« 建設が進む19区の高級アパート | Main | 案内表示雑感 »

March 20, 2016

遂に始まった“禁断の日曜日営業” さて広まるでしょうか?

Img_2015_12_7792

日本では20日が「春分の日」の祝日なので、21日が「振替休日」。という訳で土曜日から三連休という方も多いのではないでしょうか。日本だと、そろそろ「お花見の話題」が出てくる時期ですね。

一方、ウィーンでは、来週がイースターなので、街の中も賑やかになってきました。ただ、四旬節の期間中、カトリックの教会では、祭壇に布をかぶせる風習があります。

そのため、観光などで教会を訪れても、素晴らしい祭壇を見ることができない‥ということもあります。本来、教会は祈りを捧げる宗教施設なので、その点はご了承ください。

日本では、連休になってもお店が休みになってしまって、買い物に困る‥ということは今では無くなりましたね。しかも、コンビニエンスストアのように24時間営業の店舗もあり、早朝・深夜でも必要な商品が手に入る「便利な国」。最も働く皆さまは、大変だと思いますが‥

Img_2014_10_7425

逆に、“生活圏にコンビニエンスストアがなくて不便”という意味で「コンビニ難民」なる言葉も生まれているようです。

という訳で、今日は「日曜営業の話題」をお伝えしましょう。

こちらへお越しになった方は、ご存じのようにオーストリアでは、現在でも日曜日は食料品を含む物販店は営業が行われていません。ベッカライをはじめ、スーパーマーケット、たばこ屋なども総て休業です。

これは宗教上の理由(キリスト教)によるものですが、近年では利便性の向上を訴える声が高まり、隣のドイツでは、日曜日に営業するお店が増えているそうです。

もちろん、オーストリアでも特別な許可をとれば、スーパーマーケットなども日曜営業が可能ですが、従業員さんを集めるのが難しいといった背景もあり、休業が基本となっているようです。

Img_2016_02_1164

昔から例外的に日曜営業をしているのが駅構内に入っているスーパーマーケットです。お値段は普通のスーパーマーケットより若干高いですが、一通りの商品は手に入ります。

本来は、「鉄道旅行者に必要な商品を提供する」というのが趣旨なのですが‥

また、以前も、このブログでご紹介しましたが、イートインコーナーを持つベッカライや肉屋さんの場合、飲食店として営業許可を取得すれば、日曜日でも営業は可能です。実際、Feriのアパート近くにある肉屋さんは、その方式で、日曜もしっかり営業しています。

Img_2015_12_8110

左の写真が、件の肉屋さん。写真をご覧になるとおわかりのように、歩道上の標識に新聞スタンドが取り付けられているので、週末であることがわかると思います。

そんな「規制だらけのウィーン」で、2015年の年末あたりから、新しい動きが出てきました。

大手ベッカライチェーンのANKERが、日曜営業に踏み切ったのです。今までもイートインコーナーが広い店舗については、特例として日曜営業をしていましたが、今回は、ほぼ全店で日曜営業を始めました。

Img_2016_02_0134

営業時間は7時30分から12時という「午前中営業」です。しかし、ANKERでは、店内のオーブンで半生ブロートを焼き上げていますから、日曜日でも焼き立てのブロートを食べることができるようになった訳です。

ある意味、これは画期的なこと‥ ホテルの朝食は、結構、よいお値段がしますが、ANKERで朝食をとれば、コストパフォーマンスは良いと思います。

今までも日曜日に営業しているベッカライはありましたが、ANKERの場合、店舗数が多いですから、それなりに影響力があるような気がします。

さて、問題は、この日曜営業が他のチェーンにも広がるかどうか‥という点です。カトリック教会の意向としては、日曜日は「安息日」なので、なるべく、こういった動きは避けて欲しいようです。

ウィーンの場合、色々な国、宗教の人が生活していますから、以前よりも従業員の確保が容易になったことも背景にあるのかもしれません。

個人的には、多少不便であっても、日曜日はお休みの方が良いとは思っていますが‥ 日本のように通年営業で、従業員さんは、家族での団らんをあきらめざるをえない‥というのもねぇ‥ もちろん、Feriの個人的な意見です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 建設が進む19区の高級アパート | Main | 案内表示雑感 »

Comments

Feriさん、こんにちは。

日曜日営業、
どうしても日曜日にウィーンに着く!という人は、開いていて欲しいですよね。
今年は今週末が早くもイースターなので、そこは避けたのですが、
5月1日がメーデー、5日がキリスト昇天祭、15日が聖霊降臨祭、翌16日がその翌日と、
日曜日と重ならない「お店はお休み」もしっかりチェックして、
その前日は、食糧確保優先の日、とするつもりです。

Posted by: ぷいい | March 21, 2016 at 11:08 AM

ぷいい様、こんにちは。

ブログではご紹介しませんでしたが、最近はベッカライに関しては、結構、日曜営業をしているところがあるようです。

ただ、スーパーマーケットに関しては、基本的に日曜・祝日は休みですが‥

休み前の買い出しはウィーン生活には欠かせない習慣ですね。

Posted by: Feri | March 22, 2016 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 建設が進む19区の高級アパート | Main | 案内表示雑感 »