« フォルクスオーパー「Die Csárdásfürstin(チャールダーシュの女王)」セカンドクルーの仕上がりは‥ | Main | 洒落た集合住宅FloraHof »

January 03, 2016

Flughafen Wien連絡新線に乗りました

Img_2015_12_8700_01

ご存じのようにオーストリアでは1月1日は祝日ですが、2日以降は平常モードに戻ります。ただ、2016年は2日が土曜日、3日が日曜日のため、日本と同じように、実質的には4日から平常モードになります。

年末はテロ警戒の情報ももたらされましたが、幸い、大きな出来事もなく、無事にシルベスターを迎えることができました。

さて、今日は「鉄道の話題」をお届けしましょう。

2014年12月のダイヤ改正で、Wien HauptbahnhofからFlughafen WienまでICEが直通運転されるようになりました。その後、2015年12月13日のダイヤ改正からはICEに代わって、ÖBBのRailJetとICが1日、36本乗り入れるようになりました。空港連絡新線が本格的に稼働したことになります。

昨年、この空港連絡新線を使ってFlughafen Wineへ行く機会があったので、その様子をお伝えしましょう。

まず、2015年12月ダイヤ改正の記事でもお伝えしたようにFlughafen Wienへ乗り入れるのはWienとSalzburg方面を結ぶRailJetとICです。ただ、西鉄道のRailJetについては、ブダペスト方面へ向かう列車もあるため、結構、複雑な運用をしています。

Img_2015_12_8683_01

具体的には、西鉄道のRailJetは、InnsbruckとMünchen方面の列車を、Salzburg-Wien間を2ユニットで運転する列車が多くなっています。そのためHauptbahnhofで分割・併合(切り離しや連結)を行っているのです。

つまり、Salzburg-Wien Hauptbahnhof間は2ユニットで走り、Hauptbahnhofで前方の列車(Innsbruck方面発)がFlughafenへ、後方の列車(München発)がブダペストへ向かうというパターンが多いようです。

また、逆の場合もHauptbahnhofに到着したFlughafen発のRailJetの後方に、ブダペストから来たRailJetが連結されるようになっています。連結と切り離しを行う関係で、Hauptbahnhofでの停車時間が長くなっているのが特長です。

Img_2015_12_8686_01

なお、電気機関車が通常の客車を牽引するICについては、分割・併合はなく、単純な運用になっています。

また、運用の関係でFlughafen Wien-Wien Hauptbahnhof間というRailJetも設定されています(Flughafen16時33分発のRJ955など)。

このほか、HauptbahnhofでGraz方面から到着したRailJetと、Flughafen行きのRailJetが接続するダイヤになっている時間帯もあります。

2015_wien_hbf_b

さて、Hauptbahnhofを発車したRailJetは、しばらくブダペスト方面へ向かう線路を走ります。その後、ウィーン市外へ抜ける直前にある貨物操車場(中央墓地に接する場所にあります)から新線に入ります。

新線は操車場を陸橋でオーバーパスして、CATやS7などが走る路線と合流し、Flughafenへ向かいます。運転本数が比較的少ないにもかかわらず、連絡線は複線になっています。

所要時間は最短16分程度(列車によって時間が若干異なります)で、ノンストップです。

Sn00458

Flughafen Wineでは、従来ICEが使っていた2番線に加えて1番線も使っています。時間帯によっては、1番線と2番線の両方にRailJetが並ぶというケースもあります。

Feriが乗車したのはInnsbruck発のRJ861列車(鉄道175周年記念塗装のRailJet)でしたが、Flughafen到着後、しばらくすると隣のプラットホームにBregenz行きのRJ862列車(機関車はPOZIZEI号)が入線してきました。

興味深いのは列車到着後、乗客が下車すると一旦、Fischamend方面に列車が引き上げると言うことです。ただ、Feriは、Flughafen Wienで下車したため、どこまで引き上げるのか、折り返し専用施設が新設されたのかは、残念ながら確認していません。

Img_2015_12_8692_01

ICEの時は、プラットホームに停車させたまま、折り返しをしていました。これは機関車牽引のICが乗り入れているため、機関車を付け替えるための措置だと思われます。

RailJetはプッシュプル方式なので、プラットホームに停車させたまま折り返しをすることも可能ですが、本数が増えてS Bahnの発着との関連もあり、一旦、引き上げる方法を採用しているのかもしれません。

このほか、食堂車への資材積み込みなどは、Flughafen Wienで行っている様子はなく、どうもHauptbahnhofで停車中に行っている模様です。

Img_2015_12_8696_01

考えてみるとFlughafen Wienに列車用のケータリング施設を別途作るのは、無駄が多いですからね。

実際に乗ってみると、Salzburg方面からFlughafenまで直通で乗車するお客さまが、意外と多い印象でした。クリスマスシーズンで移動が多い時期だったことも関係しているのかもしれまえせんが‥ ただ、Hauptbahnhofから乗車するお客さまは、まだ十分に知られていないため、少ないようです。

