« ウィーンの治安と武器 | Main | 2015/16シーズン フォルクスオーパー「Eine Nacht in Venedig(ヴェネチアの一夜)」 »

March 07, 2016

朝食の玉子料理

Img_2016_02_1303

昨年12月、突然、減益を引退した指揮者のニコラウス・アーノンクール氏が、3月5日にお亡くなりになりました。享年86歳だったそうです。謹んで、ご冥福をお祈りします。

さて、生活実感のある話題だと、コメントが増える傾向があるので、今日は「Feriの朝食の話題」をお届けしましょう。

Feriは、ウィーンでは、家主さんがお住まいのアパートで一室を借りている訳ですが、家主さんは朝食を召し上がらずに出勤していきます。

そのため、平日については朝食、昼食ともにキッチンはFeriが独占している状態です。

ホテルと異なり、自分で自由に準備ができるのがアパートの良いところ。最近ではオーブンで焼く半生センメルに加えて、オーストリアご自慢のBio Eier(地鶏卵)を食べるようになりました。

Img_2016_02_0048

以前もご紹介しましたが、こちらの卵は、ひとつずつ識別コードが印刷されており、これを使えばインターネットで産地や生産方式などの情報を確認することができます。

ゆで卵は、ゆで時間と、蒸らす時間さえ守れば、一番簡単です。

しかし、固ゆでにするためには、10分ほどの蒸らし時間が必要なため、せっかちなFeriには向いていないようで、料理時間が短い目玉焼きの方が増えています。

アパートのキッチンはオール電化なので、ガスと異なり、非常に細かい火力調整が可能です。

Img_2016_02_0132

半生センメルの焼き時間が8分から9分なので、センメルを焼き始めてから、目玉焼きを弱い火力で作り始めると、ちょうどセンメルが焼き上がったタイミングで、目玉焼きもできあがり。

焼き上がる後半にスライスしたブルストをフライパンで温めると、なかなか良い感じです。

コーヒー党のFeriは、若干、お値段は高いですがNespresso Lungoを使っています。ちなみにLungoは、2~3種類用意しており、気分によって使い分けています。

Img_2005_12_8599

このほか、センメルについては、冷凍品も存在するのですが、キッチンにある冷蔵庫の冷凍庫が狭く、家主さんと一緒に使っている関係で、収納スペースがありません。そのため、まだ、試したことはありあません。

センメルについては、そのまま食べても「焼き立て」ですから美味しいのですが、Ja! ブランドのFrischkkäse(チーズのペースト)を塗るのが定番コース。

ちなみにFrischkkäseをスライスしたStangenbrotに塗るとホイリゲ・メニューになります。ただし、これは「夜食用」ですが‥

Img_2016_02_1109

なお、Feriは、スクランブルエッグは、余り好きではないので、作りません。ただ、ホテルの場合、スクランブルエッグが多いですよね。

朝食の締めくくりは写真には写っていませんが、Birnen(西洋梨)。ビーダーマイヤー様式の街並みを見ながらの朝食は、ある意味、最高の贅沢かもしれません。

ところで、Feriが良く買うのはToni’s Freilandeierの卵ですが、先日、写真のようなリーフレットが入っていました。農場で働いている従業員さんの集合写真です。

たしか、同社は一時、問題を起こしたことがあったと思うので、信用回復のための策かもしれません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ウィーンのキッチンから |

« ウィーンの治安と武器 | Main | 2015/16シーズン フォルクスオーパー「Eine Nacht in Venedig(ヴェネチアの一夜)」 »

Comments

Feriさん、こんにちは。

またまた卵の話題!に、ウィーンが懐かしくなりました。
Feriさんのリコメンドに従って、私も目玉焼きを作りますが、
土曜日の夕食にビスマルクへリングを買ってきて、
その残りカットして、翌朝マリネ液ごとサラダの葉っぱの上からかけて食す。
という日曜日の朝(スーパーが開いていないので)仕様も楽しみです。

東京もウィーンも、15℃ちかい毎日のようですが、4月末の気候はどうなることやら・・

Posted by: ぷいい | March 07, 2016 14:15

ふふふ~生活実感のある記事が一番好きですよ♡

キッチンは大家さんと一緒ということは日本でいう下宿でしょうか?
そちらではメジャーなシステムなのですか、不思議!

