« ホイリゲでお目にかかった「素敵なご婦人」 | Main | 倒産したスーパーマーケットZielpunkt その後 »

March 14, 2016

Flughafen Wien連絡ICの秘密

Img_2016_02_0455

今日は「Wien Hauptbahnhof-Flughafen Wien間を走るICの話題」をお伝えしましょう。

今年の1月に当ブログでもご紹介したように、2015年12月13日のダイヤ改正からはÖBBのRailJetとICが1日、36本乗り入れるようになりました。

先日、所用があって空港連絡新線を使ってFlughafen Wineへ行く機会があったのですが、今回は時間の関係でICを利用しました(ちなみに、前回はRailJetでした)。

RailJetはプッシュプル方式なので気づかなかったのですが、ICは「とある裏技」を使っていることがわかりました。
ÖBBのICは、通常の機関車が牽引する客車列車です。そのため、終点で折り返しをする場合、機関車の付け替え作業(これを鉄道の世界では「機回し」と言います)が発生します。

Feriは、当初、RailJetがFlughafen Wien駅到着後、乗客が下車すると一旦、Fischamend方面に列車が引き上げていたため、どこかに機回し線が準備されているのだろうと思っていました。

Img_2016_02_0456

ところが、Hauptbahnhofで見ているとFlughafen Weinから来たICは、両側に機関車を連結しており、Hauptbahnhofで後ろ側の機関車を切り離して、Salzburg方面に発車して行きます。

当初は特例なのかな‥と思っていましたが、自分がFlughafen Weinへ行くのに乗車したICもHauptbahnhofで後ろ側に電気機関車を連結し、いわゆるプッシュプル方式で発車しました。

これは、機関車の機回しに必要な要員をFlughafen WeinとHauptbahnhofの両駅に配置するのは無駄が多いためのようです。考えましたね。

ちなみに1枚目の写真はFlughafen WienからHauptbahnhofへ到着したIC。2枚目は後部の機関車を切り離し、Salzburgへ出発したところです。

また、ÖBBが運行する国内ICには現在、食堂車などは連結されていませんが、行き先表示板の交換やゴミの回収、運転案内リーフレットの交換などは、Hauptbahnhof-Flughafen Wein間の運転中に実施していました。

Img_2016_02_1812

これも業務効率向上を狙ったものでしょう。実はFlughafen Weinへ行くICはHauptbahnhofでの停車時間が長めに設定されているのですが、これは機関車の連結を行うための時間だった訳です。なるほどねぇ。

ÖBBとしては、Flughafen Wien発着の列車は、総てRailJetにしたいのは山々でしょうが、現状では、Salzburg方面のRailJetは1時間に1本であるため、30分間隔を維持するためには、ICを使わざるを得ない‥というところでしょう。

3枚目の写真はFlughafen Wienに到着したICです。今度は、写真の機関車が先頭に立ってHauptbahnhof方面へ向かいます。

Img_2016_02_1817

なお、Flughafen Wienのプラットホームですが、現在、CATが専用のBahnsteig3を使っていますが、Bahnsteig2とBahnsteig1については、RailJet、IC、S7などが状況に応じて使い分けているようです。そのため、方面別に番線が決まっていません。ご利用になる際は、案内表示でご確認ください。

しかし、長大なBahnsteig3を短い編成のCATが占有しているには、もったいないような気がしますが、今後、効果的な活用方法を考えているのかもしれません。

Img_2016_02_1815

また、今回、ICを利用した際、車内改札を受けました。Feriは、Wiener Linienのマンスリーパスを利用することが多いので、この日は、ÖBB発行の1区換券(2.2Euro)と併用。全く問題はありませんでした。

ÖBBのサイトで確認すると料金が異なりますが、VORのサイトで表示されるように、1区間チケット2枚でICも乗車できますので、ご安心ください。

ところで、昨年12月の時点では、Flughafen WienまでRailJetやICを使うお客さまは少なかったのですが、3ヵ月近く、経過して認知度が上がったのか、結構、利用者が多くなってきました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« ホイリゲでお目にかかった「素敵なご婦人」 | Main | 倒産したスーパーマーケットZielpunkt その後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ホイリゲでお目にかかった「素敵なご婦人」 | Main | 倒産したスーパーマーケットZielpunkt その後 »