« 押しボタン式信号機もあります | Main | 実践的な訓練 »

March 04, 2016

Solettiの洒落た広告

Img_2016_02_0511

今日は「電車の広告」にまつわる話題です。

日本でも電車の車体に広告を貼り付けるケースが増えていますが、日本ほどではありませんが、こちらでも時々見かけます。

ただ、地下鉄の場合、車体全体に広告を貼り付けるケースは少なく、ドアの部分だけを使っているケースが多いようです。

確かにドアの部分は目立ちますし、お客さまが必ず見ますから、広告宣伝効果が期待できるのかもしれません。

Img_2016_02_0510

さて、先日、見かけたのが、写真のようなドア部分の広告です。「Soletti Sschmatz」という日本で販売されているグリコ・ポッキーのようなお菓子です。ただ、こちらの方が若干、長いようですが‥

で、同社のwebサイトを見ると、少年と少女が両側から食べ出すと、最後はキッスができますよ‥という楽しい動画が公開されています。また、オリジナルアニメーションのプロモーションも実施しているようです。

で、この地下鉄広告が洒落ているのは、ドアが開くと、二人が離れてしまい、ドアが閉まると、また二人が接近するという構図になることです。これは、ドアの開閉を上手に使ったアイデアですね。

Img_2016_02_1589

ところで、こちらの地下鉄はドアがプラグイン方式なので、ドアが開いている場合でも、外側から見えるのがポイントです。日本の鉄道では、引き込み式のドアが多いので、このアイデアは使いにくいかもしれません。

ちなみに、この商品を発売しているのは、Kelly GmbHというウィーンに本社がある創業60年を迎えたスナック菓子メーカーです。Feriも、時々、同社のポテトチップスなどを購入することがあります。

恐らく現在、販促プロモーションを展開中なので、地下鉄にも広告を掲載しているのでしょうね。

ちなみにSolettiのプロモーション動画は以下のサイトでご覧になれます。音が出るので、ご覧になる際には、ご注意を‥

https://www.solettischmatz.at/

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 押しボタン式信号機もあります | Main | 実践的な訓練 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 押しボタン式信号機もあります | Main | 実践的な訓練 »