行機移動します。
日本では難民問題の現状について、外務省の公開情報でも詳しく乗っていないので、現地情報をいただけると助かります。

Posted by: キコリ | November 09, 2015 15:01

キコリ様

現地の方がアテンドしていただけるのであれば、安心かと思います。

自動車の場合も、オーストリア、ドイツ間の国境で入国審査が入っているので、若干、時間がかかるかと思われます。

陸路での移動に関しては、時間に余裕を持たせた方が良いでしょう。

なお、空路の移動に関しては、ルフトハンザのストライキ以外は、大きな問題は発生していません。

Posted by: Feri | November 09, 2015 20:56

Feri様

丁寧な返答大変ありがたいです。
オーストリア、ドイツの国境で入国審査ですね。

ルフトハンザのストライキは13日までとの情報が
ありましたが、確実ではないので
定期的にチェックしていこうと思います。

初めての出張なので、不安いっぱいですが、
相談させていただいて本当に良かったです。
ありがとうございました!!!

Posted by: キコリ | November 10, 2015 23:08

キリコ様

何かご質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ。わかる範囲で情報をご提供したいと思います。

Posted by: Feri | November 11, 2015 14:44

もうそろそろ冬ダイヤ改正が近いですけど、今回のテロ事件を考えるとドイツ~オーストリア間の国際列車の全面運転再開はまだ厳しいのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | November 23, 2015 18:17

おざきとしふみ様

ダイヤ改正まで一ヶ月を切りましたが、結局、ドイツの腹づもり次第‥という感じですね。

今回のテロで、オーストリアにもテロリストが潜伏していた時期があることがはっきりし、国境での検査も更に厳重になると思います。

ダイヤが大幅に乱れますので、逆に直通運転を取りやめていた方が、影響が少ないのかもしれません。

Posted by: Feri | November 24, 2015 08:47

そうですか、これはかなり厳しい状況は続きそうですね・・・

今回のテロの犯人が捕まるのと、難民問題にメドが立つまでは運休状態が続きそうですけど、ダイヤ改正後も運休が続くと何かと不便な事には違いないでしょう。

今後どうなってしまうのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | November 24, 2015 22:59

おざきとしふみ様

今後、危惧されるのは国境検査の厳格化です。今まで、鉄道では国境検査は事実上、省略されていたので、スムーズに運行ができましたが、仮に国境での検査が始まると、現状のダイヤ維持は困難だと思います。

その昔、東西冷戦時、東ドイツから西ドイツに入る際には、国境で1時間以上停車して、徹底的に調べていました。

さすがに、今すぐそういった状況になるとは考えられませんが、現時点では予想がつきませんね。

Posted by: Feri | November 25, 2015 08:48

厳格化に関してですが、パリ~ブリッセル~アムステルダム、ケルン間を結ぶ高速列車タリスに乗車する際に、手荷物検査を実施すると新聞に掲載されていました。とりあえずはⅹ線検査をする機械を導入するとの事で、12月のクリスマスまでに導入するそうです。導入する駅はパリ北駅とリール駅だそうです。

停車駅の少ないタイプならまだ何とかなりますが、停車駅の多いタイプではどうなるのか、またオーストリアでも同様な事を実施するのか、気になります。ドイツ側が運行再開の条件にオーストリア側に国境検査の厳格化を求める可能性は高そうですし。

Posted by: おざきとしふみ | November 25, 2015 13:33

やっとミュンヘンへのレイルジェットの運転が再開したので、ホッとした反面、難民問題が根本的に解決されていない現状ではまたいつ運行停止になるのか気になります。

現状ではオーストリアを最終目的地ではなく、隣のドイツや北欧諸国へ目指す難民が多いので、まだしばらくはレイルジェットの混雑が続きそうです。(まぁ、オーストリアという難民も居るでしょうけど、数は少数でしょう。家族を呼び寄せるとかは別としても。)

12月になり、これからどうなるのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | November 29, 2015 00:35

おざきとしふみ様

難民問題は当面、解決の兆しが見えませんし、ドイツも受け入れが限界に達しているため、途中で、滞留するケースも増えているようです。

それに加えてテロの脅威があるので、当局としても頭が痛いところだと思います。

Posted by: Feri | November 29, 2015 17:13

昨日Wien旅行から戻りました。
以前紹介して下さったMannerの工場併設のSHOPにも行って、お土産を購入しました。
家人が一番の楽しみにしていたのがリニューアルした交通博物館です。
旅行中に、情報を下さったのですが、残念な事にイベントは帰国する日からでした。
でも23日に行ってきました。
開館直後だったので私達だけ。
係りの方が是非!と、見学コースの順番も無視して引率してくださったのがSimulation。
U1のLeopoldau迄の運転を体験できました。
その後小学生や高校生?のグループが次々に訪れてきたので、それを見越して先に案内してくださった様です。
勿論その後、見学コース順にゆっくり見学しました。大人も楽しめる素敵な場所でした。
《難民問題》もまだ何も先が見えない状況での旅行でしたが、また沢山の思い出が作れた旅でした。
携帯していたタブレットからコメント出来ず、帰国してからの長文で申し訳ありません。
是非ともお礼を伝えたくて。
有り難うございました。

Posted by: necchi | November 30, 2015 23:42

necchi様、ご連絡、ありがとうございます。

Mannerの工場併設のSHOPや交通博物館でお楽しみになったようで何よりです。

シミュレーターは平日でも意外と人気があって、必ず誰かがやっています。日本のように本格的ではありませんが、それなりに楽しめると想います。

また、ご無事でご帰国、なによりです。

これからも、時間が許す限り、皆さまに楽しんでいただける情報をお届けしたいと想っております。

Posted by: Feri | December 01, 2015 17:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ Seestadtオリジナル | Main | 工事現場のオアシス »