ちなみに料金は、VORの管内なので、市内2区間(2.2Euro×2)で利用することができます。当然、有効なウィークリーパスやマンスリーパスを持っていれば、1区間分の追加で利用することができます。

Img_2015_12_8704_01

空路の場合、Wine-Salzburg間のフライトタイムは50分ですが、実際には空港への移動や搭乗手続き、待ち時間などを含めると、2時間は必要でしょう。

一方、ÖBBのRailJetを使うと2時49分。微妙な時間ではありますが、空港直通のRailJetやICは30分間隔で運転されていることを考えると、今後、知名度が上がれば、鉄道利用者が増える可能性もあると思います。何しろ、乗り換えがありませんから。

Img_2015_12_8699_01

実際、オーストリア航空とのコードシェア便(OSのフライトナンバーが付いている列車)も設定されており、空陸一体になった輸送改革を推進しようという意図が明確になっています。

日本では、国土交通省が発足したあとも、このように空陸の連携を強化することで、旅客の利便性を向上させる政策が立案されないのが、残念でなりません。

Img_2015_12_8706_01

余談になりますが、Feriのアパートは5区にあり、Hauptbahnhofまで最寄りの停留所から13Aのバスを使えば15分もかかりません。

今までは、PilgramgasseからU4でMitteまで出て、S7を使うことが多かったのですが、時間が大幅に短くなり、便利になりました。

気になるのは、お値段が高いCATです。実際、Mitte周辺のホテルをご利用の方は、便利だと思いますが、Mitteから乗り換えて移動するのであれば、Hauptbahnhofへ出ても同じような気がします。
ぜひ、皆さまもご利用を検討されてはいかがでしょうか。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« フォルクスオーパー「Die Csárdásfürstin(チャールダーシュの女王)」セカンドクルーの仕上がりは‥ | Main | 洒落た集合住宅FloraHof »

Comments

Feriさん初めまして。
2月にウィーンへ旅行で行くため、こちらで勉強させていただいてます。
現地で生活している方ならではの情報だけでなく、観光客が気になるであろう話題も取り上げられていて、大変参考になります。

今回このFlughafen WienとWien Hauptbahnhof間の鉄道移動は、まさに今私が知りたかった話題でしたので、思わずこのようなコメントを残させていただいておりますが、もしご迷惑でしたらお手数ではありますがメールからでも教示いただけたら嬉しいです。

オーストリア航空でウィーン空港着後、中央駅まで直通の電車で移動を考えており、時刻表と料金を知りたくて交通機関のサイトから調べてみました。

VORのサイトでの結果、
17:33
Flughafen Wien Bahnhof (2)

RJ 755 Railjet

17:48
Wien Hauptbahnhof (7AC)

料金はFeriさんがおっしゃっている通り、2区間分の4.4ユーロ。
しかし、ÖBBのサイトから同じレイルジェット755便(便名と発着時間からしても同じものと思われます)を見てみると、2等で8.60ユーロという結果です。

日本のように乗り込んでから乗務員さんに追加して支払うことが出来ずに即罰金、ということが怖いため、質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

日本では大寒波が来て、関東で暮らす私は『来月のウィーンはこれより寒いんだろうか‥』と訓練のつもりでいます。
雪景色のウィーンも素敵だと思うのですが、飛行機が飛ばないような状況にならないことを祈っています (^-^;

Posted by: のんのん | January 26, 2016 17:45

のんのん様

お役に立てて光栄です。

さて、以前もご質問があった内容ですが、VORの情報が正解です。シュヴェヒャート駅の自動券売機で、2区間分のチケットを購入すれば乗車可能です。

なお、シュヴェヒャート空港は比較的雪に強いので、閉鎖になることは希です。

ただし、それ以外の理由でOS51便、OS52便が運休となる場合がありますので、その点は当日にならないと何とも言えないと思います。

それでは良い旅を!!

Posted by: Feri | January 26, 2016 21:09

お返事ありがとうございます。
重複してしまったようですいませんでした。
でもおかげさまで不安が一つ解消されました。
因みに、帰りはFeriさんの他の記事で知ったred cabを利用するつもりでいます。
これからも更新を楽しみにしています。

Posted by: のんのん | January 28, 2016 13:58

のんのん様

ご質問は大歓迎です。お気遣いなく。

RedCabは面白いシステムで、当日、秋のある車を配車するので、セダンでオーダーしていても、バンが来ることもあります。もちろん、料金は最初にリクエストしたものなので、大きな車が来てもご心配なく。

あと、CATもMitteでチェックインができるので、便利なのですが、高いですしね‥ Mitteから徒歩圏にホテルがあれば、お勧めです。

Posted by: Feri | January 28, 2016 15:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパー「Die Csárdásfürstin(チャールダーシュの女王)」セカンドクルーの仕上がりは‥ | Main | 洒落た集合住宅FloraHof »