« 傘をさしたマガジンラック | Main | イースターの思い出 »

March 26, 2016

路線図がちょっとだけ変わりました

Img_2006_01_2468

今日、3月26日、北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業しましたが、札幌まで延長開業しないと、本当の意味での「北海道新幹線」にはなりませんよね。九州のように札幌-函館間を先に建設するという方法もあったような気がしますが‥

しかし、その昔、青函トンネルが開業した時は、本当に新幹線が通る日が来るのだろうか‥と思ったFeriとしては、感慨深いものがあります。

ちなみに、Feriが北海道へはじめて渡ったのは、学生の頃でした。上野から青森まで急行列車に乗り、津軽海峡は青函連絡船で渡りました。

現役時代の青函連絡船は「大きな船」という印象が強かったのですが、現役を引退して保存されている連絡船を見学したとき、自分のイメージよりもずいぶん小さかったのに驚いた記憶があります。

Img_2009_06_5512

ところで、北海道新幹線ですが、本来ならば騒音問題など皆無のトンネル内で、貨物列車とのすれ違いの関係から、速度が抑制されてしまうのは、残念なところ。

ご存じのように、ヨーロッパの長大鉄道トンネルは、ほとんど単線トンネルを並列で建設するのが一般的です。仮に青函トンネルも、単線トンネルを並列で建設していれば、こういった問題は発生しなかったことでしょう。

もっとも、当時、このような問題が発生すると予見した人が居なかったのかもしれませんが‥という訳で、今日のトップ写真は、その昔、Feriが函館で撮影した夜景です。左側の見えるのが函館港に保存されている青函連絡船「摩周丸」です。

Img_2016_03_2633

今日は「ウィーン市内の鉄道路線図の話題」です。

先日、「Flughafen Wien連絡ICの話題」をお届けしましたが、以前から気になっていたのは、“Flughafen Wien連絡新線が路線図に掲載されているのだろうか?”ということです。

ご乗車になった方はご存じのようにFlughafen Wien連絡新線には、お客さまが乗降する途中駅はありません。

Img_2016_03_2634

そこで、市内の駅に張り出されている各種路線図をチェックしてみました(閑人だなぁ‥という突っ込みはなし)。

まず、Wiener Linienの地下鉄駅などに張り出されおり、市販もされている有名なVOR発行の路線図(Gesamtnetz Wien)については、最新版の2016版でも、写真のように空港連絡線は描かれていませんでした。

本来ならば、S60の路線途中からS7の路線に短絡線が入るのですが、恐らくVORが統括しているS-Bahnが運行されていないので誤解を招くため、入れていないのでしょう。

左が本来、短絡線がある部分のクローズアップです。実際にはS60とS7の路線が最も接近している箇所に短絡線が設けられていますが、ご覧のように地図には描かれていません。

Img_2016_02_0457

では連絡新線を建設したÖBB INFRAが掲出している路線図はどうでしょうか?

こちらは、非常に興味深い展開。何とS-Bahnの路線図(Nahverkehr Wien und Umgebung)にも系統番号こそ入っていないものの連絡線がしっかり描かれています。さすが、建設母体です。

なお、S-Bahnはの路線図は2種類あり、車内に掲出されているカラー版の方にもしっかりと連絡線が描かれていました。

ちなみに車内掲出のカラー版は路線カラーが決まっているのですが、短絡線は写真のように淡いグレーになっていました。

Img_2016_02_0457_01

この路線図を見て思うことは、将来的にはS-BahnがHauptbahnhofとFlughafen Wienを結ぶことを視野に入れているのではないか…ということです。

現在、Flughafen Wienへ乗り入れているS-Bahnは、Mitte方面のS7だけですが、Hauptbahnhof方面にも乗り入れてくれると、利便性が大幅に向上すると思います。

ただ、CATの問題(いわゆる「大人の事情」)もあるので、そう簡単ではないと思いますが‥

実際、市内に入る場合、CATが発着するMitteとHauptbahnhofのどちらが利便性が高いかというと、最終目的地によって違ってきます。

Mitte周辺のホテルでしたら、CATが便利ですが、それ以外の場所の場合、どちらも駅到着後、別の交通期間を使って移動するので、同じような気もします。

Img_2016_02_0458

ところで、RailJetやICがHauptbahnhof-Flughafen間を結ぶようになったので、CATの存在意義が薄れたような気がしますが、必ずしも、そうとは言い切れません。

というのは、現在、多くの国で航空機テロの発生を抑止するため、シティ・エア・ターミナルでのチェックインや手荷物預け入れを行っていません。

そのため、シティ・エア・ターミナルの存在意義が薄れているのですが、ウィーンの場合、オーストリア航空を利用する場合、Mitte駅構内にあるシティ・エア・ターミナルで、搭乗の24時間前にチェックインと手荷物の預け入れが可能です(当日のチェックインは便出発の75分前まで)。

このサービスが続く間は、一定の需要があるような気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 傘をさしたマガジンラック | Main | イースターの思い出 »

Comments

Feriさん、こんにちは。

そうですね。
帰国時はMitte駅で18kgくらいあるキャビントローリーとしばしの別れ=手ぶら! ができるので
Shottentor→U2 Forkstheater→U4 Wien Mitteと移動しますが、
着いたときは、
SバーンでPraterstern→U2 Shottentor→44番のトラムでYppengasseまで、
という経路です。

手元のVERKEHRSLINIEPLANは、2013年版なので、そろそろ買い替えの時期でしょうか?

Posted by: ぷいい | March 26, 2016 10:33

ぷいいさま

Yppengasseが最寄りの停留所ということは、Ottakringer Straße沿いに拠点があるようですね。

Flughafenからの移動ですが、RailJetかICで、Hauptbahnhofまで出て、Feri愛用のバス路線13AでSkodagasseまで出て、ここから44というのはいかがですか?

13Aは運転頻度も高いので、意外と早く付くと思います。

ただし、RailJetやICのタイミングが問題ですが‥

VORが発行しているGesamtnetz wienですが、2015年版では、一部のバス路線などが
変わりました。私は年中持ち歩いているので、痛みが激しく、毎年、買い換えています(笑)。

余談ですが、Gesamtnetz wienはWiener Linienの年間パスを所有しているとVORの案内所では割引で買えるそうです。

Posted by: Feri | March 26, 2016 14:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 傘をさしたマガジンラック | Main | イースターの思い出 »