Posted by: あん | March 07, 2016 15:31

ぷいい様、コメント、ありがとうございます。

今年は、このまま暖かくなるような気がします(根拠はゼロですが‥)。

一人暮らしの場合、食材の使い回しがポイントですね。無駄にしたくありませんので‥

今年のゴールデンウィーク(日本の)は、期間が長い方もいらっしゃるようなので、こちらも賑わうことでしょう。

お山のホイリゲも、そろそろ冬眠明けです。

Posted by: Feri | March 07, 2016 17:38

あん様、コメント、ありがとうございます。

最近、日本でも流行の兆しを見せている「民泊」と同じパターンです。

こちらでも「民泊」は人気がありますが、家主さんと同じ住まいに宿泊するパターンです。

私の場合、専用の部屋はベッドがある1室で、その他、リビングと別のベッドルームは家主さん専用です。

食器や調理器具は自分専用のものを持っていますが、フライパンや鍋、コンロ、オーブン、ネスプレッソマシン、冷蔵庫はお借りしています。

設備面ではキッチンとバスルーム、トイレは共用です。家主さんの了解も得ているので、家主さんがお出かけになってから洗濯機も利用しています。

家賃が高い都心では、独り者同士がルームシェアリングで生活をしているという話を聞いたことがありますが、変な日本人と一緒に住んでいる人は少ないような気がします。

Posted by: Feri | March 07, 2016 17:44

Feriさんはじめまして

来週末まで友人とウィーンに滞在していますアラサー女子です。
ブログもよく読ませていただいてます★
ウィーンは本当にきれいな街ですね。

写真の卵、週明けにさっそく買ってみます。
食器もかわいいです。

日曜日の夕方以降は街自体が静かですね。
どこかおすすめスポットがあれば、教えてください。

Posted by: カナ | March 14, 2016 02:28

カナさま、コメント、ありがとうございます。

ご紹介した卵はBILLAで売っています。他にも色々な種類がありますので、お好みでどうぞ‥

>おすすめスポット
どのようなものにご興味があるかで、ご案内する場所が変わります。個人的には、天気が良ければウィーン子が好きな「お散歩」をお勧めします。

カーレンベルクやシュタインホーフ教会(実際には裏手の自然公園)あたりはいかがでしょうか。

私は天気が良いと、お山に行きたくなります。そして、少し歩いた帰りは、ホイリゲに立ち寄って休憩(これがメインだったりして‥)。

3月も中旬になると「お山のホイリゲ」も営業を始めるところが出てきますので、お散歩の帰りに立ち寄るのも楽しいかと思います。ご友人といっしょならば、なおさらですね。

何かご質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ。

それでは楽しいご滞在を!!

Posted by: Feri | March 14, 2016 15:29

Feriさん

丁寧にお答え頂きありがとうございます★★とても光栄です!!

散歩いいですね!カーレンベルクはウィーンが一望できるのですよね?ぜひ行きます!

今日はとても寒かったですね。
Feriさんのホイリゲでのお話、とてもほっこりしました。
いい出会いですね。

それではまたブログを楽しみに読みます!

Posted by: カナ | March 16, 2016 08:06

カナさま

このところちょっと寒い日が続いていますが、こちらの3月は、こんな感じが多いですね。

数年前には3月中旬に雪が降ったこともあります。

カーレンベルクへ行かれた際、できれば単純にバスで往復されるだけでなく、付近を散策することをお勧めします。

とくにブドウ畑の中を歩くと気持ちが良いですよ。

Posted by: Feri | March 16, 2016 08:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの治安と武器 | Main | 2015/16シーズン フォルクスオーパー「Eine Nacht in Venedig(ヴェネチアの一夜)」 »