« 洒落た集合住宅FloraHof | Main | アイススケートリンク周辺の再開発計画 その後 »

January 05, 2016

これはご機嫌なピザカッター

Img_2015_12_7969_01

ウィーンは過ごしやすかった昨年末から一転、本来の冬モードになり、気温も氷点下になりました。

さて、今日は短めの記事でご容赦ください。「おもしろグッズの話題」をお届けしましょう。

先日、Karlsplatzにあるウィーン市博物館のミュージアムショップに立ち寄り、何か、新しいグッズはないかと物色したことがあります。

以前、木製の「ウィーン市の標識」を販売していたことがあり、友人にプレゼントしたところ、喜ばれたので、何か面白いものはないかと考えた訳です。

あいにくウィーンに関連した面白いグッズはありませんでしたが、代わりに見つけたのが写真の商品です。

一見すると「おもちゃの自転車」のようですが、タイトルからもわかるように自転車型のピザカッターです。商品名は「FIXIE PIZZA CUTTER」(Ride fast over your pizza)と言い、使わない時はスタンドに挟んでディスプレイすることができます。お値段は17.95Euroでした。

しかし、アイデアとデザインが出色です。さすがヨーロッパの商品だと感心してしまいました。

後日、商品のパッケージに印刷されていたアドレスから、製造している会社を探したところ、「doiy.」というブランドであることがわかりました。

残念ながらオーストリアではなく、スペインに本社があり、ElodieとJaimeという2人の若い企業家により2008年に生まれたブランドでした。

Sn00463

「Happy Design Gifts」というラインナップで、発売している商品はLifestyle、Office、Party、Home、Kitchen、Kidsというラインナップがあります。

今回、ご紹介した「FIXIE PIZZA CUTTER」は、Kitchenのカテゴリーです。オンラインカタログを見ると、もっと面白い商品が沢山ありました。

外国人の若い方はパーティ好きですから、パーティグッズが充実しているのは、よくわかります。

Sn00462

例えば、ドーナツ型のタブレットスタンド、アイスキャンデー柄の靴下、サンドウィッチ型のメモパッド、アイスキャンデー型マーカー、サラミ型のメモパッド。


まぁ、このあたりまでは、何となくわかるのですが、すごいのはインスタントカメラ型のトイレットペーパーホルダー(写真が出てくるところからトイレットペーパーが出てきます)、ロケットスタイルの目玉焼き型などなど、まぁ、よく考えたものです。発想の柔軟さに驚くばかり。

その中で、一番驚いたのが、「KOINIBORI TRAVEL LAUNDRY BAG」(鯉のぼりの間違えですね)。

Sn00464

旅行の際、洗濯物を入れるバッグですが、鯉のぼり型というのがミソ。誰がこんなアイデアを思いついたのでしょうか。正直、脱帽です。

なお、日本にも代理店があるので、既にご存じの皆さまもいらっしゃるかもしれませんね。また、Amazon.comなどで購入できるようです。

ところで、ウィーンの博物館に併設されているミュージアムショップでは、このように直接博物館と関係が薄い商品を販売していることがあります。

その傾向が最も顕著なのが、ご存じ、旧市街にあるKunstforum Wienです。ここは、本当に興味深いグッズを沢山販売している上に、品揃えが頻繁に変わるので、要チェックのスポットです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« 洒落た集合住宅FloraHof | Main | アイススケートリンク周辺の再開発計画 その後 »

Comments

確かに美術館、博物館のSHOPは要チェックポイントですね🎵
《KOINIBORI》(笑)成る程、こうきますか❗と唸ってしまいました😁

Posted by: necchi | January 05, 2016 22:29

necchさま、コメント、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

ウィーンの美術館で「KOINIBORI TRAVEL LAUNDRY BAG」が発売されていたら面白かったのですがね。

Posted by: Feri | January 05, 2016 23:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 洒落た集合住宅FloraHof | Main | アイススケートリンク周辺の再開発計画 その後 »