« クリスマスセールが大賑わい | Main | 今年も開催 フォルクスオーパー・ソリスト組合主催「Weihnachtsbazar」 »

December 21, 2015

WEIHNACHTSBIMの運転が終わりました

Img_2015_12_1805_01

アドベントも4週目に入り、クリスマスも間近に迫ってきました。

11月28日から土曜・日曜・祝日に運転されていた恒例のWEIHNACHTSBIM(クリスマストラム)も、12月20日の日曜日が最終運転日でした。

好き者のFeriは、12月5日も見物に行ったのですが、最終日を前にして、もう一回、見てきました。19日は運転が始まる午後から霧が濃くなり、クリアな写真を撮ることは叶いませんでしたが、霧の中を走るWEIHNACHTSBIMというのも、ウィーンらしいかもしれません(負け惜しみ‥)。

Img_2015_12_1773_01

運転開始前の記事でもご紹介したように、WEIHNACHTSBIMは大手ベッカライチェーンのStröeckがスポンサーになっており、Wiener Linienの協力で運行されているものです。

Karlsplatzを起点にリンクを右回り(外回り)に一周し、途中、Schwadenplatz、Schottentor、Rathausplatzに停車します。この三箇所では乗車、降車も可能。

今年は料金が4.5Euroに上がりましたが、Ströeck提供のKRAPFEN(クラプフェン)が提供されるので、かなりお得です。

車体のラッピングは毎年同じですが、派手なので注目を集めます。ちなみに車両は4033号(動力車)と5356号(トレーラー)の2両編成です。

乗務員さんがサンタクロースや天使のコスチュームを身につけているので、これもまた人気。

天使のお姉さんは、だいたいかわいらしい方が起用されるので、Karlsplatzでは、一緒に記念撮影を撮る方が多いですね。

Img_2015_12_8034_01

WEIHNACHTSBIMとは別に、お菓子メーカーのMannnerがチャーターしている特別電車(Christkindk-Sonderzug)も運転されています。こちらは平素からMannerカラーになっている電車にクリスマス用の装飾を施したものです。こちらも運転ルートはWEIHNACHTSBIMと同じです。

なお、19日は、さらに路面電車博物館の動態保存車を使った団体用のチャータートラムも運行されており、リンクは変わった路面電車が頻繁に走っていました。

料金収入は毎年、寄付されることになっているので、「楽しく乗って社会貢献」という趣旨もウィーンらしいところ。

Img_2015_12_8045_01

今年は12歳以下の子供さんは無料になったので、とりわけ人気が高まったような気がします。もちろん、子供連れのファミリー層だけでなく、大人のグループも結構、乗っています。

ところで、この車両は小型なので、ベビーカーを車内に持ち込むことはできません。が、裏技が用意してあり、ベビーカーを持っているお客さまは、乗車中、後部のデッキにベビーカーを預けるようになっています。そのため小さい子供さんを連れた方も気軽に利用できるという訳です。

Img_2015_12_8046_01

好き者Feriも、またまた乗ってみたのですが、ここで面白いエピソードをご紹介しましょう。お客さまに笑顔でKRAPFENを配っている「天使のお姉さん」ですが、何とFeriの乗った便にお姉さんのご両親が登場。

どうも地方にお住まいのようで久しぶりに娘との再会‥という雰囲気でした。なぜ、ご両親とわかったかと言えば、お姉さんとお母さんの顔がそっくり。また、目元はお父さんに似ている感じです。

娘の晴れ姿を見にやってきたようで、実際に料金を払って、Feriの乗った便に乗車していました。

Img_2015_12_1843_01

天使のお姉さんが、ご両親に色々と車窓の説明をしていたのが印象的でした。また、同僚の乗務員さんが記念写真を撮っていましたね。

ところで、クラプフェンは、こちらではポピュラーなお菓子ですが、揚げてある上に、中にジャムがたっぷり入っており、粉砂糖付きですから、高カロリー。食べ過ぎると間違いなく太ります。でも人気のあるお菓子なのですよね。

乗車中にお召し上がりになるお客さまが多いですが、袋に入っているので、お持ち帰りも大丈夫です。

Img_2015_12_1828_01


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« クリスマスセールが大賑わい | Main | 今年も開催 フォルクスオーパー・ソリスト組合主催「Weihnachtsbazar」 »

Comments

霧で霞んだ感じも素敵ですね🎵
先週土曜日に、テレビの番組でウィーンが紹介されました。
ラートハウスのクリスマス市も取り上げられましたよ。

Weihnactsbimの《天使のお姉さん》のエピソード、微笑ましいですね😊

krapfen大好きです🎵
口の回りを粉糖で白くしながら食べるのも、楽しいです🎵
以前シェーンブルンのクリスマス市で、揚げたてにその場で好みのジャムやクリームを入れてくれる屋台があったのですが、今年はみかけませんでした😔
他のクリスマス市でも、その代わりなのか、バームクーヘンの屋台が多くなりましたね。

Posted by: necchi | December 21, 2015 at 11:40 PM

necchiさま、こんにちは。

確かにバームクーヘンの屋台は増えましたね。何か流行があるのでしょうか。

Posted by: Feri | December 22, 2015 at 05:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマスセールが大賑わい | Main | 今年も開催 フォルクスオーパー・ソリスト組合主催「Weihnachtsbazar」 »