« またまた出現 ロンドンバス | Main | 番外編 ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート »

January 08, 2016

ラッピングRailJet

Img_2015_12_7774_01

昨年末、オーストリアは全国的に気温が高かったため、スキー場に雪が降らず、大変でした。幸い、年明けから気温が下がり、例年のように雪も積もり、関係する皆さまは一安心といったところだそうです。

さて、今日は「RailJetの話題」をお伝えしましょう。

今やÖBBの看板車両となったRailJetですが、以前、このブログでもご紹介したように特別塗装バージョンが存在します。

Img_2015_12_1663_01

まず、オーストリアの鉄道175周年を記念して赤と白に塗り替えたバージョン。塗り分けがリボン状になっており、華やかなデザインです。

記念イヤー終了後は、同じ塗装で「Ski-WM railjet」(スキーワールドカップPR仕様)に衣替えして、現在でも運行されています(第49編成、機関車は1116-249)。こちらのスポンサーはSIEMENSです。

Feriも、先日、久しぶりに乗りました。最も車内は通常のRailJetと一緒ですが‥

そして、もう一つがオーストリアのスキーナショナルチームを応援するバージョン「Ski Austria railjet」です(第51編成)。

Img_2015_12_1740_01

こちらは2013年10月に誕生したもので、濃淡のブルーに白を配したデザインです。もちろん、専用機関車(1116-251)も準備されています。

ちなみに、こちらのスポンサーは、携帯電話でおなじみのA-1です。

さらに、Feriは、まだ見たことはありませんが、2015年6月から運行を開始したのが、「ÖFB railjet」と呼ばれる新しいラッピングRailJetです。ÖFBはサッカーに詳しい方ならご存じかと思いますが、Österreichischen Fußball-Bundes(オーストリアサッカー協会)です。

オーストリアのナショナルチームを応援するため、オーストリアサッカー協会のスポンサーが資金を提供してRailJetをラッピングしたようです。

ただ、客車1両毎に協賛企業が違うため、前者の二つと異なり、ラッピングに統一性はありません。

Img_2015_12_7773_01

そして、今日、ご紹介するのが2014年10月から運行をはじめた「The Red Bulletin Fashion-Train」。メインスポンサーは、ご存じのRedBull。そしてオーストリアを代表するファッション関係企業のPRを、RailJetで行っているものです。

客車1両毎に企業が割り当てられている上に、ファッション関係なので「ÖFB railjet」以上に統一性がありません。また、「The Red Bulletin Fashion-Train」の特長は、単なるラッピングだけではなく、客車のベースカラーまで、企業のイメージに合わせて変えてしまっている点です。

広告主は、以下のようになっています。運転室のある先頭車がRedBull。今日は、せっかくなので、今回は全車を写真でお目にかけましょう。

Img_2015_12_7772_01

2号車:Fussl Modestraße

Img_2015_12_7775_01

3号車(一等・食堂車合造車):S.Oliver

Img_2015_12_7776_01

4号車:Kleider Bauer

Img_2015_12_1731_01

5号車:Kleider Bauer

Img_2015_12_1730_01

6号車:Diesel

Img_2015_12_1729_01

7号車:Hervis

ちなみに、「The Red Bulletin Fashion-Train」ですが、第48編成が塗替られました。

専用の機関車もあるようですが、Feriが見た時には、通常バージョンの1116型でした。最近は、日本でもラッピング電車が増えてきていますが、長距離列車をラッピングして企業をPRするという例は見た記憶がありません。さながら新幹線をラッピングしてしまったようなものでしょう。

Img_2015_12_1733_01

しかも、RailJetなので、ドイツやスイス、ハンガリーなどにも乗り入れるので、その効果は期待できる‥と考えているのだと思います。

ちなみにFeriがHbfで見かけた日、「The Red Bulletin Fashion-Train」は、Hbfからブダペストへ向かって旅立っていきました。

民営化されているÖBBとしても、広告収入が入るため、この手の施策には積極的な用です。

ところで、2014年11月15日の記事でもお伝えしたように、ÖBBでは、このような特別塗装のRailJet、機関車、電車の運用を専用のホームページで公開しています。

鉄道ファンの皆さまは、この情報を元にでかければ、撮影効率が上がる‥という訳です。なお、専用サイト(こちらから)どうぞ。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« またまた出現 ロンドンバス | Main | 番外編 ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« またまた出現 ロンドンバス | Main | 番外編 ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート »