« 遂に始まった“禁断の日曜日営業” さて広まるでしょうか? | Main | Mahler StraßeのSushi Bar「ねこ」 »

March 21, 2016

案内表示雑感

Sn00535

3月27日はイースターなので、ウィーン市内では、春の訪れを告げる「Ostermarkt」が花盛りです。きれいに彩色された卵を見ると、ウィーンにも春が来たなぁ‥と感じる今日この頃です。

ウィーンは、世界的な観光都市なので、世界各国から大勢の観光客がいらっしゃいます。ただ、Feriは、最近、人混みが苦手になってしまったので、用事が無いときは、観光客の皆さんで賑わうインナーシュタットへ行くことが少なくなりましたが‥

全体的に観光客の数が増えている中、日本からのお客さまだけが減っているという話を耳にしたことがあります。
確かに、そう言われてみると旧市内で見かける東洋人観光客は、圧倒的に中国の方が多いような気がします。

さて、今日は「観光客の方向けの案内表示」に関する話題をお届けしましょう。

昨年、日本へ一時、戻った時、びっくりしたのは首都圏の鉄道で中国語やハングルの表示が非常に増えたことです。

Sn00536

正直、いきなり駅構内や車内のディスプレイのハングルが出てきた時には、時差ぼけもあったので、どこの国の電車に乗ったのだろうか‥と戸惑ってしまいました。

まぁ、確かに日本の場合、中国や韓国からのお客さまが多いので、そこに焦点を当てているのでしょうね。サービス精神旺盛な日本らしいところかもしれません。

ちなみに写真は、友人に送ってもらった東京の某民鉄の行き先案内表示です。

ところで、世界の観光地であるウィーンの案内表示はどうかというと、公共施設の案内に関しては、基本的にドイツ語と英語の二つだけです。

日本人の感覚だと、イタリア人のお客さまも多いので、イタリア語表示も必要という発想になりますが、正直、陸続きなので、色々な国のお客さまがやってきます。

Img_2016_02_0478

となると、フランス語は、スペイン語は、最近増えている東欧圏の言語はどうする‥と収拾がつかなくなります。

という訳で、単純に母国語(ドイツ語)と英語の表示にしているのでしょう。

もちろん、個人経営のレストランなどは、独自に多国語対応のメニューなどを用意していますが、これはパーソナルサービスだからかまわないと思います。また、最近はホームページも多言語になっているところが増えていますね。

写真はFreyungで開催されている「Altwiener Ostermarkt」のホームページですが、ドイツ語、英語、イタリア語まではわかるのですが、その下に中国語とロシア語が‥

昔は、必ず日本語が入っていたのですが、日本からの観光客が減っているため、日本語は採用されなかったのでしょう。日本の地盤沈下が進んでいる‥ということなのでしょうか‥ 

こういった対応は、観光客の比率を如実に反映していますから、いかに中国やロシアからのお客さまが増えているかを示していると思います。そのうち、各種観光案内から日本語の表示がなくなってしまうかもしれません。

公共の表示が、ドイツ語と英語中心になっている、もう一つの背景には、こちらの方は、マルチリンガルの人が多いという点もあるのでしょうね。最低限でも英語はある程度、話す、理解することができる人が多いですから‥

さて、先日、HauptbahnhofとU1の駅を結ぶ連絡通路に、写真のような多国語対応案内装置が設置されているのを見かけました。

Img_2016_02_0479

液晶ディスプレイのMenüに国旗が描かれており、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語などに対応していることがわかります。

この時は、時間が無かったので、実際に使ってみなかったのですが、後で写真を検証したところ、液晶ディスプレイのMenüに「↓」の表示があるので、スクロールすると、他の言語も出てくる可能性がありますね。

「Altwiener Ostermarkt」のホームページではありませんが、中国語やロシア語にも対応しているかもしれません。

この案内装置はWiener Linienが設置しているもので、ディスプレイの下にある大きなボタンで操作するようになっています。

これで乗り換えや時刻、目的地までのルートなどを案内をしているようです。考えてみると、これだけ観光客が多いウィーンで、この手の多国語対応の案内装置が少なかったのは意外な気がします。

今後、この手の装置が増えるかどうか‥時々、チェックしたいと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 遂に始まった“禁断の日曜日営業” さて広まるでしょうか? | Main | Mahler StraßeのSushi Bar「ねこ」 »

Comments

Feriさんのおっしゃる通り中国人が多いです!
中国人話し声も大きいし、もういやですね笑。

おすすめしていただいた、カーレンベルク行きました。
もうほんときれいで気持ちよくて最高でした!!

ありがとうございました\(^o^)/

日本に次回帰国される時は、もっと中国語韓国語表記が増えていると思いますです。

Posted by: Kana | March 21, 2016 at 06:17 AM

Kanaさま、コメント、ありがとうございます。

オーストリアは観光立国なので、国籍を問わず、観光客の皆さまが増えるのはありがたいことです。

できれば日本の皆さまにも、もっとお越し頂きたいところですが‥

カーレンベルクの丘が気に入って頂いたようで、何よりです。

そのうち、Feriの散歩コースもご紹介する予定です。

Posted by: Feri | March 21, 2016 at 05:37 PM

Feriさんの散歩コースものすごく楽しみにしています。
Feriさんはお散歩の時はスニーカーですか?

ヨーロッパなので当然ですが、すぐに足が痛くなり、
スニーカーを買いました。

韓国の方も多いですよね。
日本の方々ももっと増えますように!

Posted by: カナ | March 22, 2016 at 07:41 AM

カナ様

私は散歩の時、ウォーキング用のシューズを履いています。

ただ、最近、感じたのですが、こちらは石畳が多いためか、靴底のヘリが激しいような気がします。

これも、そのうち、改めて話題にしましょうかね(笑)。

Posted by: Feri | March 22, 2016 at 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 遂に始まった“禁断の日曜日営業” さて広まるでしょうか? | Main | Mahler StraßeのSushi Bar「ねこ」 »