« 建設が進むU1  Oberlaa延伸工事の近況 | Main | 傘をさしたマガジンラック »

March 24, 2016

夜だけ営業する謎のブルストスタンド

Img_2016_02_0509

最近はお財布の中身と相談しながら、外食を控えているFeriですが、今日は「スナックスタンド(IMBISS)の話題」をお届けしましょう。

ウィーン市内を歩いていると歩道上にスナックスタンド(IMBISS)が多数、設置されているのを見かけると思います。

日本の「屋台」と異なり、移動式ではなく、固定式のものが大多数。つまり立派な小型店舗‥という訳です。もちろん、公道の上に建っているので、当然、市当局には所場代(借地料)を払っているようです。

余談ですが、そろそろ営業を始めている歩道上のシャニガルテンも、市当局に所場代を支払っています。そのため、温かくなったから‥と言って、急にシャニガルテンを開設することは難しいのです。

さて、以前、この手のスナックスタンドは、各種ブルストを販売するブルストスタンド(Wurstelstand)が主流でした。しかし、時代の流れにより、ピザ屋ケバブ、焼きそばなどを販売するようになった店も増えてきました。

Img_2016_02_0558

通常、この手のスタンドですが、朝食の需要がないことから、早朝から営業しているところは少なく、朝は10時台から営業を開始するところが多いようです。

逆に夜は、かなり遅くまで営業しており、中には午前0時過ぎまでやっているところもあります。Feriも、その昔、国立歌劇場で「出待ち」をしていて深夜になってしまったとき、旧市街にあるブルストスタンドで、夜食としてフランクフルターを食べたこともあります。

さて、Feriの最寄り駅であるU4のPilgramgasse近くに「WÜRSTELBOX」というスタンドがあります。面白いのは、お店はPilgram-Brückeという橋の上(歩道上)にあります。ところが、日中、通りかかってもシャッターが閉まっており、営業していません。

最初は廃業したのかと思っていました。というのは、ウィーン市内でも廃業しているブルストスタンドもあるものですから‥(笑)

フォルクスオーパーでオペレッタを観てから、アパートに戻る途中、ふとスタンドの方を見ると、しっかり営業しているではありませんか。

Img_2015_12_7414

詳しい営業時間を調べた訳ではありませんが、その後、何回か近くを通りかかったところでは、19時には営業を始めているようです。

夜間特化型のブルストスタンドという訳です。ちなみに、このお店は駅舎から道路を挟んだ反対側にあるため、駅を降りて立ち寄るには不便です。

さらに駅前にはMacDonald'sをはじめとするファストフードのお店が三軒あるため、立地条件という観点では不利ですね。

そんなこともあって、夜間特化型にしているのかもしれません。また、従業員さんが他店と掛け持ちをしている可能性もあります。

Img_2016_02_1771

つまり、日中は別のスタンドで働いていて、夜はこちらに移る‥というものです。なお、ウィーン市内には、このお店以外にも夜間特化型のスタンドを数軒、見かけたことがあります。この手のスタンドですが、やはり夜間や深夜の需要が高いのでしょうね。

なお、3枚目の写真は、Mariahilfer StraßeにあるIMBISSですが、こちらは日中から営業しています。

ところで、IMBISSの向かい(道路を挟んだ反対側。Pilgramgasse駅前)のMcDonald’sですが、こちらも深夜営業がお得意。

開店は、朝6時30分(土曜日は7時、日曜・祝日は8時から)ですが、土曜日は何と24時を跨いで、4時までやっています(月曜日から金曜日は午前1時まで。日曜・祝日は0時30分まで)。

最後の写真は、土曜日の24時前のもの。まだ、お客さまが入っているのがわかると思います。ウィーン子は夜更かしですねぇ‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 建設が進むU1  Oberlaa延伸工事の近況 | Main | 傘をさしたマガジンラック »

Comments

Feriさんの出待ち話を聞きたいです!!!笑

Posted by: カナ | March 25, 2016 at 05:47 AM

カナさま

私はグルベローヴァのファンなので、彼女が国立歌劇場に出演する時は、だいたい出待ちをして、サインをもらいます。

2回観ることが多いのですが、1回目の公演の際、カーテンコールで写真を撮って、それを市内のドラッグストアでプリント。

2回目の際、出待ちで、その写真にサインをもらっています。

グルベローヴァさんの場合、よほどのことがない限り、ていねいに応じてくれますね。

かなり前ですが、上演終了後、劇場内でパーティがあったようで、なかなかご本人が出てこなかったことがあります。最初は多くのファンがまっていましたが、その後、徐々に減ってしまいました。

最後はロンドンからお越しになった日本人男性とFeriの2人。確か、午前零時を回った頃、グルベローヴァさんが出てこられて、2人でサインをもらったことがあります。

なお、「出待ち」に関しては、2回、記事にしているので、ご一読頂けると幸いです(笑)。

2006年3月
http://wien.cocolog-nifty.com/operette/2006/03/post_0e88.html#more

2013年5月
http://wien.cocolog-nifty.com/operette/2013/05/post-1424.html

Posted by: Feri | March 25, 2016 at 08:58 AM

Feriさん

心温まるブログありがとうございます。
過去のブログも添付してもらえて感激です。
しっかりと拝読いたしました。

ますますファンになってしまいますね。
出待ちとは全く無縁だったFeriさん。
ほんと人生何が起こるかわかりませんね。
わたしも嫌いなお寿司が食べれる日がくるのかもしれません。

Feriさんもヘビースモーカーにはならないようにお願いいたします。

Posted by: カナ | March 26, 2016 at 06:16 AM

カナさま

たばこを嗜んでいたのは20代の頃ですので、今は完全禁煙です。

出待ちについては、以前、インターネット上の掲示板で先輩たちに色々と教えてもらいました。

ある意味、歌手の素顔に触れることができる貴重な場面なので、機会があったらカナさまもどうぞ。

Posted by: Feri | March 26, 2016 at 01:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 建設が進むU1  Oberlaa延伸工事の近況 | Main | 傘をさしたマガジンラック »